「米国に暮らす」カテゴリーアーカイブ

NYでラストディナー〜ドコイク?

NYで送別してもらう最後の夜。これまで何人も見送ってきたけど、自分の番が来るとはと感慨深い気持ちに。慣例として送別される主賓がお店を選べるのですが、さて・・・ドコイク?

少し迷った上でキーンズに2回目の訪店をすることに致しました。やはりアメリカでのラストディナーとなるとステーキ一択。(→2016年の初訪店で印象が良かったのですが、その後再訪の機会がありませんでした)

天井にはパイプが山ほどディスプレイされている独特の雰囲気。パイプだらけというのも丁度我々には良い趣向。。

この豪快なポーターハウス、久しぶりです。

前回は出来なかったマトンとラムの食べ比べも実現(主賓パワー)。まだまだマトン嫌いな方は多いもので。

毎月のように通ったNYでも、同じ部署の日本人の皆様には本当にお世話になりました。人に恵まれての5年間だったと思います。

NYのおすすめステーキハウスを2018年2月に一度まとめ記事にしていますが、もう一度書くなら、ベンジャミン、ポーターハウス、キーンズ、この3店が3強で、ピータールーガーやスパークスが続く感じかなぁ。たいして回数は行けていませんが(除くピータールーガー支店)偉そうなコメントですいません。

NYでステーキハウスに行ってもキョドらなくてすむ・・というだけで良い経験を積ませてもらいました。感謝。

初めてのケーキ入刀・・される事件

ニューヨークの同僚達に、会議の休憩時間にサプライズでフェアウェルをして頂きました、感謝、感謝。。

わぉ、凄い精巧なプリントが施されたアイスケーキ。・・これって、今すぐ皆で食べるんですよね、アイスですし。

という訳で最初の入刀は自ら・・

グサリ・・
お約束として胸を押さえて倒れる私。

その後、はじからナイフを入れて行った訳ですが・・

徐々に刃が近づいてくるのが、まるでハリウッド映画。

ぐぁぁぁぁ。
皆も、ブードゥーでこんなのありそうね、とか喜んでいるし。

おい、生きてるか〜?

 

DON’T MESS WITH TEXAS

ヒューストンで机を並べる同僚達から寄せ書き的にメッセージを頂いたのです・・・こちら。

ん・・・MissじゃなくてMess。。テキサスをめちゃめちゃにするな? さっぱり意味が掴めませんでした。

後日調べてみると、このDon’t mess with Texasというのは、なかなかに味わい深いフレーズ。

もともとは、テキサスの交通局が1980年代後半に作ったポイ捨て禁止キャンペーンの標語だったそうです。この場合のmessは散らかす・・というような意味ですね、なるほど。

ところが、これが転じてジョークとして使われるようになったようで・・

mess withには、お節介をするとか、邪魔をする、という意味もあるそうで、その場合は、テキサスのことは邪魔するな・・あるいは放っておいてくれ・・というように、Lone Starに通じるような孤高感のある意味になるのだとか。

ん・・待てよ、そうなると、わざわざ日本から俺たちテキサスの邪魔しに来てんじゃねーよ・・という隠れたメッセージだったりして? いやーーーん!

うちのUMEKO女史

帰国前にすっかり体調を崩して参加が危ぶまれた長女の小学校での課題(プロジェクト)ですが、妻の必死の看病の甲斐がありまして何とか滑り込みで実施にこぎ着けました。

今回の課題は、歴史上の偉人や有名人になりきって自分の人生を語る・・というもの。長女が選んだのは・・・

偶然に旬の人、UMEKO TSUDA!!

米国留学の初期の一人で、女性教育のパイオニアという経歴がきっと面白いとおもってもらえるであろうという妻のチョイス。

約4分ぐらいの通常バージョンと、1分ぐらいのショートバージョンの二つの発表原稿(台本)を作って、前週末に演技指導。なんとか本番にはきっちり間に合いました。

(姉の勇姿を妻のお尻の影から見守る妹の図)

親バカの父が出張中に何度も妻が撮影した長女の勇姿の動画を周囲の人に見ることを強要したことか・・・

クラスメイト達も様々な偉人、有名人に扮装して発表。

ニール・アームストロングにトマス・ジェファーソン。

こちらはアンネ・フランクですか。(ちょっと悲しい人生の紹介ですが・・)

おかげさまで妻ともども、津田梅子女史の人生をすっかり語り込めるほど詳しくなりました。使う機会がなかなかなさそうな知識ですが・・と思っていたら、新5千円札の顔になるとの旬の報道。

明治の時代に、若干6歳で太平洋を渡った偉大な先人。どうかうちの娘達も何かを少しでも得て帰国の途につけますように。

 

クィーンじゃなかった

先週から後任が到着して、3週間の引き継ぎ実施中。最低限の生活セットアップをしてもらいながら、幾つかの出張にも出かけるので日程的にはパンパンです。

(ヒューストンのウェルカムディナーは火鍋、嫌がらせじゃないですよ・・・)

後任のKさんとは知り合ってかれこれ20年ですが、特に思い出深いのは、15年ほど前、どちらも若手の頃に二人一組で1ヶ月半出かけた中近東への出張。(ツーマンセルというやつ?)

朝から晩まで一緒に過ごして、平日も週末もなく仕事していたあの時の感覚が蘇ってきます。ただ、気持ちは若いはずですがお互い見た目がおっさんになっているのが何だか可笑しい。

生活セットアップの中で早々に住居を決めてもらい、我が家の来客用でほぼ使っていなかったマットレスを入居初日から寝ることが出来るよう譲ったのですが・・

あれ・・クィーンサイズじゃなかった・・・

てっきり我が家で使っていたクィーンサイズかな?と思っていたのですが、一回り小さいサイズでした。

IKEAで買ってきてもらったベッド枠とサイズが合わず・・どうやら改めて買ってもらう必要あり。(再び来客用のマットレスとなる運命か・・)

まぁ、有償から無償供与に変えればいいかと・・(適当)