自分のため

日経アソシエ連載のマックス桐島さんのコラムが素敵だったので自分なりにリライト。

>>

自分のことだけしか考えない人は「自己チュー」。自分のことしか頭にない人は「ナルシスト」。

自分のために真に時間や労力を注ぐ生き方は「自己チュー」や「ナルシスト」とは似て非なるもの。自分を磨くことが世のため人のために役立つのが「自愛」という生き方。

人のためにいい人になることを小休止して「自愛」する。自分を大切に出来ない人が、どうして他人を大事にすることができようか。

>>

既に十分に自分大好き人間ですので、自己チュー星人とかナル夫君にならぬよう注意ですね。ダンサーは特に鏡に吸い込まれる傾向にありますから。(特にラテンの人達)

それにしても、世の中の人々がもっと自分自身を大切にできるのならば、きっと毎年3万人も自ら命を絶つという選択をしないんでしょうね。

新型インフルの死亡者数が40人を超えておりますが、その前に自殺者数を減らす努力も必要。この世の憂いなど、食べて、飲んで、踊ってしまえば、きっと吹き飛ぶさ。

・・・そういう自分が、ダンス不足でストレス溜まってます(笑)

投資予算枠の確保

国家予算の枠組みが熱く議論されるのと同様に、我が脳内では2010年からの家計予算、さらには、35歳からの人生予算編成会議で大変盛り上がっております。その中でも最も重要な投資予算枠について大体イメージが固まりましたので整理します。

■ 自己投資に総収入の20%

■ 貯蓄・投資運用に総収入の20%

まずは、自己投資の20%を最優先で確保したうえで、残る貯蓄、消費、浪費への配分を。持ち家の住宅ローン返済については、今のところは消費カテゴリ扱いで。

自己投資の内訳は、10%を頭(勉強)に、5%を体(運動)に、ラスト5%は芸術や旅その他、数年後、数十年後の自分にリターンが期待できる事へ意識して使いたい。

2008年10月末迄の実績をみると自己投資が13%、しかし、うち7%がダンスなどの運動関連。書籍も結構買っていたつもりなんですが、累計20万円とそれほどでもないし、まだまだ。これが、年間に書籍購入費や勉強会・セミナー参加費などの累計が100万円使えるようになれば、それだけ、本を読んで、勉強をする毎日を送っていることの証にもなる訳で。

お金の使い方、時間の使い方の枠組みを整えて、自分なりにルール付けすることで、気がつけば自然に、自分自身への投資の時間と資金を確保できるようにしていきたい。時間の使い方の仕組みづくりを次に考えてみます。

白い粉の正体

人生最長レベルで下痢が続いています、かれこれ1週間半を越えました。基本的には病院・薬が嫌いな自然治癒派ですが、これだけ飲んでます。

IMG_6343.JPG

会社の診療所でもらった・・白い粉

さっそく効用、副作用などをネットで調べたところ、ラックビーというこの整腸剤の正体は、

■ ビフィズス菌 手書きハート

なんと、ビフィズス菌という善玉細菌を凍結乾燥した変わり種のクスリなんです。今、僕の胃腸の中では野性味タップリのインドネシアの菌が暴れまわってボロボロな状態ですが、ここに生きた援軍(善玉菌)を直接投入しているイメージです。

スマイル 「くそっ! 一体誰がビールと日本酒を流し込む許可を出したんだ。」

スマイル 「隊長、ラックビー1個小隊、前線に到着しました。」

スマイル 「く、このままの戦力ではもちこたえられんぞ!」

スマイル 「本部より、ヤクルト大隊とLG21遊撃隊を出撃させたとの連絡が!」

怒ってる 「馬鹿野郎、食い過ぎだ!」

脳内で、胃腸を舞台にした局地戦の様子を想像しては楽しんでいます。今のところ我が軍は連戦連敗ですが。

最近の濫読

IMG_6276.JPG

(朝ご飯は時には和食をセレクト)

今回の出張では仕事に追われてあまり読書もできず、飛行機の中も寝まくりでした。

緊急でない重要事項で人生が変わる、まさにそのとおりです。うまいものしか食うな、とか、正月は家族と過ごせ、とか、色々書きたいこと書かれてます。

45歳ぐらいで社会的にそれなりに成功してこんな本を書くのって、楽しいだろうなぁ。30代で人生は決定する・・・か。

学ぶとは、まねること。ダンスはどうやってうまくなったかを考えれば、それ以外のことにだって応用可能・・のはず。

前著とは随分トーンが違うものに仕上がってます。このご時世では、ヤリガイ・イキガイの為の週末企業ではなく、サバイバルの為の手段。

しかし、仕事しながら月商50万円を目指す、低リスク・低コストで始められる仕事なんてなぁ。今のところ全く頭には浮かびません。

サイバラさんが時折見せる、繊細で優しい視点にホロリとなります。基本、下ネタとお下劣でカバーされてはおりますが。

☆☆★★★

闇金で借金なんかしちゃいけません。

☆☆☆★★

それにしても幕末から近代日本の歴史は熱い。。しばらくこのあたりの時期をいったりきたりしながら理解を深めたいです。

■ 148/200冊(2009年)

