「未分類」カテゴリーアーカイブ

濫読ダッシュ中

年始の勢いのままに濫読継続中です。

ネットを眺めていた時間が本に向くだけで随分読めるものです。

ナミヤ雑貨店の奇蹟/角川書店(角川グループパブリッシング)
¥1,728
Amazon.co.jp

夜明けの街で/角川書店
¥1,728
Amazon.co.jp

先日の新参者も素晴らしかったが、このナミヤ雑貨店もお見事。

夜明けの街で、はちょっと背筋が寒かったり。

東野作品、主要なものは読んでいると思っていましたが意外と漏れも多そう。

ちょっと定番のローラー作戦かけますか。。

乳と卵/文藝春秋
¥1,234
Amazon.co.jp

乙女の密告/新潮社
¥1,296
Amazon.co.jp

チェケラッチョ!!/講談社
¥1,404
Amazon.co.jp

整形美女 (新潮文庫)/新潮社
¥514
Amazon.co.jp

芥川賞受賞作品で面白いと思った本が正直ありません。(先の2冊)

自分の感受性のキャパの問題かもしれません。

チェケラッチョ!!にも全く共感できません。(女性作家視点だからか)

整形美女はちょっと毒のある視点にクスリ。

植物図鑑/角川書店(角川グループパブリッシング)
¥1,620
Amazon.co.jp

まさに草食系の恋愛小説というコピーがぴったりですな。(ほんとに食べてる)

かなり真剣に野草を食べたと思われる描写がいい。

謎解きはディナーのあとで/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp

<謎解きはディナーのあとで 2/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp

遅まきながら。

自分にはライトすぎて物足りず、無論東野作品とは比較にもならず。

バイアウト/文藝春秋
¥1,749
Amazon.co.jp

薄い。

真山仁先生のハゲタカシリーズのような重厚な企業小説が読みたい。

・・再読しようかな。(もう筋も覚えてないので)

日本商工会の図書室にもデビューしましたので。

■ 19冊(2015年)

濫読スタートダッシュ

2015年は心機一転、200冊オーバーの濫読を復活させます。

(→来年は200冊復活!)


(早速、50冊まで借りられる近所の公立図書館で借りこんできました)

まずは手始めに日本語本コーナーで目に付く未読タイトルを濫読対象に。

主に小説です。(それも直木賞や芥川賞作品などが殆ど。。)

利休にたずねよ/PHP研究所
¥1,944
Amazon.co.jp

蜩ノ記/祥伝社
¥1,728
Amazon.co.jp


まずは直木賞受賞の歴史物を二作品。

ほんと戦国や江戸時代に生まれず、現代に生まれてよかった。(いつも思います)

彼女について/文藝春秋
¥1,285
Amazon.co.jp


愛に似たもの/集英社
¥1,404
Amazon.co.jp

つづいて女性作家を2作品。

吉本ばななさんは意外なファンタジー系、唯川恵さんは相変わらず少々の毒入り。

右岸/集英社
¥1,836
Amazon.co.jp

中山美穂と別れた旦那様、初読み。。(こんな小説を書くのですね。。)

不幸な話なんですが、対となる左岸にも手が伸びてしまいそう。

新参者/講談社
¥1,728
Amazon.co.jp

東野圭吾先生は、ホントうまい。

僕の中のNo.1は今も変わらず「秘密」ですけど。

回転木馬 (祥伝社文庫)/祥伝社
¥751
Amazon.co.jp

旦那が突然失踪して私立探偵の事務所を引き継いで10数年探し続けるって・・

その背景設定が思いつかない、プロですな。

月と蟹/文藝春秋
¥1,512
Amazon.co.jp

草の記憶 (集英社文庫)/集英社
¥566
Amazon.co.jp

非常に対照的な子供達の世界を描いたニ作品。

月と蟹で喉が渇くような緊張感を覚えたあとで、シーナ先生の世界にホッと一息。

久しぶりに、休暇も活用して活字の世界にドップリと。(妻は少々呆れ気味)

