「米国に暮らす」カテゴリーアーカイブ

8月のディズニー詣で予定

少々気は早いかもしれませんが、11月のサンクスギビング休暇や年末年始はどう過ごしたものかなぁ・・とふと考えていた頃に届いた一通のDM。

さすが!のディズニー帝国、見事に臣民達の心を読んだ先回りだなと感心致しました。ディズニーワールドリゾートからリピーター向けのプロモーションコードのご連絡。(最大で25%割引の日程もあるそうな)

昨年のサンクスギビングは初めてのディズニーワールド詣で(→ディズニーワールド2017まとめ)、そして年末年始は3度目のテキサス州ガルベストン発のディズニークルーズ(→ディズニークルーズ2017まとめ)。

今年は8月の夏休みに初めてのディズニーランド詣でを予定しております。えぇ、ご案内頂く前から計画済み、臣民の鏡ですね。

3月は初めて家族連れで東海岸(ボストン→NY)へも小旅行致しましたので、今度は西海岸へ・・・という旅程の中でのディズニーランド参拝。日本からのスペシャルゲストも来ます。うーん、楽しみです。(もうすぐ1ヶ月前のカウントダウン開始)

そろそろ予習をはじめないといけない・・と思いつつも、どうしても妻任せになりがちです。やっぱりPIXAR系の見落としを押さえないとでしょうか。(PIXER PIERが6/23にOPNEしたばかり。公開したばかりのインクレディブル2も観れていないし)

オフィシャルアプリも事前ダウンロードして、FASTPASS的な仕組みも掴んでおかないと。。(どうやればMaxPassなるものが使えるのか、購入済みの2日間チケットには含まれているのか、、いないのか。。)

ディズニーの魔法は間違いなく存在しますが、事前の準備や当日の適切な動きには結構な努力や予習が必要だったりします。

3連休理論

少し前から職場の仲間うちで話題になっているのが3連休理論。

もともとは筋トレをこよなく愛する一部メンバーの方達が提唱をはじめられたもので、金曜の夜に思いっきりトレーニングをして頭を真っ白にし、その後にリラックスして皆で焼肉(タンパク質)を摂取していると、まるでその週末が3連休のように感じることが出来る・・・というもの。

これまで話半分で横で聞いていたのですが、先週末、金曜夕方にゴルフを楽しみ(21時前まで明るいので)皆で夕食を楽しみ、土曜日も朝5時半起きで早朝ラウンドし、土曜日の夜に差し掛かった時・・ふと、まるで日曜の夜のような錯覚を覚えたのです。でも「あ、明日も休みだったわ・・(ラッキー・・・)」と。

これが噂の3連休理論か・・。

今週、米国では週半ばの7月4日が独立記念日の祝日でお休みです。水曜日のお休みは、木金、休み、木金、休み、という錯覚を覚えるので個人的には週末3連休以上に好きな流れです。

日曜の夜は寝る前に日本から入ってくる仕事メールの山を見てから寝ることになるので、あー明日朝早く仕事はじめなきゃ・・と思いながら毎度寝ることになので質の高い睡眠の観点ではよくなさそうですね。(普段の平日夜、寝る前にメール読むのも・・)

肉体的にも精神的にも、疲れているとパフォーマンスが落ちるのは間違いありませんので、ただいまいろいろと生活に取り入れたい良いヒントがないかと勉強中です。


(呼吸法・・と聞くと波紋?と反応してしまうジョジョ初期世代です)

昔からよく聞く、仕事で疲れた日は(主に精神力=MPが磨耗した日)軽い運動をしてから寝るほうが疲れが取れるというのも実践開始。確かにジョギング後の方が眠りの質はグッとあがります。

そう考えると、3連休理論も、平日5日間の疲れを運動で纏めてリセット、その後の夜の時間に一度リラックスの時間をつくれるからこそ週末が3連休のように感じる・・という極めて合理的なアプローチなのかもしれない(多分)と感じた次第です。

ベルレアで中華〜Mein Restaurant(広東料理)

我々の間でにわかに人気上昇中なベルレアの中華店。

■ 好麺膳〜Mein Restaurant(→公式HP

四大中華料理の一角、広東料理のお店です。開店して4年目だそうですが週末も繁盛しております。広東料理といえば、食在広州の言葉通り食のメッカ。豊富な素材の味を活かした多彩な料理が信条です。まだ数回の訪店ですが、おすすめメニューを列挙。(というか、これまで何を食べてもハズレなし)

