「200冊濫読プロジェクト」カテゴリーアーカイブ

200冊濫読達成

まだ2015年終了とはなっておりませんが、

一足先に200冊の濫読目標はギリギリで達成出来ました。

(28日からのクルーズでもう少し読めるかもですが)


(雑誌系も年内のうちに出来るだけ読み切らないと)

2014年末に設定した今年の目標がまずは達成できて一安心です。(他は??)

やはり読書は知的活動(インプット)の屋台骨ですから。

霞町物語 (講談社文庫)/講談社
¥572
Amazon.co.jp

あいかわらずの浅田節を堪能中。

短編でいくつか漏れがありましたので引き続きパトロール中。

地球味な旅 (新潮文庫)/新潮社
¥473
Amazon.co.jp

炎熱商人とか最新東洋事情とか懐かしいですね。

ふと未読の一冊が目に留まったので。さすがエッセイが軽快です。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)/新潮社
¥594
Amazon.co.jp

もしドラ2をKindleで購入したので、数年ぶりに再読。

しかし、小説としてはイマイチな作品がこれだけ売れたのだから、

いかに多くの人がドラッカーは気になれども手が伸びなかったということなのか。

そういう私も3冊ぐらいしか読めていないとは思いますが。

そして記念すべき200冊目は、これを。

生き方―人間として一番大切なこと/サンマーク出版
¥1,836
Amazon.co.jp

もうここまで突き抜けられていると、何を言われても納得しかないですね。

それだけの成果を上げられた方な訳ですから。

2016年は仕事上の課題設定の影響もあり、経営書やビジネス系に少々シフトかも。

あとは歴史モノなんかに少し腰を落ち着けて向いていこうかとも思います。

やはり年間最低200冊は、あらためて自分の目標にしたいと思います。

そして中長期では、40歳から死ぬまでに10,000冊。

あいにく今から50年は生きられる可能性が低いと思いますので・・・

35年から40年ぐらいが最大期間と思うことにします。(もっともっと短い可能性も)

仕事が忙しいであろう今から15年で年間200冊いければ、あとはいけるでしょう、、

きっと。(あとはゆるゆると暇になる可能性が高いので)

■ 200冊(2015年)

師走も濫読2

引き続き、12月の3つの目標の一番目、残り20冊を邁進中。

(→あと20冊)


(毎晩寝る前に妻が3冊読み聞かせ中)

まずは図書館の浅田先生未読作品を拾い読み。

姫椿 (文春文庫)/文藝春秋
¥605
Amazon.co.jp

霧笛荘夜話 (角川文庫)/角川グループパブリッシング
¥596
Amazon.co.jp

アイム・ファイン! (集英社文庫)/集英社
¥529
Amazon.co.jp

短編集もエッセーも軽快でいいですね。

そろそろジックリと長編の壬生義士伝や蒼穹の昴~中原の虹とか読み返すかな。

ちょっと脳をほぐす目的で、、

駐在員夫人のディープな世界/メディアファクトリー
¥1,296
Amazon.co.jp

この手の本って、ブログが当たり前な時代にはもうなかなか日の目をみない気が。

根本的な駐在員の世界って、20年前も現在もさして変わらないなぁと苦笑い。

海外ブラックロード スラム街潜入編/彩図社
¥669
Amazon.co.jp

有名な旅ライターの方のシリーズのようですが初読み。

大学生頃には旅系のエッセーとかも読みましたが、最近は機会も減ったかも。

結局、バックパッカーになる機会は今までありませんでした。

大学卒業前にNZ南島を2週間回った時ぐらいか。(その前に6週間、北島で語学学校)

では今から休みをとってまでやりたいかというと、どうだろう。

その日の宿を決めない自由な旅はしてもいいけど、安さは追求しないと思います。

今やお金で時間をかっている訳なので。

でも、いわゆる定番ルートを外れたところに旅の面白さがあるというのには共感。

■ 194冊(2015年)