ポッキー行商

出張時のお約束の日本人駐在員へのお酒持参や、事業会社スタッフへのちょっとした手土産。僕の中ではそれらを総称してポッキー外交と呼んでいます。

IMG_6275.JPG

外交というか・・・行商ですか。。今回は、ろくさん亭の鮮やか五目釜めしの素なども持参して好評でした。

IMG_6274.JPG

普通のポッキーは既に販売されているから、なるべく日本限定発売品を持参しないと。それにしても女の子は皆、甘いもの好きなんですね。日本のスイーツレベルは間違いなくグローバルスタンダードに適ってる (海外に持っていくと、日本のお菓子は甘さ控えめの好評価を受けます)

問題は、日本人男子の世界でのレベルです。プラス要素になりたいなぁ。

あの歩道橋をこえて

うちの部からジャカルタに単身赴任しているOさんをプロの経営者だなぁと尊敬しています。このたびのインドネシア出張でも近くでその仕事ぶりを感じさせて頂きました。

今回驚いたのは仕事以外の話。

なんと、1年近く住んでいて目の前の歩道橋を夜に1人で渡ったことがないのだとか。

IMG_6273.JPG

市内の夜の1人歩きは危険だと言われており、特に歩道橋でのひったくりなどが頻発してるとか。ま、今日のところは3人いるから大丈夫だろうと、市内を20分歩いて夕食に。

それにしても、見上げた安全意識です。避けられるリスクは避ける、簡単に出来そうで、実際に徹底するのは難しい。僕なら、汚い格好しながら、そこらをほっつき歩いていることでしょう。

今までバグダッドでもアンマンでも、サラエボでもハノイでも出張先をトコトコ歩いてきました。でも、個人の旅と、仕事での出張や駐在は違う。

仕事で来ている人間が、もし何か事件に巻き込まれた場合は沢山の影響と損失が発生します。海外でまとまって暮らすのは数年後の駐在の機会でしょう。その時は、ちゃんと自覚しないとなー。

歩道橋はこえるかもしれないけど。。

海兵隊

上司の指示に盲目的に従って仕事していると、もっとちゃんと説明してくれないと分からんわ・・・と思うことが多かったりもする訳ですが、ハッとする言葉に出会いましたのでメモ。

If you want complete order, join the Marines. -Eric Schmidt(一からすべて命令して欲しいなら、海兵隊に行けばいい。 -エリック・シュミット/グーグル会長)

オーダーに対して素早く従える順応性と、自主的に内容を吟味できる自立性の両立。決める行為には自己責任が伴うので時にストレスになりますが、人に決められるだけも辛い。

上司が示す方向に向かって(戦略)、具体的なアクション(戦術)を提案・実行するのは自分。予測される結果に疑義がある場合は、事前ブリーフィングでの承認も取った上で。

社会人12年目にもなってあらためて仕事の進め方について頭を整理するなんて今更ですが、どうも今まで感覚だけでやってきた部分があると思いますので。

ブルーポイント@白金

シロガネーゼはもともとミラネーゼ(ミラノっ子)をもじった造語で、ミートソースはお洒落に呼ぶとボロネーゼだけど、肉とトマトをケチるとナポリタン・・(違う)

そんなことを思いながら歩いたかどうかは忘れましたが、先日はアウェーの西方面に遠征。白金プラチナ通りに面するお洒落で美味しいお店でディナーして参りましたのでご報告。

お洒落な・・といいつつ、あまりにも食事に集中してしてしまい、お店の画像はありません(汗)一気にどうぞ!

IMG_6286.JPG

アミューズは、ビートのジュレ。(全然甘くはありません、さっぱり味)

IMG_6288.JPG

魚介の冷製オードブル、これがまた良いつくりで。。

エビを中心に生タコ、とこぶしが抜群の茹でごたえの野菜達と上品なハーモニー。

IMG_6291.JPG

一転して、温まるコンソメスープの中にはトリュフ、そして底には・・茶碗蒸し?それにしてもこんなに美味しいコンソメ飲んだの久しぶり!