(エビと烏賊のニラ炒め・Chive Flower Squid Shrimp)

しゃっきりしたニラに優しい味のソース。

(茹で鶏のごま油塩・Hand Pulled Chicken)

この鷄は本当にいつ食べても絶品なので、マストオーダーです。家で同じものが作れるようになりたい・・

(ベトナム式鷄炒め・Shaking Chicken)

こちらは広東料理ではありませんが、めっちゃご飯がススム味。

(チャーシュー・Charsiu)

この蜂蜜を表面に塗りながらじっくり仕上げた中華式チャーシューがこれまた・・・

(ワンタンスープ・Wonton Soup)

広東料理の定番のワンタンです。豚肉とエビが入ってプリップリの食感、そしてスープの味がとても滋味深い。

炒飯系も種類豊富でまだまだ試してみたいメニュが目白押し。

メニューは写真が全品あって説明もしっかりしているので親切。スタッフの皆さんのサービスも良いです。

先週末にお伺いした際、11時開店直ぐで客足もまばらな中でオーナーと思しきオッサンが親しげに声をかけてきました。話を聞くと・・お父上がタイガーデン(ヒューストンで元祖と言われるラーメン店)を開店したのを皮切りに、現在は全部で6店舗の飲食店を兄弟で一緒に経営しているのだとか。

ご本人は広東出身でもなんでもなくカンボジア出身。四川より広東料理の方がカラダにいいよと力説しておりました。これから隣で、昼はウドン、夜は居酒屋の日本食屋も始めるのでヨロシク来てね、と。いやぁ、商魂たくましいですね。

ベルレアで中華といえば、四川料理の小熊(Mala Sichuan→Yelp HP)が我々の不動のプランAでしたが、四川が続くのは少々胃腸にも悪いですし、広東のこの店がその座を奪う日が来る可能性もありえるかな、、と。まだまだ未トライのメニュー多数なので、引き続き潜入調査を継続します。

ヒューストンでクレオール料理〜Brennan’s of Houston

クレオール料理の名店と言われるBrennan’s of Houstonで先週初めて食事する機会がありました。

■ Brennan’s of Houston  (→公式HP

(皆さん結構ご存知でしたが自分は初めて)

そもそもクレオール料理ってなーに(ケイジャンとは違うの?)というとこからですが、Wiki先生による説明を要約すると・・

クレオール料理とは、ルイジアナ州ニューオリンズを中心とする複数の食文化が混合して出来た独特の料理スタイル(ここまでケイジャン料理と一緒な流れ)で・・・

違いは、ケイジャン料理が田舎方向に走ったのに対して、クレオール料理はあくまで都市の富裕層のもとで洗練され、地元の食材を使いながらも古典的なヨーロッパのスタイルに向かった点。

つまり、クレオール料理の方がお上品・・でいいのかな。

(確かに店内はオシャレな雰囲気でした)

ケイジャン料理というと、ニューオリンズの庶民的なお店に行く以外は、ヒューストンではPapadeuxなどにゲストをご案内するのが定番。(→ヒューストンでロブスター〜Papadeux Seafood Kitchen

メニューを眺めると定番のガンボスープもありますし、生牡蠣とかフライやグリルなど似たようなメニューもありつつ、確かに全体の構成がフレンチっぽいといえば、よりフレンチっぽい気も。(影響としては、フランス、スペイン、さらにはイタリア料理の特徴も備えているのだとか)

(上から左回りに、ガンボ、ビスクにタートルスープ)

(白身魚のグリルにエビ、カニ、オイスターなど欲張りに配置してもらったメイン)

魚介系のみならず、お肉パートも充実。定番のリブアイだけじゃなく猟で獲る鴨があったりして気になりました。(また行こう)

楽しいのがデザート。

(ニューオリンズ名物のベニエ・・)

(パフォーマンス抜群のバナナフォスター、グリルドバナナ)

