シカゴで全力疾走〜出張族ライフも4年目

米国生活も4月から4年目ということは、出張族ライフも4年目。

米国赴任前も国内や海外の出張は時々はありましたが、現在のように2週間に1回とか2回、というコンスタントな感じではありませんでした。よって、航空会社のマイレージとか、ホテルのポイントには過去は殆ど関心を払っていませんでした。

それが、すっかりユナイテッドの奴隷に成り果て、ヒルトングループのホテルにせっせと泊まってるのですから面白いものです。(→マイレージ&ポイント戦略2017

2017年も、ユナイテッドはプラチナ(75,000マイル以上)、ヒルトンはゴールド(年間40泊以上)のステータス維持を目標においておりますが、可能ならばもう一段上げたクラスも見てみたい・・とも思います。(実現は凄く難しいけど・・)

ただ、ユナイテッドの奴隷といいながら、時間や値段の関係でデルタやサウスウエストでも飛んでますし、ヒルトン以外のホテルにも結構泊まっているので取りこぼしも少々。

2017年の第一四半期(1月〜3月)の実績は以下の通り。

■ ユナイテッド ・・累計17,000マイル(搭乗16回)

■ ヒルトン   ・・累計19泊(宿泊9回)

まだ25%が過ぎただけと考えると上々の滑り出しです。

4月と5月は殆ど出張しない予定で、12月も例年出歩かないことを考慮すると、上記を3倍したぐらいが2017年を通しての予想値でしょうか。

ユナイテッドがギリギリでゴールド(50,000マイル以上)・・では一段階下がってしまいますが、今年は私費で2回日本に帰る予定があり、これで26,000マイルの加算予定。そうなるとプラチナ(75,000マイル以上)は維持できそうな感じ。ヒルトンも年間40泊は大丈夫そうですね。

こんなこと書いていると何やら優雅な出張族の暇つぶしの遊びのように聞こえますけど、出張の実態はといえば、、

シカゴ・オヘア空港に降り立ち、チェックインバッゲージを受け取ると同時に猛ダッシュ開始。ターミナルEからBへ向けて走る、走る。

途中の電光掲示板で出発ターミナルがBからCに変更されているのを確認して、更に走る、走る。

なんとかヒューストン便の搭乗開始の列の最後尾に滑り込み!

国内便の乗り換え時間が1時間程度で設定されている場合、30分前から搭乗開始ゆえ、実質使えるのは20分程度。米国の出張族は3キロ20分程度の距離は手荷物を引きながら走り通す心肺能力が求められるようです。

せっかくユナイテッドのプラチナに昇格してグループ1となっても、搭乗開始の瞬間に列に並んでいないと全く意味がありません。

本日もなんとかなったわ・・と息を整えていると、ん・・なにやら騒然とした雰囲気。

あ・・みんな乗れないんだ。。

結局700ドルのトラベルチケットを引き換えに次のフライトに移る人がいて無事に収まりました。。。

もう少々のフライト遅延や突然のキャンセル、オーバーBOOKなどには動じない自分がいます。むしろ何かトラブルが起きる前提でのスケジュール繰り。いかにトラブルが起きても継続して仕事はできるか?に最近の興味は向いてます。(進化というか環境適応)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です