IMG_6292.JPG

・・・これは何でしょう・・

IMG_6294.JPG

なんと、蓋を取ると白い煙が晴れて、燻製のよい香りが流れてくるじゃないですか。オマール海老の燻製仕立て、茸のリゾットのせという感じでしょうか。

白ロシア系エビカニダイスキーにゆかりの深い道産子としては、殻から美しく剥かれた海老様にもう夢中でむしゃぶりついた訳ですよ。

IMG_6295.JPG

戦線離脱しかけた我が胃腸達を、ライチとグレープフルーツの爽やかな味がリフレッシュ。

IMG_6296.JPG

牛フィレ肉とフォワグラの包み焼きがドーンと〆に登場。贅沢な取り合わせを堪能。 (脂肪肝と霜降り肉なんて・・・共食いか・・)

しかし、本日のメインイベントはジャカルタからお願いしたスペシャルオーダーデザート戦艦!

IMG_6298.JPG

ドーン 大笑い

銀座らんぷでこの銀色の巨体を目にして以来、いつかとっておきの時に召喚したいと思っていました。あぁ・・・満足 (注:自己満足)

そう、こちらのお店、銀座らんぷでお世話になり、その後のお店もおっかけしておりました、藤春シェフの新しい職場なのです。

IMG_6300.JPG

その後、どうされているのかなぁと思っていたところ・・銀座らんぷで藤春さんと偶然再会。休日返上で料理長として腕をふるわれており、益々のご活躍の様子。

予約をお願いした時に、なんと藤春さんはバリの系列店に出張されて料理のテコ入れをされており、ジャカルタとバリ(同じインドネシア)で、偶然ですね!と電話で盛り上がったのでした。

急に白金も身近なエリアな気がしてきました、友人達も誘って足を運びたいと思います。既にメジャーなお店のようですが、新料理長に注目です。

ブルーポイント
東京都港区白金台4-19-19
地下鉄南北線・三田線 白金台駅 徒歩5分
TEL 03-3280-2020

離乳食再デビュー

どうやら固形物は受け付けない姿勢の我がストライキ中の胃腸。やむをえず、流動物で栄養補給。

IMG_6303.JPG

■ File No. 014 男の離乳食

冷蔵庫を開けたら、めさんの残り物の洋風の肉と野菜のホワイトソース系の物体があったので、ミキサーにかけて、コンソメスープでのばして味を整えてちょっとずつ飲んでみることに。

うーん、やはり飲むというより食べる感じだ・・・飲むには重い。噛んで味わうというのは、食べる行為の中で大事なんだなぁと再確認。

介護施設で面倒だから流動食を食べさせているという報道に今更ながら怒りが。長く食事を楽しむためにも胃腸だけじゃなくて、歯も大切にしないと。という訳で、離乳食からは1食で即再卒業。

乳離れは実はしてませんけどね スマイル

始まりは1本の唐辛子

(お食事中の方はご遠慮ください・・・)

もともと胃腸は弱い方なんですが、今回は激しく逝きました。はじまりは・・出張も8日目となった接待の晩、この日は焼き肉でした。

IMG_6285.JPG

(箸置きとして出てきた大きな赤唐辛子)

〆の冷麺を食べ始めた時に、小さくて激辛の緑唐辛子に注意!の声、時すでに遅く、見事に何やら刺激的な物体が喉をとおっていくのを感じたんです。

あまりのオゾマシイ毒物感に寒気が走り、一気に冷や汗が吹き出しました。さらに、ヒト噛みしてしまったので、当然、口の中は一気に火の車。

その晩は予想通り、夜更けからお腹がゴロゴロと不満の音を鳴らし見事に下った訳ですが、それは単なる始まりにすぎませんでした。

あいにくと翌日、翌々日も会食が続き、この疲れは気合いで吹き飛ばさなくてはいけない、下るなら下れと、良く食べ、良く飲み、睡眠時間を削って仕事もし、ジムで走ったりもしたのですが、

とうとう、木曜の晩に我が胃腸がとうとう反乱を起こしたのです。そのやり方は、職場完全放棄。

もう、食べたものが右から左に、いやこの場合は上から下へ、ただただそのままに、流れ出てくるのですよ、それも15分毎に・・・

当然、寝れません 号泣

出張がラスト1日で本当に良かったです。さすがに疲れ切った胃腸を休めてやろうと、1日半食事を抜いてフラフラな状態で帰国。

会社再建に苦しむナショナルフラッグ機のビジネスシートを汚さなくて本当に良かった。健康って凄く価値があるものだって、失って気付くものだと実感します。(現在、不健康進行中・・)