これは家族連れで再訪しなくてはいけないお店としてチェックです。ランチであれば少し気軽にいけるかな。。

サプライズなお出迎え

長女の1st Grade終業式の翌日、家族4人で日本に向け出発。米国脱出ではなく、あくまで夏季限定、恒例の日本語留学です。

(今回の機内預け荷物は大スーツケース4つに中1つの計5つ)

(なんとかパッキングを前日に完了するギリギリ家族)

さぁ、娘達が大好きな妻の両親、じーじ&ばーばがお出迎えしてくれる成田空港までの6,700マイル、頑張っていきましょー。

(娘達も毎年帰省時に飛行機に乗っているので手荷物検査や飛行機への搭乗手続きも手慣れたもの)

ヒューストンから日本への飛行時間は約12時間(帰りは14時間)時差を出来るだけ感じたくない僕の過ごし方は、映画6本鑑賞。やっぱり機内で寝ちゃうと到着後に夜に眠れませんからね。

(専用のバンダナ型イヤホンを装着する娘達)

初志貫徹でメイズランナーの3部作を一気鑑賞(最新3作目の鑑賞前に前2作を振り返り)、ジェニファー・ローレンス主演のレッドスパローと世界に一つのプレイバック、そして、これも最新作鑑賞前の振り返りにジュラシックワールド。観た、観た。

昔を振り返ると娘達もずいぶん辛抱強く時間を潰せるようになりました。そしてようやくの成田!

なんと、パパママは勿論、友人Yちゃんと次女さんがサプライズでお出迎えしてくれました。いやぁ、びっくりしました。

(次女ズが再会の固い抱擁)

だいたいこの日の帰国・・という極めて不確かな情報を元に駆けつけてくれたそうです。確かにANA便と考えれば候補は一便ですが・・・(その行動力や流石)

孫娘達は大好きなじーじ&ばーばに加えてのサプライズゲスト登場に疲れを吹き飛ばしてテンションはMAXに。やっぱり日本はいいなぁ・・という嬉しい帰国初日となりました。(続く)

長女が現地校の1st Gradeを無事修了

先週金曜、無事に長女が現地校の1st Gradeを修了。学期末のAwardが表彰される日、微熱があったので大事をとって休ませましたが、翌日、2つ賞をもらって意気揚々と帰って参りました。

(こんなことなら多少の熱をおしても行かせるべきだったか)

一つは、All E’s in Conduct。これはどうやらお行儀がよかったで賞、てきなもの。EはExcellentのE。

もう一つは成績関連で、A/B Honor Rollというもの。全部がAじゃないけど成績優等、ぐらいの感じでしょうか。

確かに最終日にもらってきた成績表をみると、点数がつく教科は全て90以上。体育で一つだけExcellenとではなく、その次のSatisfactoryがついた学期があったぐらい。ESLクラスとはいえ、やるなぁ。

おとーさんは小学生の頃に勉強した記憶は微塵もありませんし、成績がよかったという話も誰にも聞いたこともありません。(北海道の田舎の公立学校では宿題すら出た記憶がありません)

それもこれも妻がちゃんと宿題が出来ているか気にかけたり、算数で苦手なところが出てきたら特訓したりとキチンと見てくれているからなんだよなぁと。(僕は朝の登校時に足し算や引き算の練習をたまにしてるぐらい・・)

あとは毎週1回はボランティアでクラスの担任の先生の手伝いをしているので、長女が学校でどうしているかを妻が見てくれているのも大きいのかもしれません。

長女と妻の二人で勝ち得た成果だと思います。二人の健闘を讃えなくては!

日本語留学2018

今年も恒例の日本語留学の季節がやって参りました。明日から妻子3人と荷物運搬係1名がヒューストンより日本に向かって飛び立ちます。

昨年は先行した妻子を8月頭に迎えに帰ったのですが、すっかり時差にやられ行動不能な僕は役立たずの烙印を妻に押され、もぅ迎えには来て欲しくないと整理されましたので、今年は留学の行きに同行することに。(これなら皆が時差にやられるので目立たない・・はず)

今年は、短期間ではありますが、長女は公立小学校に、次女も幼稚園に日本でデビュー予定です。登校姿を生で見られないのは少々残念ではありますが、皆の日本語留学の成功を願うばかり。

自分も1週間ちょっとの短い日本滞在期間に、人間ドックやビザの更新手続き、仕事などの予定を詰め込んでいるので少々忙しい帰国となりそうです。(それこそ時差を感じる暇などないかも)

(これまで英語を頑張ってきたけど、今度は2ヶ月集中的に日本語特訓です!)

