「僕ら観劇部」カテゴリーアーカイブ

舞太鼓あすか組、ヒューストン公演

先週、平日夜にプロの和太鼓の演奏を家族で聴きに行くというとっても貴重な機会がありました。演奏会場はハーマンパークの野外シアター、ワクワク!

先週末にヒューストンで開催されたジャパンフェスティバルに日本より招待された「舞太鼓あすか組」というプロの和太鼓パフォーマンス集団の皆さまがジャパンフェスティバルのオープニングセレモニーで公演されました。(舞太鼓あすか組とは→公式HP

1990年に代表の飛鳥大五郎さんにより創設され、日本全国は勿論これまで世界21ヵ国でも公演されてきたという実力派。

盛り上がる腕の筋肉に物凄い背筋・・メンバーの皆さんの日々の鍛錬の様子が身体と力強い演奏に現れておりました。

和太鼓のみならず様々な邦楽器の音色と日本舞踊の融合。鬼と天狗による観客を巻き込んだコミカルな舞台劇には米人の皆様も大喜びで引き込まれておりました。

最初はどうなるか・・と思ったのですが、息もつかせぬ1時間ちょっとのパフォーマンス。しかし、どれだけ修練を重ねればこれだけの熱量のアウトプットが出来るのか・・との恐ろしさも。

観ているだけの自分も、もはやバチを握る腕が上がらない・・という感覚を覚えました。

また歌舞伎に通じるような眼力も凄かった。いい表情をされるなぁ・・と。はるばるヒューストンまで来て頂きありがとうございました! (ジャパンフェスティバル二日間でもどちらも公演)

今回の貴重なきっかけをもらった友人夫婦に感謝です。日本商工会のルートで屋根下のスポンサー席を事前に確保できたので・・少しは皆の鑑賞の役に立てたかしら。

娘達がなにか音楽系のならいごとをやりたくなった定番のピアノではなく和太鼓とかに挑戦してみて欲しいよね・・・などと妻と話をしていたので夫婦で良いリサーチの機会にもなりました。

妻のブロードウェイ巡礼2018

今回のニューヨーク家族旅行、食べある記より実はもっと大きな目的が一つ。それはミュージカル好きな妻に、聖地ブロードウェイを楽しんでもらいたい!というもの。

ベースとなる宿も48st と 8 aveという、ミュージカルの劇場ひしめくブロードウェイエリアに確保。ここならどの劇場でも至近。

初日は居酒屋ディナー後に娘達とホテルで僕が留守番して、妻だけを送り出しました。

(ママはミュージカルの勉強に出かけたよ、と説明すると意外に聞き分けよく一緒に入浴もすんなりしてくれてDVDタイムに)

この日の観劇はSCHOOL OF ROCK。本当は当日券でオペラ座の怪人を狙っていたのですがtktsに売りに出ず、残念無念。

二日目の観劇は事前に定価購入していたアラジンに妻が長女を連れ出かけてもらいました。こちらは二人で思いっきり楽しめたようで、長女が興奮して帰ってきた様子が可愛かった〜。

次女との留守番中、二人で軽くタイムズスクエア周辺をデート。

M&Msのストアや・・・

Disneyストアを訪問しお土産も購入。

それにしても3歳にしてニューヨークのタイムズスクエアを闊歩するとは。。小学校高学年になるまで北海道を出たこともなかった父親(私)と比べるとずいぶんな世界との距離感の違いです。

これが週末でしたらマチネからのソワレで更に観てもらえたかもしれませんが、平日ですので今回は2本だけ。それでも、いやぁ良かったわぁ・・としっかり楽しめた様子の妻の姿に、企画して良かった・・と思った観劇部員の私なのでした。

そして驚いたことに6歳の長女もアラジンをしっかり楽しんだようで、これは家族4人でミュージカルを観に行く日も遠くはないのかも・・・と感じました。(4席を並びで取るのは大変です!)

