新生活セットアップ〜公的な手続き

新居での生活に向けた新生活セットアップもあと少し。今週は公的な手続きを一通り終わらせました。連休中は区役所などもお休みでしたので。

朝一番、まずは本籍がある区役所に出向いて戸籍謄本と戸籍の附表をゲット。8時半のオープンに合わせて飛び込み、その数分後には手続きを完了して次の区役所へ。(そして通勤ピークとぶつかり心身ボロボロに・・)

続いては、まずは転入届・・と思ったのですが、こちらは受付まで30分ほど待ちがありました。やはり連休明けで沢山の人が手続きに来ている感じです。

新しくお世話になる区役所への転入届、新規の印鑑登録、海外赴任中に始まったマイナンバーの案内の発送依頼、そして長女の入学指定通知書の手配。

転入届を出すためには家族全員分のパスポートと、日本入国の日付のスタンプが必要です。(最近はちゃんとお願いしないとスタンプを押してくれないのようになったのだとか)

転入日は実際に住みだした日である必要があるそうなんですが、この手続き日から住み始めることに。(実際はガスの開通もまだですし、あと数日は居候を継続ですが・・)

その後は窓口を変え、児童手当と子供の医療費補助の手続き。(会社で健康保険証が手に入ったら後日提出必要)

さっそく発行してもらった住民票を携え、最寄りの警察署で免許証の住所変更を行って本日の予定タスクは無事完了。

お役所仕事なんて揶揄してましたが、日本の行政サービスの手際の良さもなかなかのものだなぁと感心致しました。(米国のSSNオフィス、社会保障番号取得時のあの殺伐とした空気と比べつつ・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です