今年こそはしっかり気張って及第点をとれるように帰国したいと思います。気を抜くのは成田で再びヒューストン行きの飛行機に乗りこんだ時ですね。

米国でキャンプデビュー

とうとう先週末、念願のキャンプにデビューしてきました、家族で初キャンプです。(緊張の前夜は・・→今度こそ初キャンプ(6度目)

外は快晴! まずは食材調達にHマートへ。我が家の担当は鶏もも肉の焼き鳥以外の串物何か・・というお題、あと子供向け素麺。

砂肝、ハツ、蛸に赤海老を串用に買ってみました。それ以外にも夜の酒の肴用の焼き物をちょこちょこと。近所のKrogerで氷を二袋買ってクーラーボックスと簡易の発泡スチロールボックスに食材や飲み物を格納。

(ミニバンの後ろに荷物を詰める詰める・・)

さーて出発です。向かうはヒューストン北北東のLake Livingstonという州立公園。我が家からだいたい車で1時間半というところ。

途中、大雨がふる雨雲の下を通過し絶叫する私。幸いに最終目的地まではまだ数十マイルあり、無事に到着地は晴れてました。

公園入り口で受付と料金の支払いをすませ(家族でわずか10ドル)無事に予約したサイトへ。今回は2サイトに4家族で4つのテントをはるプランです。

果たして2年前に居間で一度しか設営したことのないテントがうまくはれるか・・と少々おとーさん緊張しましたが、妻のサポートもあり無事に設営は完了。

(4人用のコールマンのテントSundome、確かAmazonで60ドルぐらいの超安値だったような・・・)

他の3家族の皆さんも同じくコールマンのテントでしたが、我が家の4人用に比べ6人から8人用で少し大きくタイプも違う様子。む、あの蚊帳のついたタイプがいいなぁ・・と物欲が。

気分的には本日の山場をいきなり超えた気がしたのでビール1缶目。いつまでも立ち上がらないテントを前に家族から白い目、お父さんの立ち場無し・・という最悪の展開は回避。

お子様達(総勢9名)は早速水遊び開始。近くに湖がありますが、やはりこちらの方が安心。

お父さん達は一仕事を終え、火もおこし、まずは水分補給。ママチームも含めて皆で乾杯です。

続いて子供達は流し素麺で早めの夕食。我が家の流しそうめんスライダーを持参。(→流しそうめんスライダー

今回ご一緒させて頂いた他のご家族の皆さん、既に複数回のキャンプ経験があり動きがとてもスムーズ。初心者の我が家はただただ流れに置いて行かれない様にするだけで楽チンでした。

(現場で担当する串モノの準備を夫婦で仕上げ)

(通常のBBQに加えまして・・・)

(今回は焼き鳥やそれ以外の串物を準備。ハツや砂肝の下処理はちゃんと家でやってきました。)

(新アイテムで焼き上げてみました)

先日お向かいの友人宅で開催された中国式BBQを再現したくて購入した背の低い串焼き用グリルと串達がここで活躍。(→米国で中国式BBQ

子供達はすいかわりをやったり、暗くなったあとに肝だめしをしたりと早めの夏を満喫。

最後はマシュマロを焼いて・・と遅くまでめいっぱい楽しみました。自分も、これ以上飲み食いできないわ・・というぐらい焚き火の光と音を肴に夜を楽しませて頂きました。(大量のビールにワイン、焼酎、日本酒と色々綺麗に空きました)

翌朝はまったく釣れない釣りに少し挑戦したのち、皆で綺麗にキャンプサイトを片付けて昼前には撤収へ。本気で暑かったのでテントを畳む時に大汗をかきました。

幸いに夜中は涼しかったので暑さで寝苦しくはなかったのですが、やはり下の土がめちゃめちゃ硬く薄手のマット程度では寝心地が悪かったです。ここは次回があれば要改善ですね。(他の家族の皆さんはエアーマットをテント内に持ち込んでおりました)

