「米国に暮らす」カテゴリーアーカイブ

リブアイでテキサスを懐かしむ

日本帰国以来、出来るだけ国産牛を応援する立場に回っておりますが、時々噛み締めたくなるのが脂の少ない米国の赤身肉。

久しぶりのリブアイ18オンス。グラムだと510グラム。

今回は4人家族で1枚ですが、米国ではリブアイやサーロインを大人の人数分の枚数を気軽に買っていたなぁ・・と思い出しました。先に開けておいた赤ワインを味見しながら肉焼き上げ。

テキサスの裏庭BBQの代わりとなるのが、東京の極小ベランダ、それもエアコンの室外機上。

(まぁ、なんとかなるものです)

チャコールでじっくりと焼き上げた味わいにはかないませんが、久しぶりの厚みのある赤身肉に家族大喜び。リブアイといえば脂のある部位ですけど日本のサシが入った肉牛とはやはり大違い。

塩胡椒しただけのステーキ肉を頬張り、赤ワイン飲んで、テキサスを懐かしむ。人生の大事な思い出の一ページです。

ヒューストンでラストディナー〜Pappas Bros. Steakhouse

ヒューストンからの帰国前日。あいにく妻子は体調すぐれず、日中はホテルで眠り姫x3状態に。

確かに娘達は体調不良を押して最後まで学校行って、友達と連日別れを惜しんで、その間に妻は引越荷物を出して(その準備で徹夜もして)・・みんなここまで大忙しだったからなぁ。。

(前日は長女と最後の登校を噛みしめました)

僕は日中に出かける最後の予定があったので夕方に家族と再合流。やっぱり最終夜、どこか家族で外食に出かけたいよね。ではどこだろう・・という話に。

やっぱり・・ここか。自分の中ではヒューストンNo.1のステーキハウスと思っているPappas Bros. Steakhouse!

家族連れで来るのは初めて。4歳でPappasデビューなんて生意気なんですぞ、と。さて、最後まで行儀よく出来るかな・・。

(本日もいい感じの雰囲気)

楽しみにしていたはずの妻が胃腸の調子が悪く可哀想でしたが、、リブアイ、フィレ、そしてラムチョップをサラダ、サイドデュッシュと共にオーダー。

(妻とグラスワインで5年間の労いの乾杯)

考えてみると、赴任翌日か翌々日の自分の歓迎で初めてヒューストンで訪れたステーキハウスがこちら。以来、5年間かぁ・・と感慨にふけりました。

(16オンスのリブアイがするっと・・胃の成長を実感)

今日は何かの記念日ですか?とサービスのイケメン君に尋ねられたので、ヒューストンで最後の夜だから一番美味しいステーキハウスに来たんだ・・という話をしたらとても喜んで貰えました。隣の老夫婦にも娘達が行儀よくステーキを楽しんでいるのを褒められたり。

(最後にテキサスサイズのデザートを確認)

長女と次女が8オンスのフィレのステーキを分けあって、付け合わせのアスパラやポテトを美味しそうに平らげている逞しい姿に成長を実感。さぁ、そろそろお勘定・・と思ったら、、

なんとサービスのイケメン君の手配、お店からのサプライズとしてコックコートのプレゼント! 5年間で10数回ぐらいしか来ていないのに・・これは嬉しいなぁ(涙)

最後の夜がとっても思い出深いものになりました。
ヒューストン最高!

ヒューストンで車を売るなら〜Japan Auto Services

前回(→いよいよ撤収直前)からの続きです。ヒューストンで初めての車売却。売却作戦を開始するにあたりまず参照したのが、誰もがその名を挙げるKelley Blue Book。まずは情報収集。

■ Kelly Blue Book

車種や年式を入力すると、売却可能なレンジを大凡事前に知ることが出来ます。ここでイメージをもって、実際の査定を受けに行きました。売却の候補先にしたのは新興のJapan Auto Service。

■ Japan Auto Service(→公式HP

職場にチラシがあり、帰国日に空港で引き渡しが可能!という条件に興味を持ちました。

(Highway 6沿い、I-10からすぐそばの立地)
住所:630 Highway 6 South, Houston, TX77079

メールで事前にやり取りをして、査定依頼の申込書を提出、見積もり日時のアポイントを事前に取り付けておきました。やり取りが日本語で出来るというのも安心感があるかもしれません。

本当は事前に中古車売買の老舗Carmaxにも出かけて見積もりを貰っておこうと思ったのですが、時間が捻出できずこちらから。

(小綺麗なオフィス、まだ営業開始はじめて新しいのか)

営業担当のユンさんが丁寧に日本語で対応してくれます。まずは同じKelly Blue Bookのサイトをはじめとする複数サイトで売却車種のマーケット価格を一緒に確認。

(車種だけで調べると11,000ドル前後ですが・・)

