「読書ログ」カテゴリーアーカイブ

2017年5月の読書ログ

5月は長距離の移動が結構あったので、冊数はわりと進んだ月でした。問題は当たりを引けるか、ですが。例によって濫読系で雑多にあちこち読んでます。

日経新聞での連載記事、大岡山通信も勿論読んでますが、まとめて頭を整理。この講義を直接聞ける東工大生はラッキーですよね。


ライフワークとは、その人にしかできない、一生かけてやる仕事や事業。

やたら新聞広告で目立つので買ってみましたが、なぜこの本がそんなに売れるのか・・・全く分からない。日本のことは好きですが、いい部分も悪い部分もあると思います。嫌○的な本や、手放しで日本万歳!的な本には抵抗があります。

ファイナンス的な思考、大事ですね。

・・・! これは凄い。ちょっと少し時間をあけて再読してポイントまとめます。(オススメ!)

んー、イマイチ。

プロフェッショナル仕事の流儀で見て以来、気になっている方です。仕事術というより本人に興味あり。

どことなくトランプ大統領の暴言とたけしさんの毒舌がかぶってるように感じる時があります。

色々、細かい部分含めつっこみどころ満載ですが、それでも一気に読ませるのはさすが池井戸節。

おなじみの成毛節がとても楽しい一冊。なんと食べ物にもうるさかったんですね。道産子の先輩として尊敬しております。


同年代として応援します。

深みのある教養・鋭い知性を感じます。

・・・もう山田作品に手を伸ばすのはやめよう、、毎回コンセプト勝負だけ。

シーナ先生が不眠症とは恥ずかしながら知りませんでした、ファン失格か。

ローマの政局を生き抜くのは本当に大変そうです。

途中から話の流れを完全に見失いましたが、読み返す気にはなれず・・・。はて。

小説としてはなんですが、マーケティングの主要な論点の頭の整理にはなります。

唯一未読だった和田竜先生の2作目を一気に読了。4作品の中では、やっぱり自分はのぼうの城が一番好きかなぁ。スピード感がたまりません。

はい、これまでのところのミステリー小説部門、今年一、入りました!

なんですか、この予想を裏切る重層的な展開は。アレックスを果たして応援したいのか、やっぱりそれはいかんわ・・・と思うのか、いったりきたりする自分の心の動きが面白かった一冊、オススメです。(ただし、描写はかなりキツイです。映画化も・・無理かな)

今月の締めは出口さんの新書で。沢山ある著作のどれを読んでも書いてあることは一緒、主張はまったくぶれず。エピソードもほぼ一緒。でも、繰り返し繰り返し読みたくなるのはなぜなんでしょう。お経みたいな感じなのかな。

■ 70冊(2017年)

2017年4月の読書ログ

前月に引き続き冊数としては少な目。

読み応えのある上下巻でした。人類が繁栄した鍵は虚構(フィクション)を信じる力だ、というのはとても新しい視点だと感じました。虚構とは、宗教や国家、貨幣なんかのことです。確かに。

また農業が人々を不幸にしたという考え方には目から鱗。そして資本主義の限界への警鐘。人類は一体どこへこれから向かうのか。知的興奮を味わえる一冊です。

 

ノンフィクションって、読むべきジャンルな気がします。まさに著者が経験した世界を追体験できるという意味で。

 


 

作家の楽しみも様々。

 

すっかりバイリンガルニュースのまみさんとマイケルのファンになってしまい、著作から情報収集。

 

感服しました、色々な意味で。(すごい情熱、これがやり抜く力か)

 

典型的な洗脳環境で育った身ながら、自分の娘達には果たしてどのような道を歩んで欲しいかということを考えさせられます。少なくとも自分達とは違うのだろうな、と思いつつ。

 

大学1年生の頃、深夜に時給800円でセブンイレブンでバイトしていた事を思い出しました。結局、ダンスホールのダンサーのバイトを2年の秋から始めて引退しましたが、あれはあれで楽しかったなぁとか・・コンビニ人間には進化しませんでしたが。

