センテンススプリングを試験導入

日々のビジネス情報源は毎日の日経新聞と時事速報ニューヨーク便、あとは週刊の日経ビジネスが相変わらず主軸のジャパニーズビジネスマン@本当に米国駐在中?です。(→ビジネス情報源

これに加え日本人同士のアイスブレイク(雑談)の中でいまだに効果あるのがスポーツや芸能ニュース。スポーツは別にして、これまでもネットのニュースで気になる芸能ネタがあれば、ちょっと内容を確認して・・で対応してきたのですが、最近のニュースの複雑化に伴い、例えばベッキーの件でも、まずはゲスの極め乙女。がわからない・・という状態。

そんななか中年男性視点で非常にわかりやすくまとめている情報媒体にたどり着きました。

IMG_7464

(センテンススプリング様、原典)

ふと思いついて、2016年に入ってからの週刊文春バックナンバーを図書館で毎週数冊借りて読み始めたのですが、ベッキーやSMAP解散騒動からはじまって様々な芸能ニュースの背景や詳細がよくわかること、よくわかること。結局、一次情報に当たるのが一番の近道ということでしょうか。

趣味のdancyu読んでもただただうらやましくてお腹がすくばかり。且つそこで得た知識のアウトプット機会はかなり限定されるのですが、週刊文春を流し読むことでカバーする雑談ネタはかなり豊富です。しばらく定期インプット情報源のポートフォリオに「センテンススプリング」アンテナを試験導入して、その効果をはかってみたいと思います。

米国赴任中に読んでいた情報媒体が日系の新聞・雑誌のみですとかなりお寒いので(現在はまさにそうですが)ちゃんと残り3年では米国発信の一次情報を英語で収集する習慣づけを試みたいとは思っています。さてどうやれば三日坊主にならないか。

■ 定期インプット情報源(文字)
日本経済新聞、時事速報ニューヨーク便、日経ビジネス、日経アソシエ、dancyu、週刊文春

IMG_6488 (1)

(最近、娘の英語力の伸びが凄い)

なお、運転通勤中は相変わらずESL PODを流して、英語耳の修行と米国事情(歴史、風俗、偉人等)のインプットは継続しています。(→ESL PODが英語リスニング教材としてお勧め

■ ESL POD 累計リスニング 173時間(目標は1,000時間)
・通常エピソード(20分)900-1,195話
・カフェ(30分)400-550話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です