「米国に暮らす」カテゴリーアーカイブ

テキサスプチロードトリップ2018〜偉大な狼の館亭

テキサス3都市周遊のプチロードトリップ1日目、目的地はダラス近郊。子連れ家族に人気と以前から聞いていたGreat Wolf Lodgeにまずは1泊です。

■ Great Wolf Lodge, Grapevine  TX (→公式HP

HPを見ると、なんと全米18箇所に展開している一大リゾートホテルの様子。

お犬様ならぬ、巨大な狼様達がお出迎え。

チェックインは16時以降なんですが、13時から屋内の温水プールが使えると聞いてこれを目指すはずだったんですが・・のんびりスタートの我が家は結局15時に現地着。(車でダラスまでは片道4時間)

一体どこで着替えたらいいのかと少々とまどったものの(結局、トイレで水着に着替えました)、大きな流れるプールにウォータースライダー、波のあるプールなど、ウォーター好きの娘達は大喜び!きっちり2時間ほど遊んでから17時にチェックイン。

ホテルの内装もいちいち凝っています。

まるで森の中のような絨毯を抜けて部屋へ・・・

狼のデン・・寝ぐら!

こちらが妻と寝る(はずの)ベッドで、子狼達の寝ぐらは・・・

興奮の二段ベッド!(洞窟を模した半個室になっています)

おまけにベッドから丁度壁掛けのテレビが見れるようになっており、何この秘密基地感。娘達は大喜びしつつも上でどちらが寝るかで大揉め。

晩御飯はホテル内のレストランで典型的なアメリカ飯。お昼は道中でマックでしたし、我が家もすっかりアメリカンウェイにも慣れたなぁ・・・と。(すぐにカラータイマーが鳴りますが)

ホテル内はファンタジーな世界を色々と模しており、Great Wolf Lodgeも、その流れで訳すと、偉大な狼の館亭とかだなぁ・・とひとりごちてしまいました。魔法使いの修行は明日のお楽しみ!

サンクスギビングはプチロードトリップ

米国は明日からサンクスギビング休暇が土日に加わっての4連休。今年は家族でロードトリップに出ることに。プチですけど(長距離運転、苦手なんで・・)

これまで個別に出かけていた同じテキサスの他都市、ダラス、オースティン、サンアントニオの各々に1泊ずつしながら周辺のスポットを巡ってみようという計画です。

とにかく事故がないように気をつけて楽しみたいと思います。あとはスピード違反も・・。

交通事故は近所でもどこでも起きるものなんですが(それもかなり高頻度で起きている気がします)、やっぱり出先で起こしてしまうと、通常以上に大変だと思いますし。

先日も長女のクラスメイトのお父さんの車が信号無視の車に近所の交差点でぶつけられた事故があったそうで、自分も気をつけないと。。衝撃をうけた長女が絵日記に仕立てていました。

走る距離からすると、だいたい毎日4時間ずつコンスタントに運転する必要がありそうです。(まっすぐ宿に向かわずに日中は寄り道しながら動くので長めに)

幸いにタイヤのうちの2本は妻が先日釘を踏んで交換したばかりなので新品ですし、空気圧も4本ともばっちり調整済み。さあ出発の準備はバッチリ!(自分の荷物は出発日の朝に準備しようか・・というユルさですが、、出張じゃないし、、)

ゴーゴーカレーがヒューストンに登場

先日、家族でいつものようにベルエアで食事をした帰りに発見したゴーゴーカレー新店。ヒューストン進出の日系チェーン、牛角、くら寿司、DAISOと来て、次はここか。。(吉野家はまだ出会えず、DAISOは食事するとこじゃないですが)

NYでは53rd STに既に見かけておりましたが、入ったことはありませんでしたゴーゴーカレー。(日本では何度かあります)

2004年創業で金沢カレーブームの火付け役。国内76店舗、海外8店舗とHPにありますので、海外8店舗のうち2店舗の所在を知っているのか、、と。

やはり日本人としては素通りは出来ないなと思い、既に中華で満腹ではありましたが入店し持ち帰りカレーをオーダー。

(のせるカツはチキンとポークを一つずつ)

