「東急沿線に暮らす」カテゴリーアーカイブ

近所でランチ斥候兵

再びの緊急事態宣言突入に際して心配となるのは、馴染みと地元の飲食店達のサバイバル。お一人様か家族連れでの限定とはなりますが、出来る限りの利用を心がけていきます。

基本は商店街にお金を落とそう作戦の延長線で、近所の商店街や沿線でお世話になってるお店、頑張っていそうなお店を中心に置いての消費励行活動。

週末は次女の習いごとの間のアイドル時間でお一人様ご近所ランチに。ジョギングコースで気になったイタリアンバル初訪店。

店名の下の、FISH VS MEATが気になってました。どっちが強い?
そして肝心のお店は・・デルモ・・モデル?(業界用語?)

ランチのパスタセットの中から、タコとブロッコリーのペペロンチーノを選択。こんな時期ですから、少しばかり客単価を上げる意図でランチワインも応援?オーダー。(飲みたいだけか)

ニンニクと唐辛子をしっかりきかせて固めに茹であげた大人のペペロンチーノ。最近ご無沙汰していたことを思い出しました。(米国ではよく作ってましたパスタ→男のパスタ道

こうして近所で未訪問のお店をお一人様ランチ探検して(斥候兵として)、よければ次回は家族で突撃というのは良いかも。

クラフトビレッジ西小山

西小山駅前に作られていた不思議おしゃれスペースがグランドオープンしていたので家族で覗いてきました。

■ クラフトビレッジ西小山(→公式HP

ヒロバ型創造的商業施設・・と聞くとよく分からないですが、オープンテラスな空間にコンテナハウス飲食店舗が複数集まってウッドデッキで繋がる現代的な手作り空間という感じ。

昼から皆さんビールなど飲みながら子供を遊ばせていて良い雰囲気。我が家も早速ランチを兼ねて合流しました。

ビールに煮込み、餃子に手羽に・・と、完全に居酒屋利用ですが、色々な店舗を眺めあちこちから買ってくるのが楽しい感じです。居酒屋と比べると値段は少しお高めですが、利益率の高いお酒を客が買うかどうか分からないのですから、フードトラック的な値付けになるのはやむを得ないですね。

後で調べてみると地域創生に取り組むピーエイという会社が、西小山駅前の再開発を行う計画のURと共同で本事業を行っているそうです。地方だけじゃなく、都市部でのこうした地域再開発のまちづくりの取り組みは面白いですね。

商店街にお金を落とそう作戦

駅前の商店街にも大分と活気が戻ってきた気がします。経済活動を再開していかないと皆やっていけませんので、良いこと。

自粛期間中にテイクアウトのお弁当で何度かお世話になった手作りハンバーグ屋チェーンの地元店を訪店。家族は何度か行っていたそうですが自分はお初。

(多彩なハンバーグ軍団達)

こうして洋食を家族で外食として味わう贅沢。新コロによる自粛期間があっただけに、いまだに2割増しで嬉しく感じます。

ということで、意識して近所の商店街の飲食店などに家族で出かける機会を少し増やしています。やっぱり暮らしている街のお店にもお金を落とさないといけませんので。

でも、お金を落とさなくては、と言いつつ、落としすぎると自分達の暮らしも危うくなりますので、我が家の場合は帰宅してからワインを開けたりと、そこは少しメリハリをつけさせて頂いて。

こちらの「山本のハンバーグ」、5年ほど前までは「俺のハンバーグ山本」という店名だったそうですが、俺の〇〇シリーズのレストランが増えてきたので、店名を変えた(俺の・・を卒業された)そうな。

ハンバーグはご馳走、というコンセプトに共感します。

元祖やきとり串八珍を中目黒で

先日の家族外出@中目黒、お洒落な土地柄で長女がいつもの「ハラヘッター」連呼。こうなると直ぐに目的地を決めなくてはいけません。

肉が食べたいと仰せですが、目の前に映るのは焼肉チャンピオン中目黒店(高級焼肉)とかで、、ないない・・あ、あそこだ!

元祖やきとり串八珍。

あちこちの酒場でその名前を見かけて、外から眺める限りは庶民的な佇まいが以前より気になっておりました。でも普段はチェーン店行かない派なんでスキップしてきましたが、満を辞しての初入店@なぜか中目黒。

大変リーズナブルな値付けの串ながらなかなかのお味。ビールのジョッキはもっと冷えていて欲しかったけど。

バイスとかラークとかよく分からない酎ハイを。

やきとりは岩手の地鶏を使い、豚は群馬からと産地明記に好感が持てます。東松山やきとり方式で味噌をつけながら食します。

本日の締めは・・

昔ながらのナポリタンで。

この日の外食で刺激を受けて数日後に家ランチでもナポリタンが再登場。ピーマン多めにしても美味しいですね。

未就学児と居酒屋を早い時間にファミレス利用。

再びテーブルと椅子の生活を求めてニトリ

帰国以来、リビングでは床の生活を続けてきましたが、妻の強い希望も受けてダイニングテーブルとチェアを導入することに。

確かに座椅子も色々試してみたのですが、やっぱり長時間になると腰が痛くなりますし姿勢も悪い気が。やっぱりもう床では暮らせない現代人なのか、直近は米国生活でしたし。

ニトリのHPだけでみていてもサイズ感が湧かないので中目黒の実店舗でサイズなどを確かめた上で、あらためてネットで注文。

我が家はテーブル幅を135cmにするか150cmにするか、それ以上にするかを真剣に悩んでいたのですが、横ではカップルがひたすらテーブルのサイズで喧嘩をしており笑えました。

リビングが狭いのでどんなダイニングセットを選んでも4人でもギュウギュウになってしまうとは思うのですが、腰に楽な生活スタイルを選べればと思います。

それにしても米国生活で手に入れたテーブルと椅子の組み合わせはお気に入りでした(特に途中で入れ替えた椅子が)。わずか数万円で手放してきましたが、今の家にはやっぱり入らないからなぁ、、と思い出します。