ザリガニにも旬がある〜BB’s Cafe

やはり「旬」と聞くと季節に一度は楽しみたいと思うのが旬好きな日本人。テキサスでは3月から5月までがザリガニの旬と言われています。

・・そう、ザリガニにも旬があるのです。

(近所に新店舗がオープンしたテキサススタイルのニューオリンズ料理カフェチェーン)

■ BB’s Cafe(→公式HP

ザリガニは世界的には中国や、意外にも欧州で好んで食べられており、どこでも初夏あたりが旬のようです。(中国では7月、欧州のノルウェーあたりでは8月というネット情報あり) テキサスはさっさと灼熱の夏になるので少し前倒しで3月〜5月が旬ということなのかなと想像してます。

本日の生カキはイマイチかも、身の入りが・・あ、それこそ旬じゃないからか。まずは心を落ち着けテキサス醸造の生ビールで乾杯。(公式HP→Saint Arnold Brewing

普段は瓶で飲んでいる地元のクラフトビールが生で5種類も揃っていてウキウキしてきます。

キター! 旬のザリガニを2ポンド。ここからはひたすら解体作業に入って、会話が減るのは甲殻類を前にした際の人類の共通の現象です。ザリガニは、エビやカニよりも中の身が少ないので、頭をもいでリズミカルにミソをすすり、ちっさい身を食べ・・を繰り返していく感じです。

どうしても川魚と同様に少々泥臭い後味が感じられるのですが、そんな臭みは強烈なスパイスとガーリックでかきけすのが米国流。(きっとザリガニも清水で育てば泥の味はしないはず)

生ビールの種類が多いのが楽しいで旬のうちに今度妻を誘ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です