「米国に暮らす」カテゴリーアーカイブ

通信革命

ようやくヒューストンに辿り着きホテルでホッと一息、、

したところで気が付きました。

やばっ、、「日本出国前に電話するわ」と母に言ったけど忘れた!

LINEにて妻からもその点の指摘あり。


(IAH=ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港)

親不孝を反省し、すぐに安心してもらうためにホテルから母に電話一本。

母はガラケーユーザーなので、やむをえず通常電話回線にて。

ひとしきり話をして電話を切ったのですが、明細を確認すると軽く40ドル。

通常料金だと携帯で米国との通話は1分300円、逆でもそんなものなんでしょうか。

その後、妻とLINEの無料電話機能を使い30分会話して0円。

むー、なんとか母に電話するのも安く出来ないのかしら。(疎遠になりそう)

実家のPCにもスカイプは入ってますが、いつでもPCをつけている訳ではないし。

どうしても固定電話や携帯に電話する場面が想定されます。

ネットで調べるとスカイプを通して海外から固定電話に電話するのは格安の様子。

さっそく調べてやってみました。

クレジットカードを使い最低10ドル分前もってチャージする必要がありましたが、

3分話してたったの0.50ドル。 音声も十二分にクリア。

40ドルは高い授業料でしたが、格安で携帯や固定電話にもこれで連絡可能。

(皆がLINEのフレンドじゃないので)

通信料金で稼ぐビジネスモデルは完全に終わってるのを実感。

ユーザーにはありがたい革命です。

ヒューストンへの片道切符

とうとう赴任当日。

ヒューストンへの片道切符を握りしめ、妻のご両親と共に一路成田空港へ。

片道だけの切符で出国するのは人生3回目、気が引き締まります。

本日も朝から携帯を解約したり、ご近所に一足先の赴任の挨拶回りをしたり、

さらにはしつこく本日までのブログをまとめUPしたり、わりとドタバタ。

いまだに父の米国行きを理解していない娘もさすがに不穏な空気を感じ不安定。

自分も飛行機乗りたいとか、アメリカ行きたいとか車中で言い出し、ついには・・

「マイちゃん、どこに行くかわからなくなっちゃった・・・」発言。

・・・君はどこにもいきませんよ、今回は。(そして僕の膝上で就寝)


(いきなり出国検査場に長蛇の列、GOLDメンバーの道遠し)

航空会社は直行便の飛ぶユナイテッド航空。

ビジネスマンのはずですが、4年ぶりのビジネスクラス。(経費削減も大切)

座席の作りは素晴らしいですが、さすがにサービスはそこそこ。

(やはり、日系やシンガポール航空と比べると。。)

そのかわり・・


(チキンでかっ!!)


(ソフトボールぐらいあるアイス・・遠慮します)

既に機内は米国支配下にあり、圧倒的な物量攻撃に未来を心配しました。

ここでマイルールを2つ導入決定。

■ 出されたものを全部食べない

■ 外ではお酒は2杯まで 

とりあえず増えた体重を減らし、傷んだ肝臓を休めるのが優先。

(これから5年間ほどよろしくお世話になります)

さっそくの時差ボケを調整しきれず3時に起床。

出勤初日は長い一日になりそうです。

35回目の壮行会

日曜日の出発を前にして、とうとう最終出社日。
そして最後の壮行会がその夜に。


(ラストは大学部活の後輩達に送られて@大好きな仲垣にて)

幹事のS君とはこの2ヶ月で3回目ですが、楽しい仲間とは何度でも飲めますね。(奥様には不評を買ってると思うので、、すみません。)

まとめての歓送迎会やランチ会なども含め、今回で35回目。いやぁ、よく飲みました、食べました。(そして流石にやや体調不良にも)

それでも、お声がけ頂きながら機会つくれなかったり、顔を出せなかった会も多く、沢山の方々あっての現在の自分があると改めて感謝の気持ちに。


(店主のNさんよりプレゼントで貴重な1本を

あー、御礼メール出す前に携帯を解約しちゃいました。。FBでせめてもの御礼メッセージ出さないと。(最近は便利になりました)

お世話になった皆様、本当に有難うございました。一時帰国の機会があればまたよろしくお願いします。

手土産多め、自分にはナシ

赴任にあたって悩ましいのが手土産。

何をどこまでの範囲で準備するのか、、、(正解もないですし)

色々とアドバイスをもらいながら自分なりに咀嚼の上で用意してみました。


(トランク丸々1つ+αが手土産IN・・日本人的か)

主軸は、たねやの和菓子。(15箱ほど)

3週間ほど賞味期限のあるモナカと水羊羹を選択。

あと事務所の米人スタッフ用には、ヨックモックの焼き菓子詰め合わせ系大箱。

これもタップリ150pcs(ヒューストンとニューヨークそれぞれ用に)。

あとは愛用している茅の舎のダシの小セットを10袋ほど奥様用に添えて。

婦人雑誌も考えていたのですが、さすがにスペースが足りない。

このトランク開けられると和菓子の個人輸入業者として摘発されるかも。

税関通過時はドキドキですね。

そして、自分用のお菓子、レトルト食品などはゼロで。

腰を据えてヒューストンで調達できるものの中で頑張るつもり。

日本の科学の粋をつくした炊飯器だけは、現地調達を避けて航空便で発送。

カリフォルニア米を炊いてみるつもりです。(パン食になる訳ではない)

当座の現金

赴任後の当座の生活費として5千ドルをゲット。

有楽町の三井住友銀行の外貨交換窓口にて。


(最近デザインが変わったのか、見たこと無い100ドル札・・大丈夫か?)

どうも新札だと人生ゲームのお金のように見えます。。

かといってあまり使い古されて臭かったり落書きの有るお札も困りモノですが。

それなりの大金ですが、これでは家の初期費用や車購入には足りません。

まずは米国の銀行に口座開設してここにお金を入れる必要があります。

日本の口座から送金するのが一般的でしょうが、会社からドルでお金を借りることに。

これならば毎月のドル給与から返済できるので為替差損ナシ!(金利負担アリ)

日本の口座に手を付けずに暮らすことが目標です。

クレジットカードも早く現地で作ってクレジットヒストリーなるものを蓄積しないと。

日本発行のカードを使っていてはいつまでも信用が得られないそうなので。

(このあたりの事情はまた研究してご報告します)