とうとうAEONカード発行

わりと近所にありながら、我が家の週末の食材購入拠点の選択肢としては下位に甘んじていた最大手AEON。

なんとなくお得感がないということ、地元密着な感じがしないということが理由だったのですが、本屋に併設されているブックカフェには定期的に自分が足を向けていることもあり、ここ暫く悩んだ末、とうとうAEONカードを発行することに。

最初は電子マネーWAONを購入してみたものの現金をチャージするのが煩わしく、WAON POINTカードだけ所持して他のクレジットカードで決済していたのですが、この4月からWAON POINTカードが現金専用ポイントカードになるということを受け、AEONカード利用に一本化することに。

この1年で貯まったWAON POINTもわずか500ポイントちょっと。還元率0.5%だったと思うので、1年間でAEONで使ったお金は累計20万円ほどということか。確かに週末にたまに食材買うぐらいであればそのぐらい。

(ETC CARDも併せてゲット、こちらはレンタカー用)

今後は、古い電子マネーWAONもWAON POINTカードも封印(貯まったポイントは使い切ってしまい)。これからは新しいAEONカードで貯まるときめきポイントに一元化することとします。

そもそも0.5%の低い還元率を考えると、かけた労力の割には得るものは少ないですが(Amazonや楽天のカードに比べ)、会計のたびにポイントカードはありませんか?と聞かれる際「損をしていない感覚」を得るためだけに所持します。

(毎月20日、30日の5%オフは割と意味がありますね)

セカンド実家ゲット

セカンドハウスならぬセカンド実家購入作戦が無事手続き完了。

構想は随分以前からありましたが、実際に動き出してから手に入れるまで3ヶ月かからず。(→駅チカのマンションを探せ

(ファースト実家)

こんな世の中の状況になってしまったので、結局、リフォーム完了確認も、実際の残金支払い〜引き渡しの儀式も、全て母を現場に送り込み、自分はオンライン参加にて済ませました。

でも、実際その方が手続きとしては早かったような。手付き金こそ最初は現金で持参したのですが、100万円の帯封がついたお金を銀行で下ろしたのも初めてならば、1,000万円を超える高額振込を窓口で行ったのも初。高額になると記号になりがちなお金が少し身近に感じた瞬間でした。

結局、自分自身が居住しない場合、住宅ローンの融資条件を引き出すのは難しいことが分かり(→二つ目の実家は現金で)、たいしてお金もないのにポンと現金で買うことになりました。2年分の生活費相当。

その分フリーな手元キャッシュが悪化しましたが、投資資金、生活防衛資金・・とお金の目的を分けていく中で、なんとか捻出は出来るな、と踏んでの判断。親孝行でもありプライスレスですし。これで一つ人生の懸案事項に方向付けが出来ました。

さて、お金周りで次に気になっているのは変動金利にて借りているワンルームマンション投資の軍資金、これ、このまま放置で本当にいいのかな? しばし考えを巡らせたいと思います。(いつか来るかもしれない、ハイパーインフレ対策を始めようかと)

ウォーキング・デッド〜海外ドラマ視聴メモ

この3月、夜の時間が空いたので娘達が寝静まった夜にWOWOW録画で見始めたのが人気作ウォーキング・デッド。えぇ、今頃ですが。

最初は非日常な世界で進行する展開についていけなかったものの(食事中にも観れないし、娘の前でも観れないし)、結局これは限界の環境下に晒されたグループを観察する人間ドラマなんだと魅力を感じ始めてから一気にドラマの世界に没入。

シーズン2の最終話を丁度見終わり、続くシーズン3と4が4月にWOWOWで放映予定なのを確認して続きが楽しみな状態です。

英語音声、日本語字幕で観てしまいましたが、英語学習的には英語音声、英語字幕がいいですよね。そういえば海外ドラマを観ることを英語学習としてこれまで正当化していたっけ。(あまり効率がよくない学習法)

(以下、軽くネタバレ含みます)

それにしても、実は皆、既に感染していた・・という点については時節柄ムムムと唸ってしまいました。冷静になりづらい社会状況だからこそ、心を落ち着けて生き延びよう。

■ 海外ドラマ視聴メモ(2020年)・・19話
・ウォーキング・デッド シーズン1〜2

 

痩せるサプリからの卒業

痩せるサプリなんかにすがってはいけない。

「〜〜時間ですぐ分かる〜〜」という、安易な入門書には手を出さないタイプなのに、つい手を伸ばしたみた、痩せるサプリ。次回の定期購入の発注確定前に心を強く持ってキャンセルの電話。

2月から暫く飲んでみた富士フイルムが販売するメタバリアEX。結果として体重減少に大きな効果は見えず。しっかり食前15分前に確実には飲めておらず、それが効果の出ない理由の一つかもしれません。

ただ、次の30日分を4千円もかけ更に検証を継続するほどではないなと判断。損切りは早く。

85キロの壁を破るには、やはりこれまでの成功方程式に従うと、夜の糖質を抑えること(テートー生活)、適度な運動習慣の導入、ここに再度地道に取り組むしかないな、と思います。

残念ながら3月末で84.0キロ到達という目標には微塵も近づけず。3月は会食も全てなくなったので何とかなるかと思ったのですが、むしろ家ご飯が美味しくてもりもり食べてしまいました。

いやはや。

買いだめしません(新型コロナ対応)

2日前の帰宅時、いつもの東急ストアに寄ったら売り場がガラガラで驚きました。なので時事記憶としてメモ。

凄いですね、スーパー的には特需。でも急に地域住民の食欲が倍増する訳ではないので、単なる需要の先食い。冷凍食品やインスタントなら分かるけど生鮮食品が売り切れというのは解せませんね。集団心理というのは怖いもの。

ここもカラ。

少し前からマスクが売り切れ、アルコール消毒液などが売り切れていました、これは分かります。でも、ティッシュやトイレットペーパーを先行して買いだめる必要は分からないし、まして食料品を買い込む理由は。。。

(冷凍食品はまだ分かる)

我が家にはもともと災害対策として保存できる食料や水を数日分備蓄しておりますが、今回はそれらに手を付ける必要もなく冷蔵庫と冷凍庫にある通常の蓄えで十分。(→お米はふるさと納税で届いたもので15キロほどありましたし

流石にトイレットペーパーがなくなるのだけは嫌だなぁと思いましたが、少し前に妻が間違って業務用規模の100ロールを注文しており、在庫十分。マスクは花粉対策でそもそも買ってあったので一度も並んでません。

このまま買いだめせずに何とか乗り切りたいと思います。

よく飲み、よく食べ、よく読むアラフォー男子のライフログ〜2014年4月から5年間、米国テキサス州ヒューストンで暮らしておりました