「アラフォーで元ゲーマーで」カテゴリーアーカイブ

ゲームも計画的に

先月からのPS5のある暮らし。(→ようやくのPS5様、登場

手に入ってしまい安心したからなのか、なかなかPS5に手を付ける時間が取れない日々が続いています。(あるあるですね)

今は2ヶ月ほど、拗らせ親父と息子の物語を30時間ほどプレイしてきたところですが、これを5月頭には一区切りをつけて次作への準備をしたいと思います。

ゼルダの伝説、超名作BOWの次作(こちらはPS5ではなくSwitchです)。さらに1ヶ月ちょい先にはこちらが待っています。

FFのナンバリングタイトル16作目。こちらも期待作、発売日から是非プレイ開始したいもの。

今年リリースされる2つの大作はやりごたえが期待出来るので、2023年はこの2作品をじっくりやるだけでも過ごせるかも。

普段、仕事の段取りや、資格勉強は計画的に・・なんて言ってるので、ゲームも計画的に、なのかもしれない。夢中で没頭するのではなく、計画的に、というのが中年的発想です。

こじらせ親父と息子の大冒険再び〜ゴッドオブウォー

ようやくPS5が手に入りましたので、昨年発売日に先行購入していたこちらのビッグタイトルにようやく着手。

(PS5に無料アップグレードしてプレイ)

2021年に第3作を初めて手に取ったこちらのシリーズ、→こじらせ親父と息子の大冒険は最高でした。(第1作と第2作は、単なる最強に凶暴な親父が大暴れする作品)

早く続きをプレイしたいなぁと思いつつ、せっかくならPS5スペックで世界を旅したいなぁと思い、数ヶ月待っておりました。

10数時間やってみましたが、来ましたね・・睡眠時間泥棒。期待通りのクオリティ。息子も頼もしく成長する一方で、反抗期具合が強まってきて、あちこちで親子バトル勃発。父親サイドに感情移入しまくりです。

サイドストーリーも寄り道したくなりますし、出来ればあれこれ取り残しを増やしたくないと思い、攻略サイトも覗いてみると(かなり取り残してますが、、)、結構クリアに時間がかかりそうです。2ヶ月ぐらい遊べそう。

どんな冒険が待っているか、楽しみです。

ザックスの生きざま〜FF7クライシスコア

遠い昔にPSPでプレイした記憶があるFF7の外伝クライシスコアのHDリマスター版をPSでプレイしました。途中までPS4で進めて、新しく届いたPS5でフィナーレを迎えました。

プレイ時間は15時間。ミッションやサイドゲームなどはほぼやり込まなかったので。裏ボスのミネルヴァへの挑戦・・勿論やる気なし。2周目も、まぁ、いいかな、、と。

昨年後半にプレイしたFF7リメイクも結局一度クリアしてから、やり込みはゼロ。やっぱり一本道のRPGを参加型の物語として楽しむと、何度もその世界に戻って・・というのは、どうも気持ちが向かなくて。(オープンワールドとはまた違う)

しかし、このザックスがいて、クラウドがいて、エアリスが・・と、ようやくFF7の難解なストーリーも脳内で繋がってきた気がします。一部釈然としない設定部分はありますが、スピンオフあるあるだということで、気にしないことに。

ザックスの不器用な生きざま、嫌いじゃありません。

タクティクスオウガリボーンも懐かしくて買ってみましたが、1時間半ほどプレイしたところで、操作が面倒に感じて継続出来ず、すぐにブックオフ送りに。。(高いゲーム代となりました)

シュミレーション的なゲームがしたくなったら、Switchのファイアーエンブレムの最新作か、PS4で今度出るリデンプション〜が気になるので、そのうちやってみることでいいかな、と。

まずは昨年末購入済みの、拗らせ親父と息子の物語に着手です。

ようやくのPS5様、登場

発売開始から2年以上がすぎて、ようやく市場に流通するようになってきたPS5様。我が家にも、登場。

遥か悠久の昔からAmazonで購入希望を入れておりましたが結果は出ず、ヨドバシカメラのネットで見かけたので即購入。

定価での購入、つまり・・転売ヤーへの勝利。

急いでやりたいタイトルが有る訳ではないですが、本年6月のFF16の発売前になってから慌てるのは嫌だったので先回り。折角なので、手元の何本かはPS5版に無料アップグレードしてからやろうと思います。(遊ぶ時間がなくて、現在3本がプレイ待ち)

あ、HORIZON FORBIDDEN WESTが付いてくる同梱版だったのでプレイ待ちのソフトが4本になってしまった。。(6月までに終わる気がしない。。)

2017年の夏を捧げたウィッチャー3のPS5版も気になりますし(→ウィッチャー3最高)、エルデンリングもPS5上での動きを確かめたいですし、、やりたいことが多すぎて困ります。

軍記シュミレーションRPG〜ディオフィールド クロニクル

1ヶ月半ほど、ゲームという娯楽と少々距離を取ってみました。(→夏休みはゲーム禁止

予約購入しておくと発売日にゲームが届くAmazonの魔法。

(古典的な軍記シュミレーションRPG)

リアルタイムシュミレーションと言いながら、コマンド選択中は時間が止まりますし、ポイントからのやり直しも出来るので難易度は割と低め。一本道のストーリーでもあり、やり込み要素はあまりなさそうですが、テンポ良くプレイ出来るのは好印象。

それにしても、軍記モノだからか、雰囲気は暗めです。せっかく沢山登場するキャラクターを色々と育てる要素なども追求出来ればなお良かったかもしれません。

20時間ぐらいのプレイで、この先の終わりが見えてきたのでトータルで30時間ぐらいの規模かなと想像しています。

エルデンリングのように延々と時間を吸い取られる100時間オーバーの作品ではなさそう。(毎度睡眠不足になる訳にも行かないので、これぐらいライトなのが助かるかも)

最近の発売作品では、トリニティトリガーもヴァルキリーエリュシオンもさほど評判が良くないようなので、見送りで正解だったかも。