校長先生

本日の夕学五十講。

講師は三浦雄一郎先生。 テーマは、人生はいつも「今から」。

冒険家、プロスキーヤーとして有名ですが、やはり最近のエベレスト登頂の快挙。

それも70歳、75歳、そして今回80歳での世界最高年齢登頂記録です。

(僕の場合は3歳ぐらいで親父に背負われて初スキー)

僕にとっての三浦先生は、札幌オリンピックの会場となった手稲ハイランド、

ここのスキースクールの校長先生というのが小学生からのイメージ。

小学生の頃から何年も放り込まれて、中学2年の時に埼玉に越すまで、

毎冬の滑走日数は35日以上でした。(北海道は冬休みだけで25日あるので)

今思うとよくも冬休み中毎日毎日飽きもせずスキーしに雪山に通ったもの。

でもあの経験が僕に自信と根性をつけてくれたのは間違いないので両親には感謝。

■ 目標(生きがい)をもつことの大切さ

■ 気力、体力が重要

■ 自然の中での親子関係づくり

■ 攻める健康法、守る健康法

■ 世界への好奇心

■ 不安を感じたらじっくり待つ(体力を回復する)

■ 次は85歳でチョ・オユー(世界6番目の高さ)からスキーで滑降

もうアラフォーごときで歳だと言っているのが恥ずかしい。

久しぶりの校長先生の授業にガツンとやられました。(スキー以外習ったことないが)

講演終了後の著書サイン会の際に一言挨拶したんです。

「小学生の時分に何年もスクールでお世話になりました。北大の後輩です。」って。

そしたら、「東京で頑張って働いているか?」と力強く声をかけて頂きました。

握手してくれた手が温かったなと思いながら、生徒として後輩として感激。

なんといっても、あれで80歳ですよ、80歳。

まだ半分にも満たない38歳の若輩者としては大いに刺激を受けました。

今週は買い込んだ著作を読み返しながら、再度感慨にふけっています。

高血圧、高血糖&不整脈の私でも、エベレストに登れた健康法 (magazinehouse poc…/マガジンハウス
¥840
Amazon.co.jp

三浦家のDNA (実業之日本社文庫)/実業之日本社
¥560
Amazon.co.jp

私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか (小学館101新書)/小学館
¥735
Amazon.co.jp

■ 140冊 (2013年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です