3ヶ月ぶりにジョギング

気がつけば12月、師走であります。

ネットで最初に出てきた情報では正確な語源について未詳としつつ、師匠である僧がお経をあげるために東西を馳せる月とする、師馳す(しはす)が有力とあります。坊さんが走るのか・・

そういう自分は8月半ばに妻子が日本語留学から帰国して以来、全くジョギングから遠ざかっておりました。単身生活中に週2回のペースで出来ていた筋トレはなんとか週1回に減らし継続できているものの(→週一回でも筋トレ習慣インストール)、ジョギングについては全く継続できず。

過去2年であれば年明け1月にエントリーしていたハーフマラソン出走が強制力となって重い腰をあげていたのですが、来年1月については・・エントリーしようと思った時には既に参加枠が一杯で。(ちょっとホッとしたり・・)

でも人はこうして低きに流れていく結果、そのツケは増量、小デブというカタチで払わされることになるわけです。やっぱり週1回でも走ることは重要なんだということを体型を以て感じました。

(イメージ図、実際に食べたけど)

年初の目標の一つ「2018年に250キロ走ってやろう」という計画については完全に頓挫(→Just Do It. Sunday 5K)。これをそのままお蔵入りさせるのではなく、2019年に順延してみようかと今考え中です。

5キロ、30分ぐらいは走れる男でいたい。一方でそれ以上の距離は人生から当面捨てることにします。(何か人生の節目のイベントとしては一度ぐらいフルマラソンとかに挑戦してもいいけど)

というようなことを妄想、夢想しながら3ヶ月ぶりのジョギング。5キロを35分でドスドスと。本当にカラダが重い。2019年のジョギング習慣インストールプロジェクトをもう少し軽やかに迎えられるよう、少しずつ準備を始めていきます。

週1回筋トレする(30分)、週1回5キロ走る(30分)、これを2019年以降の習慣として定着トライします。

ブログ習慣も10年越え

人生初ブログ投稿は2005年のベトナム長期出張時中。その時のブログはもう残ってませんけど幾つかPC内に保存しておいた記事を収録したのが2005年12月分。

その後も特にブログ熱はあがらず、2006年が過ぎ、2007年から2008年にかけ、ちょろちょろブログを書くようになり・・何かがきっかけとなり毎日ブログ習慣がはじまったのが2008年10月から。

実に3年近い助走期間を経てスタートした毎日ブログ、1年365件ブログ更新習慣ですが、自分でも驚くほどしぶとく続いており、10年を越え、現在2018年12月となってもなんとなく継続中・・・

これまでに書いたブログ記事総数は4,078件。

よくもこれだけ個人的な日々の記録(ライフログ)を垂れ流したものだと我ながら感心します。(妻には正気を疑われますが)

主に食べたものの記録、日々の雑事を中心に、今後やりたいことや、痩せないよね・・というボヤキ、あっちの国こっちの国に行った記録とか、読んだ本などの備忘録などなど。

もはや単なる趣味のログ習慣というか、無意識の習慣の域。

(2025年になってもまだブログ書いてるだろうか・・)

相応の時間投下が必要なので、やめたらどうなるかなぁ・・とも何度か考えましたが、今のところは自分なりに人生のPDCAを回すための貴重なツールと置いております。

ということで、あとどのぐらい続けるかは正直分かりませんが・・気が向く限りはこのまま継続してみようと考えています。

こうしてブログを綴る中で、結婚して、子供が生まれ成長し、子供が巣立ち、孫なんかが生まれ、気がつけば更新が突然止まっいて・・・(あ、こいつ死んだな)・・・とかなっていたら、それはそれで凄いですよね。(凄くない?)

その頃にはこうしたブログというコミュニケーションというか、やや一方的な発信手段はおそらく違うカタチに変化していると思いますが、なんらか自分に対し語りかけをしていることは続いているような気がします。

海外ドラマを英語字幕で

いまごろ何当たり前の話?って感じですが。先日Amazon Primeのオリジナルドラマ、ジャック・ライアンを英語字幕で観て、これ・・やっぱり効果ありそう、と改めて認識。

以前にTEDプレゼンを英語字幕で視聴するエクササイズを試みましたが、いまひとつ定着しませんでした。省みるに、出てくる英語の発音、語彙、そして難易度がバラバラだったことが大きいのと、そもそも常に興味のある内容ではなかったからかも。

その点、自分が観たいドラマであれば多少言葉が分からなくとも興味十分のはずですし、内容を追いたいとの思いが働くはず。あとは、耳で英語を拾って認識する力と、英語字幕を読み取るスピードがこの数年で少々上がったこととも関係あるかも。

素早く聞こえてきた英語の文章の答え合わせが出来ると共に、分からなかった単語、特に固有名詞などは字幕で拾う、分からなければ前後の文章から類推する、この繰り返しは語学学習の良いエクササイズになる気がします。

英語音声→英語字幕、英語だけで理解する方がシンプル。(なんとなく説明が難しい部分ですが)

あと面白かったのが、本作では中東のテロリスト集団の描写も細かくされているので、彼らが交わすアラビア語→英語字幕、フランスを舞台にしている部分でのフランス語→英語字幕が併せて頭に入ってきたこと。アラビア語とフランス語の学習。