2018とタイトルにうっておいたのは、これっきりとならないように!とのひそかな決意を込めて。

 

グレイテスト・ショーマン最高〜The Greatest Showman

観劇部員としては遅きに失する訳ですが、ようやくThe Greates Showmanを鑑賞して参りました。

(21世紀FOX様よりお借りします)

一言で感想を述べるならば、この圧倒的なエンターテイメントにただただ感服! そしてヒュー様(注:ヒュー・ジャックマン)ザック様(注:ザック・エフロン)が色々凄すぎです・・。きっと後悔しないと思うので、ぜひ観に行って下さい。

しかし、なぜこんなにも自分は鑑賞が遅れたのか・・・。。もともと妻が封切り当日に鑑賞に出かけ、面白かった!と聞いたものの何故か足が直ぐに動かず。きっと12月から1月、そしてこの2月に至るまで平日の夜が忙しかったのでしょう、、自分としては。

先日、妻からサウンドトラックのCDを渡され、通勤の車中で2回り聞いて一目散にシアターへ。(そして、冒頭の感想へ)

ヒュー様、レミゼのジャンバルジャン役でもとことん魅せてくれましたが、今回は歌うだけじゃなくて踊りもありますからね。どんだけ何でも出来るスーパーマンなのかと・・・

(不要なネタバレしないよう心がけつつ)サーカスのメンバーが集まる中でヒュー様がどうしてもウルヴァリンに見えるのはきっと僕だけではないでしょう。。

(アダマンチウムの爪は見当たりません、念のため)

それにしてもこれだけのオリジナル楽曲が作れるパセク&ポールの二人は素晴らしい。まだ二人とも30代前半ですから、これからどれだけの名曲を作り出していくのか・・・考えるだけで興奮します。

This is meは勿論、A million dreams、Never enough、From now on、そしてThe greatest show、、、と鳥肌もののナンバーが揃い踏みです。ブロードウェイ化はいつになるのか・・今から待ち遠しい。。

(ロングラン上映中なのでもう一回行こうか・・DVD到着まで我慢するか・・・)

ヒュー・ジャックマン最高、ザックも最高、ゼンデイヤも可愛いし、夫婦で繰り返し観たいミュージカル映画がまた一つ出来て嬉しいです。

Finding Neverland〜ミュージカル観劇メモ

今回のオースティン小旅行のイベントはミュージカル観劇。それも14時のマチネを妻が1人で鑑賞、20時からのソワレを僕が1人で鑑賞に行くという初の試み。

2004年公開の映画をもとにブロードウェイでの初公演は2015年。観ようかな、どうしようかな、と思っているうちに終わってしまい、今回North AmericaTourで各地を回っているタイミングでの初観劇。

あらすじは、劇作家のジェームズ・マシュー・バリーが、ピーター・パンのモデルになる少年と出会い作品を完成させるまでを描いたストーリー。

それほど期待しないで観に行ったわけですが、途中から話に引き込まれていきました。歌もジワジワいいですし、演出もあちこち巧みで、綺麗に作られた良品。ピクシーダストが舞い上がる美しくも悲しいシーンが胸に残りました。

Gleeのシュー先生が主役をつとめていたオリジナルキャストで観たかったですね、今更ですけど。。(今回のキャストもとても良かったと思いますが)

バルコニー席だったので、アンサンブルの方々の見事な動きもつぶさにみれました。ステージの奥行きをしっかり使って動いている部分はオーケストラ席からの観劇だけではわかりませんね。

それにしてもテキサス大学オースティン構内にあるコンサートホールの立派なこと。そこらの市町村のコンサートホールより確実に設備は上。

23時前の夜の大学構内を宿に向かって歩きながら、20数年前の教養時代の英語の授業での教科書がピーターパンシンドローム、精神的に大人にならない男性について書かれた本だったことを思い出しました。

果たして自分はどうだろう。

シカゴ〜ミュージカル観劇メモ

先週末のNYステイ、週末をまたぐとなれば1回は足を運んでしまうブロードウェイ詣で。今回は4年目にして初シカゴ。ここはニューヨークですがシカゴ(すみません)。

1975年に初演ですから古典も古典。オペラ座の怪人、キャッツに続くロングラン公演の記録を持っているそうな。

でも、なぜだか足がトンと向かなかったんですよね。多分、映画版を観て良くわからなかった印象が強かったから。今回はちゃんと直前にあらすじも読んだうえで臨んだのですが・・

うーーーん。

音楽、いいですね。ダンサー的には聞いたことのあるJazzナンバーだらけ。バンドがずっと目の前にあるのも斬新。そして、踊り。これも凄い。キャッツ的というか、かなり踊りに力を入れているのを感じます。

