「愛妻家でもいいですか」カテゴリーアーカイブ

東京の実家にも単身帰省2018

日本出張、成田から銀座の宿に荷物を置いてまず向かったのは東京の実家・・こと妻のご実家、ですらなくて妻のご祖母宅へ。

道産子の自分にもこうして東京に実家が出来たこと、あらためて嬉しく思います。

お寿司に茹でた蟹の足が並んでジャパン感爆発・・

帰国日は妻のご両親が毎週お祖母様と夕食を食べる日だったので、ここにお邪魔させて頂きました。妻と孫のおまけですが、気がつけば8年超のお付き合い、いつもお世話になっておりありがとうございます。

それにしてもお祖母様、変わらずお元気で。新聞やニュースからも色々と世の中の動きをしっかりと追われており本当に驚きます。私が勤める会社の最新報道情報もきっちりご存知ですし。「あの・・ベトナムの・・」って、あ、その件もご存知でしたか!とかの会話がしょっちゅう。(僕より色々な情報をキャッチするのは早いかも・・)

妻がスーツケースに色々と詰めてくれたお土産やプレゼントをお渡しして空になったスーツケースにパパママ、お祖母様からの持ち帰り用の様々なお土産やグッズを詰め直して・・・これって、実はプレゼント交換なのかと。。(あっしは単なる運送人)

有難いことに、先日の私への誕生日プレゼントにと、糖質ゼロの日本酒のソフトパック。これは初めて見る品でどんな味なのかが楽しみ!(糖質がゼロということはおそらく淡麗辛口、米焼酎に近い味わいなのでしょうか)有難うございます。

私や妻が日本のアマゾンでポチりしていたゲームや雑誌なども諸々あわせて引取りさせて頂きました。

(スーツケースがめっちゃ重くなって宿に帰還)

次回帰る時は家族全員にて・・とご挨拶してお暇を。自分の仕事の都合での海外赴任ですので、こうした時に、はよー帰っってこいや・・との無言の圧力を感じたりも。そりゃ、近所に娘と孫達、孫とひ孫達が暮らしていたら嬉しいでしょうからね。

今しばらくのご辛抱、よろしくお願い申し上げます。

プレバースデー2018

今回のテキサス3都市周遊プチロードトリップ(勝手に名付けてみた)の出発前夜、帰宅した僕を妻子がサプライズでお祝いしてくれました。

仕事が終わる気がしないのでPCごとお持ち帰り帰宅した21時、なぜか家の中は真っ暗。まさか明日からの旅行を前に早々に就寝した?と思ったら突然ハッピーバースデーの合唱が。完全に油断してました。

ろうそくを吹き消すと居間のテーブルがバースデー仕様に。妻曰く、子供の頃に米国的な誕生日会をしたことがないという僕への疑似プレイだそうな。男の子好きするテイストなレゴ絵柄のお皿とディスプレイ。(そういえばレゴ男子でした)

良い出来!

今日は娘達と一緒に1日かけて、プレゼントを皆で買いに行ったり、ケーキを作って、バースデー仕込みで過ごしていたそうな。くぅぅ、パパ冥利につきますね。(出張先のシカゴから一生懸命ヒューストンに帰ってきた甲斐がありました)

甘えさ控えめなカスタードがたっぷり入ったチョコショートケーキ。美味しく有難く頂きました。

スポンジは次女が、カスタードクリームは長女が頑張って作ったということ。妻曰く、調理後のキッチンは戦場のごとくドロドロとなっていたそうですが・・・

プレゼントは、ヒューストンで着る機会が少ないのですっかり手持ちが不足していた長袖系の服を各種4枚。これは重宝しそう。

娘達はまだ僕の誕生日を覚えているわけでもなく、こうした準備も自主的にしてくれるわけでもないので、全ては企画立案から監督、演出まで一人でこなし家族のイベントとして昇華してくれた妻にただただ感謝です。

自分はこうしたイベント企画が少々不得手な気がするのですが(イベサーではなくダンサー出身なので)、来年あたりはしっかり娘達も巻き込んで妻に気持ちではなくカタチでお返ししたいとあらためて思いました。(バースデーに限定もせず)

ターキーと妻と私

先週から職場に新たに加わった同僚はトルコ出身。英語的にはターキー出身のターキッシュ。(七面鳥と綴りも一緒ですね)

たしか、初めましての会話で、うーんトルコはまだ行ったことないけど・・と発言してしまいましたが、先日お茶を飲みながら、トルコのお茶文化の話となり、急にイスタンブールのバザールで飲んだお茶が脳裏に蘇りました。