この流れで他言語→英語字幕という流れは、英語以外の語学勉強にも使えるのではないかと感じました。英語をはじめとする他言語→日本語字幕は少々言語的なギャップが大きすぎて、なかなか難易度も高い気がします。

日本語字幕付きの海外ドラマが入手し辛い環境が今しばらく続きますので、これをチャンスと捉えて「海外ドラマを英語字幕で観よう」プロジェクト、トライアル始動してみます。

とりあえず手を出すのはシーズン単位で完結している海外ドラマシリーズで未視聴なもの(人気があったもの)。

44歳になりました

サンクスビギングの旅行中に正式に誕生日を迎え44歳になりました。旅行出発前夜に家族にプレバースデーを祝ってもらったのは完全にサプライズで嬉しかったなぁ。(→プレバースデー2018

44歳・・40代半ばといえばもう完全に中年です、来年はとうとう四捨五入でアラフィフか。気持ちは多少若くてもいいですが、自分を若者と思うのは完全なる現状誤認、勘違いゆえ、よく気をつけたいと思います。(特に急に走り出す瞬間とか)

日々書き流している駄文ブログではありますが、過去その時に何があったか、多少何を思ったかを追いかけるには一定程度有用です。自分の記憶より検索機能が確実に優秀なので。

→43歳になりました
→42歳になりました
→40歳になった

41歳の誕生日は藤春シェフのフルコースを帰省中に食べただけで心が満たされたようで特別な振り返りは何も見当たらず。(→F料理長のフルコース

過去の自分も言っている通り、健康や家族、仕事、どれも大事にしてうまく付き合いながら、どうやってお互いを思いやり、一緒に成長が出来るのか。せっかくの人生を生きられるのか。

娘達が人間らしく成長するのを間近に接するたびに驚きもしますし(あれがこんなに・・と)、まだまだ知らないことばかりの妻の新たな一面や変化(成長)を感じたりも。

次の1年、仕事や生活環境の変化、また新たなチャレンジが控えているだろうと予見されるので、足元の一瞬一瞬、あるいは1日、1週間、1ヶ月をしっかりとやりつつも、きちんと準備もしていきたいと思います。

本ブログを時折眺めて頂いている皆さんにも感謝です(習慣継続のモチベーションとなるので)。引き続き宜しくお願いします。

テキサスプチロードトリップ2018〜サファリから帰宅

テキサス3都市周遊のプチロードトリップ4日目最終日。この日はサンアントニオ近郊のサファリを詣でてから帰宅する作戦。サファリは2015年にも訪問しているので再訪です。(→サンアントニオ小旅行

オースティンに続いてサンアントニオでもヒルトンホテルに宿泊致しました。こちらは施設もサービスもイマイチでしたが、リバーウォーク沿いに建つロケーションは抜群でした。

■ Wildlife Ranch(→公式HP

サファリはサンアントニオ市内中心部から車で30分。殆どドライブスルー感覚で入場料を払ってそのまま自分の車で園内に突入できるのが米国的。

園内は草食動物のみの展示で、鹿の種類のエリアを抜け、サイやラクダなどを少し遠くに眺め、シマウマ、最後はダチョウ達の群れを車でかき分けて・・という感じの流れ。(入り口には別になってキリンもいます)

(何やら格好いい、、ガゼル?的な)

入り口で餌をもらえるので娘達は必死で豆まきのように餌をまきますが、入り口に近い鹿の仲間達は見向きもせず、後半のガゼルやダチョウなんかは結構食べてくれました。

(動物達との近い距離感に大興奮の娘達)

ここで1時間ほどを過ごし、最後はヒューストンの我が家に向けての大移動・・の前にランチ。

テキサスの地元バーガーチェーンWhataburgerで腹ごしらえ。本社はサンアントニオにあるそうなので、まさに地元中の地元ですね。現在は米国南部を中心に800店舗ほどフランチャイズで展開しているそうです。どう考えても日本的にはエクストララージなカップがMサイズ。

ここから我が家までの約2時間半を妻がハンドルを握ってくれました。とうとう1時間を超える長距離運転にデビュー。慣れ親しんだI-10をずっと走るだけなら、私でも!と。(実際は途中で事故渋滞が発生していたので脇道に降りて回避したりなどの動きも)

米国生活5年目にして、ひょっとすると我が家もホワイトサンズに夫婦で交代しながら運転して行けるかもしれない・・という期待感が。無理かなぁ。(ホワイトさんずはお隣ニューメキシコ州にある国定記念物の絶景エリア。我が家から片道・・11時間)

とにかく無事に我が家まで帰ってこれたことに感謝。全行程は約900マイルですから、約1,500キロ。長距離運転が苦手な我が家としては良く頑張りました。

(帰宅祝いにフレデリックスバーグで購入した白ワインを早速開ける我が家・・ドイツ系移民の皆さんが作ったワインだけに甘め)

よく飲み、よく食べ、よく読むアラフォー男子のライフログ〜2014年4月から米国テキサス州ヒューストンで暮らしてます