「米国に暮らす」カテゴリーアーカイブ

まずは単身で

海外赴任は家族帯同が基本ですが、うちの場合はどうでしょう。

妻と家族首脳会談を開催。


(娘は5月に3歳です)

まず我が家の場合で考えるべきは、日本で産むべきか、米国で産むべきか。

やはり妻は両親のサポートが大いに期待できる日本を迷わずに選択。

米国で生まれた場合、日本国籍と米国国籍を選べるという利点?がありますが

「日本人なんだから、それでいいでしょ。」と言える国に生まれてホント幸せ。

さらに上の娘をプレ幼稚園に4月から通わせることで、6ヶ月だけでもいいので

日本人の中での集団生活を経験させたいという妻の言。(な、なるほど。)

結果、7月に第二子を出産し、11月頃に合流する予定としました。

さすが、よく色々な方向から妻は考えているなぁと感心。


(4月からのプレ幼稚園グッズを妻が名前入りで準備)

家族としばし離れるのは寂しいですが、当初は仕事に専念できるのはいいかも。

ネットさえつながれば、SKYPEなどで連絡も取れるでしょうし。

しっかり生活のセットアップして、家族3人を迎え入れるようにしないと。

そのために、まずは単身でGO。

出発は4月20日の予定、いまから1ヶ月後です。

余命とお金の話をしとく

実家で一人暮らす母もいつの間にか60代後半。

まだまだ元気ですが、5年後、10年後ははたしてどうでしょう。

いつまでも元気でいて欲しいという願望と、ありえる未来は分けて考えるべき。

これからの10年を母はどう暮らしたいかを帰省の折に色々話しました。

(実家は3月でも雪に埋まっています)

実家も最低限は改築の手をいれて暮らしやすくすることや、そのための資金の確認。

年金暮らしと貯金の収支、生命保険や医療保険の有無など、大体の家計の確認。

ま、僕が確認するまでもなく、母は家計管理についてはプロなのですが、

むしろあまり切り詰めすぎることなく人生を存分に楽しんで欲しいということ。

理想は亡くなった時に資産500万円以下ぐらいにもっていく感じで。

(結局、長生きする前提にしてしまうと余りますが)

現時点で母がどのように考えているのか、今後どうしていきたいのかは

大体イメージがつかむことが出来て良い時間となりました。

たまにはこういうすり合わせ、家族の中でも必要だなと思います。

自分も遺言はちゃんと作らないとな、飛行機の移動も多くなるし。

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)/幻冬舎
¥821
Amazon.co.jp

■ 25冊 (2014年)

墓参りの前に墓掘り

さて、海外赴任の辞令を頂いたものの何をしよう。
とりあえず父親の墓前に報告に行くか、、って感じで帰省。


(見事に雪野原)

・・・3月の北海道は、墓が雪の下に埋まっているんですね。
しかし、ここを記憶だけで掘り出すのは流石に無理が。。

管理事務所に行って区画図をみせてもらい、目印になる墓から列を数え・・ようやく掘り当てることが出来ました。


(ホントにここか??)


(あ、出てきた、、)


(両親はクリスチャンなのです)

ちゃんと報告出来てよかった。場所は重要じゃないかもしれませんが、やはり思いが伝わる気がします。

あなたの息子がアメリカで仕事するなんて不思議ですね。
僕も不思議です。

石川で生まれたひいおじいさんが樺太にひいばあさんと駆け落ちし鰊漁師となり、郵便局でまじめに働いていた祖父は1945年にロシア軍に捕まり、ようやく北海道に引き上げてきて子供達を大学に進学させ、その息子が海外で働く機会を得て、さらにその息子の娘は帰国子女になるなんて。

なんにせよ頑張ってきます、と。

アウラニ・ディズニーリゾート

今回のハワイ休暇ではアウラニ3泊、ワイキキ2泊。勿論、僕は前知識もさっぱりありませんので全ては妻と両親任せ。

このアウラニ・ディズニーリゾート、大変良かったです!
滞在型で楽しみたい家族にお勧め。

ディズニーのオフィシャルホテルに泊まるのは 5月のランドホテル以来。やっぱり凄いですね、ディズニー・マジック。

(ミッキーに子供と同じように無邪気に喜ぶ大人達)

ホテル敷地内には趣向を凝らしたプールが広がり、時折現れるディズニーキャラ達。どことなくテーマパークな雰囲気にウキウキしちゃいます。

(朝食ブッフェには勿論彼らとの交流付き)

毎日プールで娘と遊び、遊び疲れた娘を昼寝させたら大人達もノンビリ。午後もそんなこと繰り返すうちに夜。(何もしないのが休暇、、、らしいですし)

(ボーっと眺める夕日もハワイとなれば格別)

(ちゃんと皆さん異国を楽しんでますかー)

日本との時差は19時間のハワイ。見方を変えれば日本の5時間先(日にちは一日前になりますが)。

プールサイドでもビーチでも、どこでもほぼリアルタイムに仕事メール着信。思わず普通に仕事対応。(仕事引き継ぐつもりだった後輩が結局研修不在だった)

結局そんな感じのままで1週間過ごしてしまいました。滞在型の休暇だと普通に仕事も出来るという発見。(移動や観光しないし)

家族と一緒に遊び、休み、ちょいと合間で仕事の返事だけしとき、また遊ぶ。こんな感じで3週間ぐらい休暇取りたいなぁ、欧米的に。自分が現役で働いている間に世の中がそうなることに期待。

おっと、こんなこと考えるのもディズニー・マジックのせいかしら。