でも話の筋は・・・これ、面白いのだろうか。(多くの方が絶賛されている中で申し訳ないですが)悪女二人のシンデレラストーリーはどうやら僕には響かなかったようです。

ただ、ロキシーの悲しい夫、エイモス役のRaymond Bokhourの演技はとにかくツボでした。なんでしょう、彼が出てくるだけで笑えちゃうこの掴み感。

という訳で、ミュージカルであれば何でも自分が好きな訳ではない(たとえ世の評価が高くとも)ということを再確認したことに価値がある今回の観劇でした。さて次回は何を観ようか。

アニーからのイラン

いよいよ母のヒューストン初滞在も最終コーナーとなった帰国前日の土曜日。

初めての試みで地域の演劇コースの子供達が公演するミュージカル@ウッズランドを観に行ってきました。演目はおなじみのアニー。さほど期待はしておらず殆どドネーション気分で出かけたのですが(チケットは一人32ドル)、ちらほらとしっかり歌も上手い子供達がいて、さすが米国の裾野は広いと思いました。

ぽっちゃり気味アニーと記念撮影。6年生だけど歌はお上手。

定期的に公演を行っているようなのでブロードウェイからスタートする全米ツアーのミュージカルをヒューストンで待ち構える一方でこうした様々なレベルの観劇にも足を運んでみるのもいいなぁと感じました。(なおさらブロードウェイの凄さも実感出来ますし)

観劇後の夕食はヒューストン市内に戻り妻がひいきにするペルシア(イラン)料理のお店へ。(→ヒューストンでペルシア料理

毎度ながらここの焼きたて熱々のイランパン(ナン)とフムス(ひよこ豆のディップ)が絶品。こればかり食べてしまいます。

(今回はダルのスープとナスのディップも)

(羊のスネ肉の煮込みがトロトロ)

考えてみると牛肉は家で焼いて食べただけで、外食は中華とかイランとかそんなのばかりで(いつもの我が家のルート)、ハンバーガーにウィングにステーキ!というような世界は母に紹介出来ませんでしたが、これも移民の国アメリカの実態ということで。(だからこそ移民を締め出そうとする政策はナンセンス)

(翌朝のANA便で帰国の途に)

1週間の短い時間ではありましたが、息子夫婦、孫娘たちの生活環境がよくわかって興味部い旅となったことを願うばかりです。

 

キンキーブーツ〜ミュージカル観劇メモ

そういえば2週前のNY滞在時、マチネ(昼公演)でキンキーブーツを観劇してきましたので、こちらも恒例のメモ。

同期から、人生初のミュージカルデビューするなら何がいいかなと相談され、tktsの当日割引券の中から選んだのがコチラ、キンキーブーツ!

自分はブロードウェイで1回、ロンドンで1回観てますので、今回が通算3回目となるのですが、自信をもって勧められる何回観ても感動できる一本の一つ。

ミュージカル制作の元になった映画も観ましたが、やはりミュージカル化した作品が素晴らしいと思います。

本日のローラは、2013年トニー賞を獲ったオリジナルキャストのBilly Porter。2015年に初鑑賞した際は、控えのTimothy Wareで、その美しさに圧倒されたのですが、歌唱力と総合力はBillyに軍配があがる気がしました。流石!

チャーリー役も同じくオリジナルキャストのStark Sandsで安定。少し残念だったのがLaurenの本日の代役Ellyn Marie Marshではいまひとつだったこと。

この役どころはNicolaのようにゴージャスじゃないけど、実はよく見るとカワイくないとダメなので結構難しい。普段はSwingのEllyn、歌はうまいのですが、ちょっときびしいんだよなぁ、と何様目線?