あ、トルコ行ったことあったわ・・・(奥様と一緒、それもドイツ〜オーストリアの続きの新婚旅行にて。。。)

■ →39ヶ国目はトルコ
■ →バザールでござーる
■ →世界遺産な眺め

すっかり9日間のあの楽しかった旅のことが脳裏から抜け落ちておりました、イカンイカン・・・。。あんなにまとまった日数を夫婦二人だけで旅行したのは今のところあれっきり。なんと平和な旅だったことか(遠い目)。

■ →食いしん坊万歳

いろいろな生活の変化、関係の変化はありますが、8年前の予言ブログの通り、食いしん坊な我々は少々増量しつつも、いまだ食への情熱は失っておりません。

(酒量もじわじわと増えてるかも・・)

まずは10年に向けて頑張ります。

妻のPTO奮闘記録〜ピザからのイタリアン

長女が通う現地小学校にて、昨年のルームママ(クラスの世話役的なポジション)に続き、今年はPTO役員となってしまった妻。(インド人ママの強烈な引きを断りきれず巻き込まれ)

先日の初仕事(→2nd GradeスタートとPTO初仕事)に続いてやってきた二つ目のミッションが、300人分のピザをサーブするという仕事。

(大量のドリンク・・)

(大量に届いたピザ)

(そして大量の空箱)

更に先日迎えたイベントは、ブックフェアに併せて開催されたイタリアンディナーの飾り付け準備と当日のサービス。

原材料調達からはじまり・・

準備開始・・

ママ友の中でも工作スキルが飛び抜けて高いご友人に助っ人頂いたそうな。(工作スキルが高い職場と言えば・・→ここか

見事に各テーブルに並ぶイタリアンな雰囲気の小道具完成。こんな仕事、、自分だったら一体どこから手をつけてよいか想像つきません。。

そして迎えたディナーイベント当日・・

(特別助手は長女)

こんな感じでテーブルクロスやクレヨンとも併せたそうな。

僕が娘達を引き取りに学校に辿り着いた時は既にイタリアンディナーのイベントは大盛況。忙しく立ち働く妻の姿をそっと確認し、気が散らぬように・・と、娘達を連れ先に失礼致しました。

PTO役員の仕事、準備含め大変そうではありますが、こうして結果的になにやらイキイキと妻が活動している姿を見ることが出来て、良かった、良かった・・と嬉しく思っております。

長女のライフタイムライン

先週、米国の現地の公立小学校の2nd Gradeに通う7歳の長女がライフタイムラインという今期最初のプレゼン課題に挑戦。

これまでの7年の人生を振り返るという大事業。(写真と併せ記事を10個以上用意する条件だとか)

2011年5月に誕生してから、これまであっという間だったなぁと夜中に妻と長女の力作のボードを拝見しながらしみじみ。。。

そして妻が指摘したのですが、7歳の長女の人生の半分以上、4年間がヒューストンで暮らした海外生活。日本に帰る時は一応帰国子女なのかぁ・・と思うと、14歳の頃に親の転勤で関東に動くまで、ほとんど北海道を出たこともなかった自分と比較して驚くばかり。(妻は東京暮らしなので、また違う感じですが)

今回の課題はタイムラインボードの作成のみならず、自らの言葉で半生?(というかまだ人生の序盤ですが)を語るというプレゼンがメインのお題なので、妻がビデオ撮影しながら練習を繰り返してました。この歳から人前でのプレゼンを繰り返すのですから、そりゃ、表現スキルに大きな差が出てきますよね。

(本番の出来もまずまずだったようです)

初めての出来事や挑戦が満載の娘のライフタイムライン。翻って自分のライフタイムラインはどうでしょう。単調な日々の無限ループに陥って、発表したくなるようなトピックスもないつまらない世界にはなっていないでしょうか。

そう考えるとこのブログも日次のライフログならぬライフタイムライン。もう10日あまりで、10年間365日更新の節目となります。(開設したのは2005年末ですが、毎日更新が定着したのが2008年10月から)

長女のライフタイムライン、次女のライフタイムラインが充実したものになるかは結構、僕と妻にかかっていますね。お互いに協力しあって頑張らなくては。(妻にばかり頼らず・・)

早速、有言実行で自分に出来ることは・・と、妻が娘達と寝かしつけをする一方で、夜に残った食器洗いと居間の簡単な掃除。(→そして日課のブログを更新して就寝zzz)