「公開減量生活」カテゴリーアーカイブ

メタバリアEX試してみます

食べる量はそのままに、痩せたらいいな・・とは誰もが考えるお気楽な妄想。そのようなサプリメントも複数販売されていますが、とうとう自ら人体実験に乗り出してみることに。

手に取ったのは富士フイルムが販売するメタバリアEX。

初回お試し半月分500円をやってみたのですが特段の効果は出ず。でも何か腸に多少の変化があったような感触もあったので、もう少し検証してみようかと定期購入の1回目をオーダーすることに。

定期購入の初回は25%オフ、さらに2週間分のプレゼントがありました。お試しで迷って続けない人が大多数なのだろうなと想像。

天然植物サラシアに含まれるサラシノールという成分が食後の血糖値上昇を抑えるということですが、果たして自分にも何かしら効くでしょうか。。

さらにサラシノールが小腸での糖を分解する働きを抑えると、小腸で吸収されなかった糖が大腸に運ばれ、ビフィズス菌を増やす効果も期待出来るのだとか。腸内細菌倍増計画には是非取り組みたいところ。(お腹、もともと弱いので)

次回のオーダーをストップ出来るのは4月5日までなので、3月末までの2ヶ月で何かしら変化を感じるかを検証で。(体重の数値的には84キロ前後が目標)

休肝日シフト継続

昨年8月にブログ中でも確認した→休肝日シフト

2020年も継続して、平日の一日は休肝日〜ただ仕事を遅くまでしても良い日を確保するスケジューリングを励行中。

振り返ってみると日本での過去9ヶ月、ほぼほぼ平日は、5日中4日を飲み続けのまま過ごしました。出来れば2020年は平日に飲みにいくのを4日から3日とするのが小さな目標。

そして週末2日のうち片方を減酒日と出来ればなお良し。(理想は週3日の休肝日習慣です)

人生100年時代、まだ最長で55年ほど飲める可能性がありますので、我が肝臓には長く働いて頂ける環境を整えていかなくては。という訳で、先日の「趣味:日本酒」とは全くリンクしませんが実験的に試してみたのが「ガフ男作戦」。

乾杯のビールからさらに1杯ほどビールを飲んだのち、さりげなくシャンディーガフというカクテルに移行するガフ男作戦。

シャンディーガフといえばビアカクテル。ビールをジンジャーエールで割っているのでアルコール度数はわずか2.5%の最弱カクテル。これをガフだけにガブガブと、焼酎水割りの人と同じペースで飲み続け閉会まで漕ぎ着けてみました。

ちょっと摂取カロリーが心配ですが(ジンジャーエールの糖分のため)、アルコール総摂取量は間違いなく抑えられました。次回はレッドアイ作戦(寝不足作戦)を投入してみるかと妄想中。

こうして飲み続けられるだけの健康なカラダがあることに感謝しつつ、そうではない未来も想定して備えていければと思います。

公開減量生活2020

せっかく年初ですので、自分に言い聞かせから。

■ そろそろ痩せようか

「心も身体もスッキリ」とは、健康であること。痩せることがイコール健康じゃない場合もあるかもしれませんが、自分の場合、ある程度の減量が間違いなく健康上の各数値を上げるのは間違いなさそうなんで。(→人間ドック2019

診断の軽度肥満判定から脱出するには@7キロ減とまだかなり遠いのですが、分割して考えれば何とかなるでしょうか。

最終目標を75キロと置いてみて(入社時の体重は72キロですが)、78キロ、81キロ、84キロと3キロ刻みでチェックポイントとする感じに。

まずは84キロ・・あと0.75キロなら流石に余裕ですと言いたいところですが、、、日本帰国後すぐに83キロから85キロに増量して張り付いてしまったので、まずは時計の針を戻しつつ。

数字だけで期限がない目標は成立しなそうなんで、1月末時点に84キロ以下、まずこれで。

85キロ線の攻防

朝鮮半島が戦っていたのは38度線ですが、自分の戦線は85キロ線となってきたのがここ暫くのこと。

日本に帰国してそろそろ半年。一通りの日本の美味しいものは食べたと思うので、そろそろ減量も意識しはじめたいタイミングかな、、と。→先日の人間ドックの結果もありますし。

(毎朝が85キロ前後の攻防で一喜一憂)

東京の通勤生活で20%ほどまでスルスルと下がって喜んだはずの体脂肪率も最近は再び上昇気味。あくまで筋肉量は維持したまま脂肪だけ減らしたい・・という欲張り路線で抵抗したいなぁ。

中長期の目標は、体重は大きく10キロ減の75キロ、体脂肪率も5%以上下げての15%。これは変えないとしても、やはり小さくて達成可能な目標を目の前に。

ということで、一度でも一週間の中で84キロを切る・・まずはこのベイビーステップから。

人間ドック2019

なんとなく痩せてから行きたいな・・と思って後回しにしていた人間ドックですが会社の診療所からガンガン督促されるに至り、覚悟を決め受診してまいりました。(前回は・・2018

(内臓脂肪つながりで・・モツ鍋)

今回いくつかの指摘事項はあるものの、至急ではなく1年後の再検査なので緊急での問題はない模様。(あったら大変ですが)

■ 中等度脂肪肝

昨年に軽度脂肪肝と超音波検査で診断された肝臓のフォアグラ化が一段階進んでおりました。γ-GTPも57から72に上昇しておりますし、これは少し手を打たなくてはいけません。休肝日シフト励行。

■ 中性脂肪

前回122だった中性脂肪が177に上昇。これも良くない傾向。コレステロール系は一応標準範囲内ですが全般的に数値高めですし。やはり脂肪肝と併せ注意が必要。

■ 軽度肥満

そして、お約束の軽肥満判定。この判定から脱出するにはBMI逆算で体重を78キロにしなくてはいけない、それって現時点から7キロ減ですので難易度かなり高めですが、それでも不可能ではないレベル。

モツを食べるのが好きで構わないけど、この肉体からはもう少し脂も抜いていかないと。いや抜くべきは糖質か。

次回は来年6月頃の受診とあらかじめ決めて、今から計画的に整えていきます。やっぱり回り道のようで、痩せることが健康数値への最短ルートなのかな。