サンディエゴでシーワールド

サンディエゴ2日目、朝から二家族で向かったのはシーワールド。我が家もテキサス州サンアントニオ訪問時には足を伸ばさなかったので初シーワールド@米国。

公式HPで平日の一日券が定価89.99ドルのところを55ドルで売っているのでMUST事前バイです(休日でも69.99ドル)。

駐車場から入り口までが驚くほどの広さ。入場早々に定番の触れ合いコーナーがあったりして期待が高まります。あまり動かないサメの仲間を指で移動させたらお姉さんに注意されました。

やはり皆で盛り上がるのは定番イルカショー。品川水族館の訓練レベルが如何にハイレベルかをサンディエゴで感じたりする部分も。。

個人的にはエイへの餌やりが好き。あの裏側の口でズズッと餌を吸い込む感じが。

最近、マニアックなサメ本を読んだばかりなのでシャーク満載の海中トンネルも楽しかったり。

そして本日のハイライトはやはり人気ナンバーワンのシャチショー鑑賞。それにしてもシャチの英名がキラーホエールとはちょっとあんまりな名付け。種名のオルカの方がまだ穏やかな気が。

素晴らしい会場に辿り着くと既に数匹の巨大なシャチが水槽を悠々と泳いでおりました。先に会場についたはずの妻子達を夫二人で探すと・・いたいた・・え?

びっしょびしょになっておりました。

聞けば、空いている席を探し前の方に座ったところ、最初のシャチのご挨拶ですっかり全員で頭から水を被ったとか。お約束なので、携帯や財布等を全て預け一番前の席で自分も鑑賞してきました。砂かぶりならぬ完全に水かぶりな席で巨体を間接的に実感。(凄い質量の水が観客席に・・)

武器をもった人間をのぞけば海洋で食物連鎖の頂点にたつ最強の獰猛で貪欲なハンター。美しい泳ぎ姿に興奮してしまいました。しかし、海中でこの大きさの巨体が近づいてきたとしたら、その恐怖はそこらのサメの比じゃないのでは・・。(いくらシャチが通常は人間を捕食対象としないと分かっていても・・)

シャチの勇姿を間近におさめ大満足なシーワールド訪問となりました。子供達は遊園地的な遊具でも十分楽しんでおりましたが、流石にAD=After Disneyland、一時的にディズニーロスの自分には全く響かず。(比べるのは良くないですが・・)