すっかり自分の世界に入って鑑賞を楽しんでいたのですが、ふと横に目をやると人生初観劇の同期も、いやぁ、面白いもんだね、これから色々観てみないと・・とポジティブ反応。

せっかくNYマンハッタンに暮らすのですから、どんどんミュージカルでも何でも、ご当地ならではの好きなものを見つけて楽しめばいいと思います。(ヒューストンでは、どんどん妻に観劇してもらおうかと)

誰かの人生初ミュージカルをご案内するのは、今回で3回目。選んだのはレミゼ1回、キンキーブーツ2回。総合的に考えるとキンキーブーツは初ミュージカルとして、とてもオススメな気がします。

レミゼも大好きですが、スカっとするという点ではキンキーブーツが上かも。ストーリーに深みもありますし、歌と踊りも華やか賑やか。

レミゼは日本帰国後も帝劇で楽しめそうなので、米国を去る時のラストミュージカルはキンキーブーツかなぁ、などと今から感傷的に。

ANASTASIA(アナスタシア)〜ミュージカル観劇メモ

NY出張でやむをえず週末を過ごす・・・時にすることと言えば、休日でも朝から仕事・・そしてマチネ(昼公演)でミュージカル観劇、これですね。(券は当日売れ残りの安いやつで)

本日選んだのは・・・ANASTASIA(アナスタシア)。

チケット屋の列に並びながら調べてみると2017年4月からブロードウェイの新作。ソロ観劇の時は失敗を恐れずにGOです。

どこかで聞いたことがあるのは、1997年に20世紀フォックスでアニメ映画になっているからか、はて。Once Upon a Decemberはヴェニーズワルツの曲として認識してました(笑)

ミュージカル版はアニメ版と違い、しっとりした歴史物として作られておりました。帝政ロシアが崩壊する革命の中で一家とともに亡くなったと思われていたロマノフ王朝の皇女アナスタシアを巡る物語。

新作ですので当然全員がオリジナルキャスト。主役のアーニャ役はChristy Altomare、マンマ・ミーアのソフィを演じていたときいて納得の容姿。はまり役ではないでしょうか。

そして詐欺師ディミトリを演じるのがWickedでフィエロ役を演じたこともあるDerek Klena・・のはずでしたが、本日はアンサンブルからZach Adkinsが。なんとKinkey BootsのナショナルツアーでCharlie役をやっていたということで、ブロードウェイデビューとはいえ、こちらも全く違和感なし。

周りを固めるVlad役のJohn Bolton、Empress役のMary Beth Peilが相当にいい味を出していたので目が離せませんでした。ホント才能が明らかに溢れる人達がいくらでも出てくる恐ろしいところです。

あまりストーリーにひねりはありませんが、夜景などの舞台背景がとても美しく演出されておりロシアもパリの街並みも素晴らしく、また、気持ちの良いハッピーエンドですので観る価値は大いにあると思いました。

でも、これぐらいではブロードウェイで何年も続くのが難しいとも感じており、、終演となる前に観ておく、これです。

妻への観劇報告の中で、アベンジャーズに出てくるブラック・ウィドウはロシアのスパイで、本名はナターシャ・ロマノフ、ロマノフ王朝の生き残りという設定なんだよ!と伝えると、あっそ、とつれなく返されました。

はじめての落語デビュー

はじめての落語デビューがまさかの@ヒューストン。

でも人生とは偶然なようでいて必然なことも沢山あるわけで、本日に至ったこともやっぱり何か縁あってのことなのだと思います。

僕の初落語のお相手は立川志の春さん。立川志の輔師匠の3番弟子で、立川流の二つ目。もうすぐ真打ち昇進との呼び声も高い若手の一人なのだとか。若手といっても1歳違いの41歳ですから同年代ですね。

つい3ヶ月ほど前まで落語には全く興味がなかった僕が、日本人会から回ってきた落語公演の案内にピクリと反応したきっかけはコチラ。


尾瀬あきらさんによる日本酒漫画の三部作「蔵人」を読み終え、他には尾瀬さんはどんな漫画を書いているのだろう・・と偶然手に取ったのが落語の世界を描いた「どうらく息子」(全18冊)。貪るように全巻を読んだのがわずかに2ヶ月前。

「夏子の酒」を読んで日本酒を飲みたくならない人がいないように、「どうらく息子」を楽しく読んだうえで、落語を聴いてみたいと思わない人がいたら会ってみたい。

僕も早速Youtubeで「やかん」を探して観ました。その時に偶然最初に観たのが亡くなった立川談志師匠。(本当は名人級ではなく、前座や二つ目の若手が演じるものが観たかったのですが直ぐに見つけられず)

そんな流れで回ってきた、立川志の春さんという二つ目の若手落語家の高座の話。さらに志の春さんの経歴を読むと・・・イェール大学卒で三井物産に入社、25歳の時に落語と運命の出会いをして落語家になった同年代ですと、何者!?(→詳しい経歴のお話がこちらの記事に

