ボストン観光〜クインシーマーケットでチャウダー

(家族でのボストン・ニューヨーク旅行編の続きです)
少し遅く起き出しボストン探検開始。まずは市内中心部にあるクインシー・マーケットへ。ここは19世紀前半に建てられた、当時では最大規模のショッピング施設だったのだとか。

(空気は冷たいですが晴天に恵まれました)

(残雪に興味津々な南国育ちの娘達)

外側に雑貨の屋台やレストランが立ち並ぶ建物の中に入ると、あるある・・・沢山の食べ物屋さんが所狭しと軒をならべフードコート的な雰囲気となっておりました。

(各国の料理が並んでましたが、やはりニューイングランドの名物料理クラムチャウダーを主軸に)

(空間の使い方がお洒落!)

クラムチャウダーにも色々と地域色があるようですが、ニューイングランド風と呼ばれるのは牛乳をベースとした定番の白いクリームスープ。(マンハッタン風はトマトソースなのだとか)

左下から時計回りに、ブレッド入りのクラムチャウダー、シュリンプカクテル、ロブスターサンドイッチに、カップ入りのクラムチャウダー。他には揚げたてのポテト(フィッシュは付けず)。家族4人で大満足。

満腹となったので、いよいよ地下鉄に乗ってホストマザーが住むボストン郊外に向かいます。

(あちこちに歴史的建造物があるのは流石)

・・・わずか2両編成の地下鉄に乗り、なぜか途中で降ろされ、バスのシャトル輸送で5駅分ほどスキップし、さらに違う4両の地下鉄に乗って・・・と結構時間がかかったのはご愛嬌。(さすがアメリカの公共交通機関、Google Map乗り換え案内では所要時間は全く読み切れず!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です