とにかく「二度とキャンプなんか行きたくない・・」という発言が妻や娘達から出なかったので今回のキャンプデビューは成功だったのではないかと思います。

まずは良かった、良かった・・これも、今回誘ってくれた皆さんへ感謝、感謝ですね。気が早いですが次回は・・少し涼しくなる11月、12月ぐらいに2回目のキャンプ企画でしょうか。(早目にキャンプサイト押さえておくか・・)

今度こそ初キャンプ前夜(6度目)

明日は初キャンプ・・という夜を迎えました、なんとこれが6度目の夜。かれこれ2年前に初キャンプの準備に着手したことを遠く思い出します。(→初キャンプ準備

そこから雨天中止を繰り返し、一度は娘達がインフルエンザ罹患し参加見送り。最後のトライが4月(→お家BBQ)。。

さすがに周囲でも5回キャンプ参加予定が流れた家族はいないので、妻はこれ以上周囲にバッドラックを振りまいて迷惑をかけてはまずいのでキャンプ界から(デビュー前に)引退しよう・・・と言い出す始末。そんな我が家の窮状を見かねての今回のお誘い。

あまり存じ上げない他家族のお父さんからも、ずっと雨で流れているんですってね・・・とやや不安げな視線を向けられるわけで・・今度こそっ、、、

前日夕方、家の前に必要と思われるグッズを並べ始めてみました。テント一式、テントの下に敷くシート、追加のペグ、寝袋とその下のマット、折り畳みのテーブルとチェアを家族分。あとは火おこし系のグッズなど・・・あとは何だろう。

我が家の食材分担は当日仕入れ・仕込みでいいから、、と。膨大な持ち物リストを平行作成しながら点検。ま、何か無ければ、無いなりに不便を楽しむのもキャンプのはず。。(と、自分に言い聞かせる)

そういえば翌朝に釣りに挑戦・・という企画もあったなぁ、、と、長女用に釣り道具を求め近所のスポーツ洋品店へ。

・・・だめだ、どれもこれもバラ売りで自分には自ら仕掛けを作れる気がしない。。リールの扱いも自信ないし。。結局、一番シンプルな延べ竿と浮きと針のセットで購入。

ついでに人生で初めてのスイスのビクトリアノックスのナイフを購入。ヒャッホー(中学生の頃に通過するはずが、今頃・・)

あとは明かり、予備の電池に、虫除け・・・と準備しなくてはいけないものが多すぎて、妻と一緒に大忙し。。でも、明日、明後日の天気予報は晴れ!!

ヒューストンでカスタムピザ〜Your Pie

先日、長女の新パスポートをヒューストン市内まで引き取りに行った時のこと(→米国でパスポート更新)。

申請は親だけで出来るのですが、引き取りは本人がいかなくちゃいけないので小学校終わりの長女をさらって総領事館GO。パスポート代も支払いし(子供は54ドル)、無事に新パスポートも引き取り完了。

・・・さて、腹が減った・・。(正確には腹が減ったと連呼する姫達)料金の安い駐車場を見つけて、Yelp起動! ピザが食べたいと仰せですので、一番近いピザ屋は?という問いかけに答えてくれたのがコチラ。

■ Your Pie (→Yelp HP

アパートメントの1階にあるのでお手軽なお店かなと思ったのですが、これがなかなかどうしてコダワリが。。。

いきなり生のドゥを手にしてお好みのピザのオーダーをどうぞ!というお店の仕組みに驚きました。

そもそも、マルゲリータとかマリナーラなんかのど定番以外はあまりピザの種類にも詳しく無いレベルなのに、これをゼロからクラフトとは荷が重い!ということで妻と交代。

横を見るとクラフトビールもドラフトが何十種類もあって興奮。

じゃじゃーん、妻が具材やソースを選んで3種類オーダーしてくれました。ちゃんと方向性が違っており、さすがです。僕だと2 系統しか思いつかなかったかも。。(バジル&オイル系とチーズ系・・・あ、トマト系もありか)

(長女は大満足)

(次女はなぜか五体投地)

オーナーと思われる元気な中年女性が店頭で陣頭指揮をとっており雰囲気が良かったので、また訪問してみたいと思います。ヒューストン市内中心部はいまだ未開の地なので嬉しい出会い。プロスポーツ観戦後に寄るのでもいい感じ。