さらに1歳下の弟さんは英国オックスフォード大学で数学を学んだ後に音楽の世界へ転身し劇団四季に入団、ミュージカル俳優とか、、兄弟でどれだけぶっとんでいるのか、、と。(ご両親とも普通に勤め人の固いご家庭で育ち、お父様もNYに海外赴任していた生保マンだったそうですので、さぞぶったまげたことかと)

そんなわるけど、どうなることかと少々緊張しながら迎えた初落語ですが、「絶校長」から「茶の湯」、仲入りをへて「井戸の茶碗」まであっという間の2時間でした。

「どうらく息子」全巻読破のおかげで色々と下知識がついているので、志の春さんがマクラから上手に本題につないでいく技術に驚嘆し、饅頭やらウドンをすすってみせる姿に感動、商社から落語の世界に飛び込み15年間で身につけられた「芸」に酔いしれました。

・・酔いしれたというか、この日は朝から二日酔いでもありましたが・・

42歳男子、遅まきながら落語に興味を持ちました。いずれ日本に帰ってからでしょうが、落語を観に行くことも新たな趣味の一つになりそうな予感・・。立川志の春さんを応援します。(カテゴリー的にはとりあえず観劇部と同じところに置いておきます)

キャッツ〜ミュージカル観劇メモ

先日のブロードウェイ観劇部活動の第三弾、最終幕はキャッツを初観劇。

かれこれ10年ほど前に劇団四季のキャッツを観に行ったことがあるのですが、その時はさほど感銘を受けなかったんです(申し訳有りません。。)。観劇の経験値が少なかったのと、単純に同時期に観た劇団四季のライオンキングやウィキッドと比べて、話が無い!?と感じたからかと。

日本からの出張者をご案内。その方も学生時代にブロードウェイで観て以来だから30年ぶりだなぁ・・何も覚えてないよ、と。ロンドンの初演が1981年、ブロードウェイが1982年、、本当に古典ミュージカル作品ですね。はたして、この数年の観劇部活動がどう働くのか・・

入り口でフィイスペインティングをやってます。うわぁ、上手い!!(きっと本当の美術の方でしょうか)そう、自分もフェイスペインティング見習いです(→新米フェイスペインター

筆運びや、どんな画材を使っているのだろうか、、としばらく見入ってしまいました。(はよう前に進めと促される)

キャッツは、猫達が都会のゴミ捨て場で歌と踊りを繰り広げる、、という群集劇的なものなので、あまりそこに筋や意味を求めてもいけないのだろうと思い、ただ目を見開き目の前の世界を楽しむことに集中してみました。

幕間ではステージ上を解放しており、初めてのブロードウェイのステージデビュー!? 思ったよりも狭いし、少し斜めになってます。よくこんなところで踊れるな・・・

(演じている方々の視点)

気がつけばあっという間。メモリーのメロディーに涙を誘われるのはお約束として、やはりブロードウェイという世界最高峰の舞台だからなのか、単に自分の目が少しばかり肥えたからなのか(10年前より肉体は確実に肥えてます)、10年前の劇団四季の観劇の記憶とは全く違うレベルで楽しめました!

何が楽しかったのでしょう(自問)。

まずは踊り、というかバレエのレベルが高い!そして歌うまい!鍛え抜かれた肉体が舞う姿を目で追いまくり。主に白い猫(Victoria)のお尻と、赤い猫(Bombalurian )の胸を視線の拠点にしたのは言うまでもありません。

そしてその愛くるしい表情と、強い目線、しなやかな動きに虜になったのがSillabubを演じたJessica Cohenさん。もうたまらん・・。本日のベスト猫。

WHO’S WHOによると、これがブロードウェイデビュー。他の殆どのメンバーと同じバレエ出身の人なんですね。(このCATSの前にAn American in Parisの全米ツアーに出ていたというから、ひょっとするとうちの奥様達がヒューストンで観ていたかも。)

いつまであるかわかりませんが、→彼女をインタビューした30分のラジオ番組があったので視聴しちゃいました

(猫じゃなくても美人)

声も可愛く聞こえる、歯切れの良い語り口が更に魅力的。是非、今後の彼女の活躍も応援したいですね。とりあえず、もっと前の席を取ってCATSをまた観に来るか・・・