「200冊濫読プロジェクト」カテゴリーアーカイブ

200冊濫読達成

まだ2015年終了とはなっておりませんが、

一足先に200冊の濫読目標はギリギリで達成出来ました。

(28日からのクルーズでもう少し読めるかもですが)


(雑誌系も年内のうちに出来るだけ読み切らないと)

2014年末に設定した今年の目標がまずは達成できて一安心です。(他は??)

やはり読書は知的活動(インプット)の屋台骨ですから。

霞町物語 (講談社文庫)/講談社
¥572
Amazon.co.jp

あいかわらずの浅田節を堪能中。

短編でいくつか漏れがありましたので引き続きパトロール中。

地球味な旅 (新潮文庫)/新潮社
¥473
Amazon.co.jp

炎熱商人とか最新東洋事情とか懐かしいですね。

ふと未読の一冊が目に留まったので。さすがエッセイが軽快です。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)/新潮社
¥594
Amazon.co.jp

もしドラ2をKindleで購入したので、数年ぶりに再読。

しかし、小説としてはイマイチな作品がこれだけ売れたのだから、

いかに多くの人がドラッカーは気になれども手が伸びなかったということなのか。

そういう私も3冊ぐらいしか読めていないとは思いますが。

そして記念すべき200冊目は、これを。

生き方―人間として一番大切なこと/サンマーク出版
¥1,836
Amazon.co.jp

もうここまで突き抜けられていると、何を言われても納得しかないですね。

それだけの成果を上げられた方な訳ですから。

2016年は仕事上の課題設定の影響もあり、経営書やビジネス系に少々シフトかも。

あとは歴史モノなんかに少し腰を落ち着けて向いていこうかとも思います。

やはり年間最低200冊は、あらためて自分の目標にしたいと思います。

そして中長期では、40歳から死ぬまでに10,000冊。

あいにく今から50年は生きられる可能性が低いと思いますので・・・

35年から40年ぐらいが最大期間と思うことにします。(もっともっと短い可能性も)

仕事が忙しいであろう今から15年で年間200冊いければ、あとはいけるでしょう、、

きっと。(あとはゆるゆると暇になる可能性が高いので)

■ 200冊(2015年)

師走も濫読2

引き続き、12月の3つの目標の一番目、残り20冊を邁進中。

(→あと20冊)


(毎晩寝る前に妻が3冊読み聞かせ中)

まずは図書館の浅田先生未読作品を拾い読み。

姫椿 (文春文庫)/文藝春秋
¥605
Amazon.co.jp

霧笛荘夜話 (角川文庫)/角川グループパブリッシング
¥596
Amazon.co.jp

アイム・ファイン! (集英社文庫)/集英社
¥529
Amazon.co.jp

短編集もエッセーも軽快でいいですね。

そろそろジックリと長編の壬生義士伝や蒼穹の昴~中原の虹とか読み返すかな。

ちょっと脳をほぐす目的で、、

駐在員夫人のディープな世界/メディアファクトリー
¥1,296
Amazon.co.jp

この手の本って、ブログが当たり前な時代にはもうなかなか日の目をみない気が。

根本的な駐在員の世界って、20年前も現在もさして変わらないなぁと苦笑い。

海外ブラックロード スラム街潜入編/彩図社
¥669
Amazon.co.jp

有名な旅ライターの方のシリーズのようですが初読み。

大学生頃には旅系のエッセーとかも読みましたが、最近は機会も減ったかも。

結局、バックパッカーになる機会は今までありませんでした。

大学卒業前にNZ南島を2週間回った時ぐらいか。(その前に6週間、北島で語学学校)

では今から休みをとってまでやりたいかというと、どうだろう。

その日の宿を決めない自由な旅はしてもいいけど、安さは追求しないと思います。

今やお金で時間をかっている訳なので。

でも、いわゆる定番ルートを外れたところに旅の面白さがあるというのには共感。

■ 194冊(2015年)