(走行距離=マイレージも入れると11,698ドルから13,137ドルのレンジと出ます)

さらに車のVIN No.で、購入からこれまでのメンテナンス履歴もしっかりチェックされます。まるで信用調査的な。(ちゃんとメンテナンスを受けてきたことが確認され一安心)

つづいて実車の確認。我が家の家族車は妻がちょっとずつ車庫で擦ったりなんだりありますので少々目減りするはず・・・。

結果、前のバンパーは穴が少し開いているので丸々取り替えが必要、側面も板金とリペイントが必要。この部分の手間賃が売却額を下げることになります。ただし、車の補修は業者間の方が安くなるので売却前に自ら補修するのはお得じゃないのだとか。

(ヨン様ではなくユン様、ユパ様でもない)

査定交渉の結果、車の売却前の修理費用は全て先方負担。Kelly Blue Bookで出てきたトレードレンジの最高値13,200ドルで買取して頂けることになりました!

高値での買取の決め手は車の状態もさほど悪くなく(軽くぶつけたりこすったり以外は)走行距離が新車購入から5年で34,000マイルしかなかったこと。日本人オーナーは概して車を大事に乗っているから、ということだそうです。

そして50ドルの追加費用を払えば、帰国当日の空港引き渡しを選べることはこちらにも大きなメリット。ホテルから空港への最終日、UberでXLをオーダーしてもちゃんと全ての荷物が運べる車種が来るかは分かりませんからね。。その点、自分の車なら安心。

というわけで・・Carmaxの査定を取らずして、こちらのJapan Auto Serviceでの売却を即決致しました。時間があれば、納得感をさらに引き出すためにCarmaxでも査定を受けるのはありだと思います。

Japan Auto Service、中古車の売却だけではなく、新車や中古車の販売から普段のメンテナンスまで、何でも車関係のことは面倒見てくれるそうです。もっと早くお付き合いがあればメンテナンスでもお世話になれたかも。(やはり正規ディーラーのメンテナンスは安くはないそうです)

ヒューストンで車を売却する際の候補先に今後入れてみてはどうかと思いましたので周囲の同僚に伝えると共にブログにもメモ。(自分自身はこれが最初で最後の車売却ですが・・)

<追記>
車引き渡し(帰国日)の2日前に代金が自分の銀行口座に振込みあり、最終日の実車の引き渡しもとてもスムーズでした。
ユンさん、有難うございました!

(今まで妻子を守ってくれてありがとう、うちのシエナ!)

NYでラストディナー〜ドコイク?

NYで送別してもらう最後の夜。これまで何人も見送ってきたけど、自分の番が来るとはと感慨深い気持ちに。慣例として送別される主賓がお店を選べるのですが、さて・・・ドコイク?

少し迷った上でキーンズに2回目の訪店をすることに致しました。やはりアメリカでのラストディナーとなるとステーキ一択。(→2016年の初訪店で印象が良かったのですが、その後再訪の機会がありませんでした)

天井にはパイプが山ほどディスプレイされている独特の雰囲気。パイプだらけというのも丁度我々には良い趣向。。

この豪快なポーターハウス、久しぶりです。

前回は出来なかったマトンとラムの食べ比べも実現(主賓パワー)。まだまだマトン嫌いな方は多いもので。

毎月のように通ったNYでも、同じ部署の日本人の皆様には本当にお世話になりました。人に恵まれての5年間だったと思います。

NYのおすすめステーキハウスを2018年2月に一度まとめ記事にしていますが、もう一度書くなら、ベンジャミン、ポーターハウス、キーンズ、この3店が3強で、ピータールーガーやスパークスが続く感じかなぁ。たいして回数は行けていませんが(除くピータールーガー支店)偉そうなコメントですいません。

NYでステーキハウスに行ってもキョドらなくてすむ・・というだけで良い経験を積ませてもらいました。感謝。

サプライズ海鮮ちらし〜NAGASHIMA

NY出張時、同僚有志でハッピーアワーで軽く送別してくれる・・という噂が、なんとサプライズのディナー企画でした。

それも大好きなNAGASHIMAで。

ここ暫くご無沙汰していたNAGASHIMAですが、知る限りではNY州ロングアイランドでNo.1の和食屋、開業30年の老舗です。

和食が珍しいメンバーもいたので、餃子から天婦羅、刺身に寿司と一通り定番を並べてみました。銀杏を恐る恐る食べてたりするのを見るだけで愉快。(・・変わったナッツだな、、とか)

隙のない味に、やっぱりNAGASHIMAはいいなぁ・・と。

(大将のはにかんだ笑顔を少し遠くに確認しながら)

(僕の好きなお店を予約して、こうして集まってくれる・・という皆の気持ちがとても嬉しかったです。。)

そして最後は・・大将のおまかせ海鮮ちらしで〆。

嬉しい、美味しい、サプライズ企画でした。