師走も濫読

年内200冊達成に向けてカウントダウン中。

禁断の魔術 (文春文庫)/文藝春秋
¥680
Amazon.co.jp

巨匠の安定感。

湯川准教授が完全に福山で脳内再生されるので、それだけ映像の完成度が高いのか。

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥572
Amazon.co.jp

特に強く共感できるわけではないけどれど、帯に誘われて。

少々ファンタジー感つよし。

原発ホワイトアウト (講談社文庫)/講談社
¥756
Amazon.co.jp

完全に内部告発系。(著者は本当に現役キャリア官僚らしい)

続編がkindleで出ていないといのがもどかしい。

夕映え天使 (新潮文庫)/新潮社
¥562
Amazon.co.jp

再び巨匠の安定感。

お涙頂戴系じゃない短編集もさすがに読ませます。

年収の伸びしろは、休日の過ごし方で決まる ズバ抜けて稼ぐ力をつける戦略的オフタイムのコツ34/朝日新聞出版
¥1,512
Amazon.co.jp

オンとオフの区別なんかなく、全部自分の貴重な時間、人生の一部ですよね。

セルフマネジメントがまだまだだなぁとの刺激を頂きました。

頭と身体のメンテナンスをしっかりやらないと。

■ 189冊 (2015年)

あと20冊!

早いもので、2015年も師走突入です。


(ねーねのバイク借りて峠攻めてくる?)

生来の欲張り&食いしん坊(ビブグルマンという言葉と出会いました)なので

いちいち、自分で立てた目標、タスクが山ほどあり時々困るのですが、

今月からそのうちの3つにフォーカスし優先度をあげてみたいと思います。

2015年12月の3つの目標その1は・・・「年間200冊濫読ラインに復帰」。

昨年末に、反省をこめてこの数年の読書量を振り返りました。

(→来年は200冊復活!) ちなみに英語原書は読めていません、これ課題のまま。

ここまでで累計180冊、あと1ヶ月で残り20冊です!

12月27日までに達成予定。(28日よりディズニークルーズ出航なので)

下町ロケット2 ガウディ計画/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp

海に降る (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥788
Amazon.co.jp

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)/光文社
¥700
Amazon.co.jp

パズル (角川文庫)/角川書店
¥555
Amazon.co.jp

at Home (角川文庫)/角川書店
¥596
Amazon.co.jp

■ 180冊(2015年)

最近の濫読

本年は200冊必達と決めていますが、少しタイトになってきたかも。

ここのところ読む時間がとれません。


(たまには家族で寿司など)

寿司屋のかみさん うまいもの暦 (講談社文庫)/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp

寿司屋のかみさんお客さま控帳 (講談社文庫)/講談社
¥617
Amazon.co.jp

これは読んでいるだけで生唾わきまくりな寿司屋のおかみさんエッセー。

お店に読者がおしかけるのもわかります、本当に美味しそう。

オーパ! (集英社文庫 122-A)/集英社
¥1,037
Amazon.co.jp

オーパ、オーパ!!〈アラスカ至上篇 コスタリカ篇〉 (集英社文庫)/集英社
¥1,037
Amazon.co.jp

久しぶり、というか25年ぶりぐらいに再読。

好きで結構読んでいた割には、釣りにも未開の地にも手は出しませんでしたが。

釣りキチ三平の小説版のような感覚で読んでいた気がします。

同じくC.W.ニコルさんの一連のエッセーも貪るように読んでいたなぁ。

看守眼/新潮社
¥1,836
Amazon.co.jp

深追い (新潮文庫)/新潮社
¥637
Amazon.co.jp

横山秀夫さんは、傑作の64を読んでしまうとどうしても比べてしまうなぁ。

未読はまだまだあるようですが、ここで一旦中締めとします。

麦酒主義の構造とその応用力学/集英社
¥1,258
Amazon.co.jp

なんだかよくわからぬままに読んでしまうのが脱力系シーナ本。

さて、年内に残り32冊。

図書館で借りても返す時間がないので、Kindleで少しまとめ大人買いしとこ。

?? 168冊(2015年)