師走も濫読

年内200冊達成に向けてカウントダウン中。

禁断の魔術 (文春文庫)/文藝春秋
¥680
Amazon.co.jp

巨匠の安定感。

湯川准教授が完全に福山で脳内再生されるので、それだけ映像の完成度が高いのか。

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥572
Amazon.co.jp

特に強く共感できるわけではないけどれど、帯に誘われて。

少々ファンタジー感つよし。

原発ホワイトアウト (講談社文庫)/講談社
¥756
Amazon.co.jp

完全に内部告発系。(著者は本当に現役キャリア官僚らしい)

続編がkindleで出ていないといのがもどかしい。

夕映え天使 (新潮文庫)/新潮社
¥562
Amazon.co.jp

再び巨匠の安定感。

お涙頂戴系じゃない短編集もさすがに読ませます。

年収の伸びしろは、休日の過ごし方で決まる ズバ抜けて稼ぐ力をつける戦略的オフタイムのコツ34/朝日新聞出版
¥1,512
Amazon.co.jp

オンとオフの区別なんかなく、全部自分の貴重な時間、人生の一部ですよね。

セルフマネジメントがまだまだだなぁとの刺激を頂きました。

頭と身体のメンテナンスをしっかりやらないと。

■ 189冊 (2015年)

あと20冊!

早いもので、2015年も師走突入です。


(ねーねのバイク借りて峠攻めてくる?)

生来の欲張り&食いしん坊(ビブグルマンという言葉と出会いました)なので

いちいち、自分で立てた目標、タスクが山ほどあり時々困るのですが、

今月からそのうちの3つにフォーカスし優先度をあげてみたいと思います。

2015年12月の3つの目標その1は・・・「年間200冊濫読ラインに復帰」。

昨年末に、反省をこめてこの数年の読書量を振り返りました。

(→来年は200冊復活!) ちなみに英語原書は読めていません、これ課題のまま。

ここまでで累計180冊、あと1ヶ月で残り20冊です!

12月27日までに達成予定。(28日よりディズニークルーズ出航なので)

下町ロケット2 ガウディ計画/小学館
¥1,620
Amazon.co.jp

海に降る (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥788
Amazon.co.jp

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)/光文社
¥700
Amazon.co.jp

パズル (角川文庫)/角川書店
¥555
Amazon.co.jp

at Home (角川文庫)/角川書店
¥596
Amazon.co.jp

■ 180冊(2015年)

最近の濫読

本年は200冊必達と決めていますが、少しタイトになってきたかも。

ここのところ読む時間がとれません。


(たまには家族で寿司など)

寿司屋のかみさん うまいもの暦 (講談社文庫)/講談社
¥価格不明
Amazon.co.jp

寿司屋のかみさんお客さま控帳 (講談社文庫)/講談社
¥617
Amazon.co.jp

これは読んでいるだけで生唾わきまくりな寿司屋のおかみさんエッセー。

お店に読者がおしかけるのもわかります、本当に美味しそう。

オーパ! (集英社文庫 122-A)/集英社
¥1,037
Amazon.co.jp

オーパ、オーパ!!〈アラスカ至上篇 コスタリカ篇〉 (集英社文庫)/集英社
¥1,037
Amazon.co.jp

久しぶり、というか25年ぶりぐらいに再読。

好きで結構読んでいた割には、釣りにも未開の地にも手は出しませんでしたが。

釣りキチ三平の小説版のような感覚で読んでいた気がします。

同じくC.W.ニコルさんの一連のエッセーも貪るように読んでいたなぁ。

看守眼/新潮社
¥1,836
Amazon.co.jp

深追い (新潮文庫)/新潮社
¥637
Amazon.co.jp

横山秀夫さんは、傑作の64を読んでしまうとどうしても比べてしまうなぁ。

未読はまだまだあるようですが、ここで一旦中締めとします。

麦酒主義の構造とその応用力学/集英社
¥1,258
Amazon.co.jp

なんだかよくわからぬままに読んでしまうのが脱力系シーナ本。

さて、年内に残り32冊。

図書館で借りても返す時間がないので、Kindleで少しまとめ大人買いしとこ。

?? 168冊(2015年)