ドロッとした黒色の濃厚カレーに揚げたてカツ、そしてキャベツとなんとも見た目のインパクトがありますが、食べると味は普通、やや甘め。カツがのってるカレーの割には安いというお得感があるかも。

でも、自分はカレーチェーンであれば、やはりココイチの味が好きですね。あとはC&Cとかも手軽で。

ゴーゴーカレーは約100店にも満たない規模で国内カレーチェーンの二番手だそうですが。一番手はダントツでココイチことカレーハウスCoCo壱番屋。

なんと国内で1,299店舗、海外165店舗、併せて1,464店と驚異的な規模。2015年からハウス食品の連結子会社になっていたことは知りませんでした。(51%の株式をハウス食品グループが保有)

目新しいからか日本人以外の顧客で賑わっておりましたが、このエリアに来た時は、しばらくはゴーゴーカレーを応援買いしてみようかな。

米国の郵便事情フィードバック

USPSからお手紙が届きました。

USPSとはUnited States Postal Serviceの略で、アメリカ合衆国郵便公社のこと。日本だとJapan Post、郵政公社というのが一瞬ありましたが、2007年に解散(民営化)しましたね。

中身は自分たちのサービスに対するフィードバックを求める内容だったので、時間を割いて丁寧に回答させてもらいました。

■ 小包の不在票をちゃんと入れていかない

妻の両親、パパママから定期的に孫娘達へ届く愛情小包ですが発送の連絡はあれど、いつまでも届かず、気がつけば随分前から郵便局で我々の引き取りを待っていることが。これは配達の人がちゃんと不在票を入れていかないことが明らか。

■ 誤配が多い、特に近所宛の

結構な頻度で配送ミスをしています。こちらは真面目に近所のポストへ再配達していますが、果たして我が家宛の郵便が同じ通りの近所に配達された場合は、わざわざ誰かがうちのポストに入れてくれているでしょうか。。

■ 配達する人の態度がイマイチ

これは僕自身が経験した訳ではないのですが、妻が郵便を受け取ろうとしたら、なにやら怒声を浴びせられたとのこと。それは極端な事例だとしても、アマゾンの箱を玄関先にぶん投げていく輩が多数ですので、クオリティは推して知るべし、ということか。

さて、フィードバックにかけた時間の分だけ何か意味があると良いのですが。

こうした公的な組織の例に漏れず、業績は長らく赤字、コスト削減のために人員切りまくりが続いているようですが、思い切って自動運転車での無人配達を始めるとか、なにかしらの米国流で現状を打破してほしいものですね。

郵便サービスは一国の大事なインフラなので。

故郷の味〜帝国の味

故郷の味、英語で言うと、ホームテイスト?いやテイストオブホームでしょうか。

2週間ほど前から一緒に働き始めたトルコ出身の同僚を、とりあえず最初の2週間お疲れ様〜という感じで気軽に誘い、後輩交えてランチに行ったんです。これまた何の気もなしに自分が唯一知っているトルコレストランへ。

■ Empire Turkish Grill(→Yelp HP

ラム好きな僕はこの日はランチメニューの中から、定番のシシケバブをオーダー。他の二人はドネルケバブとアダナケバブ、だったかな。どちらも肉はラムですが、削ぎ切りにしたものと、ひき肉の串と、姿が違う。

すると 新同僚の彼女、目をキラキラさせながら前菜にフムス(ひよこ豆のペースト)やヨーグルトときゅうりの冷製のなんとか、ナスのラタトゥイユ的なやつなどをオーダー。

食後に例のあまいやつとトルコ式な紅茶で〆。

仕事のために6年間暮らしたニューヨークを後にして、ヒューストン・テキサスに移住して3週間。やっぱり新しい職場環境、新生活開始の中でストレスもあるなか思いがけず再会出来た故郷の味に、こちらの想像を超えて喜ぶ姿をみて、やっぱり食べ物って偉大だなぁと。

ずーっとアメリカンだけの生活で、3週間ぶりに食べる炊きたてのご飯に納豆卵とか絶対に美味しいでしょうね。(実際は、なんらかの形で回避してますのでそんなことにならないけど)

トルコ出身の彼女にも味のお墨付きを頂いたので、今度は晩ご飯でも利用してみようかと思います@トルコ帝国。(あれ?オスマントルコ帝国が正しい名称でしたっけ)