11月の第3木曜日といえば

かれこれ10年ぶりくらいだと思います、11月第3木曜、解禁日当日のボジョレーヌーヴォ。

(帰路のやまやで1本購入、ちゃんと特設の棚が出来てました。よく分かっていないので人気1位を)

利き酒師としてはウンチクの周辺部分ぐらいには含めておかないといけないだろうなぁ、、と。ボージョレ地区で今年収穫されたガメイ種で作られたフレッシュな赤ワイン。(ロゼもあるそうですが、飲んだことないですね)

渋みの少ない飲みやすさ、、といえば確かにそうですが、カベルネ好きの人からすれば、、これ赤ワインか?というほどの軽さ。

これだけですと少々軽んじてしまいそうなんですが、ガメイから作られた美味しい赤ワインやスパークリングもあるそうなんで、またワインが中心の土地での生活になった際には研究もしてみたいと思います。(今ではなく)

まだピノ・ノワールの世界の扉すら十分に開けられていない初心者ですから、ワイン。そろそろ神の雫再読に合わせ購入したワイン2ダースが蒸発したので、今後の方針を定めないと。東京で働けるうちは日本酒で良いのかなぁ、と思ったりも。

お香入門〜松栄堂

妻と観劇に出かけた週末、渋谷ヒカリエで良い出会い。

暮らしの小物が置いてあるようなフロアで「期間限定の出店で明日までなんですよ、よかったら見てきませんか?」と柔らかく声をかけて頂いたのがお香の松栄堂のスタッフの方。

■ 香老舗 松栄堂(→公式HP

お香って、聞いたことがあるけど、こうして沢山種類が売っているのを眺めるのは初めてだなぁ、とあれこれクンクン。丁寧な接客を受けて(きっとエース人材に違いない)、ジャパン推しな我が夫婦で入門編として幾つか買ってみました。

(家族、友人へのお試しセット配り用も買い込んで5千円ほど)

白檀の清涼な香りって、古いお寺や旅館のような落ち着きを感じさせますね。沈香というのも良く聞きますが、他にも色々な香木や香料の実物サンプルがあって面白かったです。一部の香料は漢方薬というかカレーのスパイスと一緒。クローブは丁字とか。

現代的な匂いということで、ローズとかの花の香りのものも選んでみました。お香とアロマの違いも感じてみたいです。(現時点では火を付けるか、付けないかぐらいの違いをぼんやり)

お線香、あのいつもの緑色一択かと思ってましたが、色々な香りのものがあるんですね。

老眼まっしぐらな目に加え、耳も鼻もあまりよくない気がしますが、五感を意識する機会って良いですね。日々の暮らしの彩りとして試してみたいと思います。

ナチュラルに利益確定売り

日経平均が29年ぶりに高値を記録しました。それと同時に6ヶ月前に購入した個別株が、設定していた売値に達したのでナチュラルに利益確定売りが発動。

購入から6ヶ月で25%の上昇。予定していた1年後よりも大分と早い手仕舞いとなりましたが、欲張らず自分の当初の目標売価に達したので利益確定。

ようやく描いていたオトナな個別株売買が出来ました。これも積み立ての投資信託に軸足を移そうと決めたからかも。

株価が上昇した時はもっと上がるかもと欲をかいて売り時を逃し、株価が下がった時は慌てて売り飛ばしてしまうか、大幅に下がって塩漬けカブとしてしまうなどをこれまで15年近く繰り返してきた気がします。

2020年は積み立て投資信託元年として、自社株の積み立て買い以外の個別株売買については、あくまで余裕手元資金によるサブの投資活動と位置付けていく考えです。

今回の売却益は将来の積み立て投信の原資の一部に。ちょうど積み立て設定の2ヶ月分ぐらいの額となりました。次回の仕込みはまた相場全体が落ち込んだ時かなと思いますが、割安株を探してみることもやってみたいと思います。

コロナ太りは解消してもメタボは消えず(2020年11月)

12月頭を予定していた人間ドック受診が諸事情により少し繰り上がり本日出頭して参りました。主たる関心は体重と腹囲。

初めてのメタボ指導から5ヶ月弱。結果的に体重はピーク86キロから84.5キロに少しだけ減少。腹囲については減少幅分からず。

ただ、分かったのは・・2019年9月に受けた前回の人間ドック時の計測から体重と腹囲は変化がなかったこと。つまり・・コロナ太りは解消したけど、引き続きメタボ!

メタボ解消の長期戦は2021年に持ち越されることになりました。

とにかく、体重を80キロ以下、腹囲を85センチ以下にしてこの数年来のメタボ判定から脱出する!これを来年以降の目標とおきたいと思います。メタボ状態を何年も放置のままではビジネスパーソンとしての資質が疑われる・・ということで。

40代後半でメタボから標準体型に舵を切り直す、この10年で付いてきた肉を、今から4年で落としていく、ぐらいの感じで。

体脂肪率は19.8%で久しぶりの20%切り、少し嬉しい。

高校同窓の集いに初オンライン参加

少し前の週末、北海道カス高会なる高校同窓の集まりがオンライン開催されたので初めて顔を出してみました。結果的には幹事の方以外は殆ど参加者がいない閑散とした会。

幹事の方が亡くなった父親の職場の同僚の方で、久しぶりにご挨拶が出来ただけで自分としては満足だったのですが、もう一つの収穫が久しぶりに耳にした母校の校歌。

埼玉の県立男子高校で過ごした3年間はあまり印象的な思い出もなく、よっぽど前後の中学時代とか大学時代の思い出がカラフルな気がするのですが、何かしら人生の中で意味があったような気もします。(まだ、これ・・とも言えないのですが、人生全ての瞬間が無駄ではないはず。。)

吹奏楽部だったので、歌うよりも演奏していることが多かったのですが、同窓会の前に久しぶりに復習した校歌がとても懐かしくて、特に好きだった3番の歌詞をここに転記。

時世をつくる英雄の 姿はこれに似たらずや
忍耐剛毅わがつるぎ 誠実質素われがたて

やっぱり渋い。。なんといっても校訓は質実剛健ですから。

高校時代を思い出しながらたわいのないお喋りをして、一瞬だけ30年前に思いを馳せました。これまで一度も高校の同窓会に足を運んだことはありませんでしたが、校歌を大勢で歌いたい。(いまだに歌い出しの奇声の意味はわかりません、スラーーぃ?)

よく飲み、よく食べ、よく読む中年男子のライフログ。最近は60歳でセミリタイアすることに興味があります。