最近の濫読

なんとなく無意識に選んでしまうのか。

ここのところ40代や50代の生き方を模索している気がします。

架空取引 (講談社文庫)/講談社
¥700
Amazon.co.jp

密命/講談社
¥1,944
Amazon.co.jp

これで商工会の図書館の高任作品も全て読み終わり。

高任さんは50歳で早期退職され著作に専念。やはり幸せだったのかしら。

読後、色々と考えさせられました。

人生教習所(上) (中公文庫)/中央公論新社
¥637
Amazon.co.jp

人生教習所(下) (中公文庫)/中央公論新社
¥637
Amazon.co.jp

久しぶりの垣根涼介さん、まぁまぁ。

どうやら、君たちに明日はないやヒートアイランドの両シリーズの最新作が未読。

微妙に筋を忘れてしまっていると、ちょっと手が伸びづらい。

“ナイルパーチの女子会/文藝春秋
¥1,620
Amazon.co.jp

ランチのアッコちゃんのイメージでいたら、こんなおどろおどろしいのもいけるのね。

でも、怖いけど目が離せない良作◎。

屈折率 (講談社文庫)/講談社
¥967
Amazon.co.jp

中年のファンタジー、流石にそれはないでしょう。

大田区蒲田の名経営者は身近なところで1人良く知っています。


(ジージ?)

ラスト1冊は心の清涼剤。

文庫書き下ろしシリーズ10冊の締めくくり、ようやく読ませて頂きました。

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)/角川春樹事務所
¥670
Amazon.co.jp

よかったね、下がり眉。そして野江ちゃん・・・(小学生並みの感想)

巻末の番付を広げ、二度泣きさせられた40歳。憎いわ、この演出。

高田さんの次回シリーズが待ち遠しい。

■ 161冊(2015年)

武士道ジェネレーション

いやはや、見事に一本取られました。

この言葉の使い方があっているかもわからない素人ではありますが。

武士道ジェネレーション/文藝春秋
¥1,620
Amazon.co.jp

武士道シックスティーンからはじまる3部作のその後を描く見事な一作。

切れてますね、そして見事に一本筋が通っております。

誉田先生、他の警察小説なども読ませて頂きましたが、自分はこれが一番好き。

武道というカテゴリーでは、こちらも好きな、帯ギュ的な爽やかさ。

人はなぜ生きるのか、という問いに対する玄明先生の言葉がまた素晴らしい。

「・・なぜ生きるのかではなく、どう生きるのか、誰のために生きるのか・・・そう考えてはいかがと、お答えするようにしております。」

自分自身も、なぜ生きるのかではなく、どう生きるのかに意識を向けたい、

そう強く思わせるだけの説得力に溢れておりました。

2015年読了のTOP3に間違いなく入る作品シリーズ。

天空の蜂 (講談社文庫)/講談社
¥918
Amazon.co.jp

債権奪還 (講談社文庫)/講談社
¥720
Amazon.co.jp

どちらも良作。

妻に先立たれ早期退職しアル中気味の中年の話を読んでると妻に説明したところ、

あんた一体何をそこから学んでいるのか?という顔をされる。確かに。

■ 154冊(2015年)

最近の濫読

2015年も残り3ヶ月となりました。(早っ)

今年中の必達目標とおいている一つが200冊濫読の達成。

2007年~2011年の4年間は200冊以上読めていたのですが、

2012年以降は、170冊、156冊、108冊と減少。

これは長女の誕生、米国赴任に伴う車通勤への以降、と明確な背景はあるのですが

やはり、40歳の1年で読書習慣を再インストールしたいと昨年末に目標設定。

(→来年は200冊復活)