やはり読書は一級のエンターテイメントだなぁと実感。

短時間であちらこちら様々な世界を転々と覗き見てきた気分です。

脳のあちこちを刺激するきっかけにもなっております。

まずはサラサラと茶漬けを流しこむように読んでみます。

同時にアウトプットは仕事でがんがんと。

■ 9冊(2015年)

オーマエ節

ちきりん先生のオススメに従い大前研一氏の最近著作を連休に一気読み。

日本の論点/プレジデント社
¥1,728
Amazon.co.jp

クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方/小学館
¥1,512
Amazon.co.jp

この人に日本の舵取りをまかせたら、どんな国になるのかなぁ。

道州制を梃子にしてクオリティ国家という国の生き方ができるなら見たい気がする。

でも、選挙に出ても人気なさそうだし、既得権益で生きている人にはまず目の敵。

言っていることは至極まっとうな気がするので、まだ活躍して欲しいと思うのだけど。

せっかくの日本が誇る頭脳、ご意見番でもよいから今から何か出来ないのか。

そういう自分も何も出来ていないけど。(在外選挙権すら行使準備できず)

たまには自分の国の舵取りそのものを、視点をあげて考えてみる。

こういう視点の切り替え、大事だと思います。

■ 95冊 (2014年~)

魔弾の王と戦姫

ライトノベルというのは日本独特のサブカル存在らしい。

Wikiでは、表紙や挿絵にアニメ調のイラストを多用している若年層向け小説とある。

確かにKindleやAmazonじゃなければ、ちょっと買えませんねこの表紙。

電車の中でカバー無しで読書とかできないでしょう、マジで。

魔弾の王と戦姫 MF文庫J/KADOKAWA / メディアファクトリー
¥626
Amazon.co.jp

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10 (MF文庫J)/KADOKAWA/メディアファクトリー
¥626
Amazon.co.jp

カバーや挿絵は好みに合いませんが、なかなかに読ませる筋運び。

アルスラーン戦記やグイン・サーガをライトにしたような。(だからラノベなのか)

Kindleをいじっていて、ラノベジャンルのベストセラーに並んでいたのでつい。

読み始めると止まらず、気がつけば既刊10冊を読了。

(この10月からアニメ化だそうでおめでとうございます。)

しかし、2014年の読了が100冊となった時には、うち10冊がこのシリーズとは。

少々恥ずかしい気もしますが、面白いものは面白いのでしょうがない。

古くは中学生の時に読んだソノラマ文庫での菊地秀行、ロードス島戦記の水野良。

当時からすれば古典の平井和正らからはじまる自分のラノベ読者歴。

40歳になってもまだ読めるのは頭が柔らかいのか、成長していないのか。

はて。

■ 92冊 (2014年)

サウスバウンド

久しぶりにどっぷりと小説の世界に没入できた快作。

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)/角川書店
¥596
Amazon.co.jp

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)/角川書店
¥555
Amazon.co.jp

この親父の生き方、格好いいなぁ・・・きっとウザいけど。

2006年の本屋大賞2位、映画化もされてる(邦画なんで観れないかなぁ、、)。

元過激派の父親が起こす大騒動、そして家族の絆。

父親目線をもてるようになると世界の感じ方にも幅が出てきます。

本作以外の濫読作品もいつものようにメモ。

町長選挙 (文春文庫)/文藝春秋
¥562
Amazon.co.jp

東京物語 (集英社文庫)/集英社
¥670
Amazon.co.jp

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)/集英社
¥432
Amazon.co.jp

おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)/集英社
¥421
Amazon.co.jp

明日のマーチ/新潮社
¥1,620
Amazon.co.jp

東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと/東洋経済新報社
¥1,512
Amazon.co.jp

世界怪魚釣行記/扶桑社
¥1,620
Amazon.co.jp

例によって雑多な感じで。


(ワタシにも本読んでくれ)

家族到着で読書時間の確保は難しくなりましたが、100冊は年内にいけそう。

やはり通勤時間は偉大な読書時間でした。

■ 82冊 (2014年)