(親も読書する姿を子供に見せたい、自分がそうだったから)

数冊、江戸(山本一力ワールド)を離れて、現実世界へ。

架空通貨 (講談社文庫)/講談社
¥788
Amazon.co.jp

まだ未読の池井戸作品があることに本棚で気づきました。

やはり元銀行員という経験を活かした作品。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)/文藝春秋
¥778
Amazon.co.jp

影踏み (祥伝社文庫)/祥伝社
¥710
Amazon.co.jp

同じく、64が衝撃的でした横山ワールドですが、こちらは元地方の新聞記者。

おそらく警察を担当されていたのでしょう。(察キャップとか?)

リアルな地方新聞社の内情、巨大な官僚組織の末端の地方警察内での葛藤。

さらにはその先のプロの窃盗犯の世界まで垣間見せるとは、凄い。

エリートの転身/光文社
¥1,234
Amazon.co.jp

そして少しずつ読んでいる高杉良作品。

舞台は1970年代だったり、1980年代だったり少し古いのですが、

それでも会社という組織で繰り広げられていることは常に似たような筋書きな訳で

妙に共感して読めてしまうのです。(自分はエリートに使われる立場ですが)

残り3ヶ月で39冊。

最近雑誌を読み始めたので(danchuとか)少し濫読ペースダウンしてますが、

余裕をもって12月28日には達成するようペース配分したいと思います。

■ 151冊(2015年)

64

残念ながらゴルフの結果ではありません。(思った人もいないはず)

いきなりプロ並みのアンダーパーが出るはずもなく。

64(ロクヨン)/文藝春秋
¥2,052
Amazon.co.jp

久々にずっしり濃厚な大作でした。(600ページ超)

横山先生の著作は半落ちに続く2作目、どちらも警察小説です。

読了後に、思わず深呼吸してしまいました。

(ここからネタバレ、これから読む方注意で)

それにしても娘を持つ父親としては、あゆみはどこなんだーと叫びたい。

頼むからもう少し帰ってきそうな結末にして欲しい。(暗示とかじゃなくて)

美人の妻に似ず、鬼瓦みたいな旦那そっくりな顔の娘というのも切ない。

鬼瓦ではないが、娘達が妻に似なかったらどうしようかと不安になる。

そして警察小説ではあるが、仕事とは、自らの職分とは考えさせられる。

目の前に与えられた仕事は天職ではないかもしれないが、やるべきことはある。

組織の中で働く人にはきっと共感できるものがある、そんな珠玉の一作です。

花明かり 深川駕籠 (祥伝社文庫)/祥伝社
¥799
Amazon.co.jp

世界基準の上司/KADOKAWA/中経出版
¥1,512
Amazon.co.jp

安定の山本作品で江戸注入、あとはたまにはビジネス書で上司力を探る。

こうして考えると料亭の女将や、老舗の商家の旦那、渡世人の親分は上司力が高い。

?? 148冊(2015年)

最近の濫読

江戸の世界とせちがない企業社会を行き来。

道三堀のさくら/角川書店
¥1,728
Amazon.co.jp

いすゞ鳴る/文藝春秋
¥1,851
Amazon.co.jp

水売りという商売があるとは、山本一力先生の著作群を読むまで知らなかったなぁ。

江戸東京博物館を再訪したくなっています。

起業前夜〈上〉 (講談社文庫)/講談社
¥637
Amazon.co.jp

起業前夜〈下〉 (講談社文庫)/講談社
¥637
Amazon.co.jp

告発倒産 (講談社文庫)/講談社
¥648
Amazon.co.jp

ちょっと倍返しのあの方を彷彿させるストーリー展開。

銀翼のイカロスの次は、いつになるのかしら、待てなひ・・・


(本読んでる暇があったら助けて・・!)

?? 145冊(2015年)