年間200冊読もうと思うと、4ヶ月で49冊では少々ビハインドです(4ヶ月で67冊、読んでいてもよいはず)。

5月から7月の3ヶ月間で巡航速度に取り戻す事をこれからの目標の一つとして織り込みたいと思います。・・3ヶ月で70冊、つまり累計119冊・・結構多いですね。やはり漫画やゲームに伸びがちな手をピシリとやることが必要そうです。

■ 49冊(2017年)

2017年3月の読書ログ

今月も先月に続き少な目。絶対量じゃないですけど、上質に出会う為の一定量の投下。

3月の月次目標「歴史本を5冊読む」に従い、こちらから。(→ローマ人の物語、はじめました

読み始めの3月は文庫本で5巻まで。

評判が良かったのでまずは上巻から。著者はイスラエル出身の歴史学者。英国オックスフォードで中世史や軍事史を学ばれて博士号を取られている方です。この壮大な着想や問題意識には少なからず著者を囲む背景があるに違いないと思います。

下巻まで読んでから感想をまとめたいと思いますが、とにかく壮大に風呂敷を広げてはじまるのでワクワクします。


野田さんのような方にとっては日本はもう住み辛い国なのかもしれない。じゃあ、どうするか。

まったくビジネスの現場がリアルに感じられないお仕事小説。

携帯小説でもの凄い人気だった(ダウンロードされた)そうですが、みな暇つぶしで読んだだけとしか思えない・・。

怖い・・そこらのホラー映画より怖い。

読書に手を伸ばすのは毎日の日経新聞、毎週の日経ビジネスの未読を一掃してから。雑誌・漫画は当然だけど読書としてはカウントせずというルールは引き続き一緒で。3月はDeath Note(漫画、全12冊)を再読。

■ 39冊(2017年)

2017年2月の読書ログ

今月は読めませんでした。

 

 

 

 

なぜだろうと振り返ってみると・・・出張の移動中や就寝前に日経新聞と日経ビジネスの未読分を読みきるのが精一杯で自分の読書時間確保まで辿り着かなかったから。(機内での読み物の優先順位は常に、日経新聞→日経ビジネス→その他・・)

それともう一つの理由が・・・

 


こちらの3冊の英語系の新書が歯ごたえがあったから。

expectやchallengeなど色々単語も間違って使っているなぁ・・なんて考えながら読んでいたら結構時間がかかりました。今は手元にある最後のマーク・ピーターセンさんの新書「心にとどく英語」を読んでます。

なぜか寝る前に読み出すと・・よく眠れます。(殆ど読み進まないうちに)

数をこなすことが別に目的ではないので、自然の流れに任せてゆるゆると。3月はいよいよ新企画として温めてきた歴史系の本に手を出し始めたいと思います。

■ 27冊(2017年)

2017年1月の読書ログ

月末月初の読書ログ更新。

2017年も引き続き一万冊プロジェクトを少しずつ進めていくつもり。(→一万冊プロジェクト

<プロジェクト概要>

■ 31歳から死ぬまで、一万冊ぐらい本を読めたらいいな

■ なぜ沢山? 良い本との出会いは数打ちゃ当たるの法則あり

■ ただ、年間200冊読みながら82歳まで生きるのって大変・・

■ 累計実績1,888冊(2006年〜11年間、年平均171冊ペース)

2017年1月に読了した本達を以下グルーピングしてのログ取り。まずはビジネス・ノウハウ本系。

今年は全体の20%ぐらい=40冊程度をビジネス書的なところから、主に生産性向上のヒント探しに活用したいと思います。(→ビジネス書ポートフォリオ

続いては公開減量生活と健康系に意識を向けるための燃料投下。

歴史、地理などの教養系リテラシー構築も視野に入れなくては。。

お金系も少々。

そして、やっぱり好きな小説。2017年最初の新たな出会いは小川糸先生でした。

最後はあまり役には立たない息抜き娯楽本も。

 

読み物の優先順位としては、日々の日経新聞がまず一番(旬な情報なので)。次いで出張時の機内では未読の日経ビジネス。これらが片付いたら手に取るのが上記の本達、、というイメージです。(毎日大量に配信される仕事メールは読み物ですらないということで除き)

引き続き雑食系濫読にて。

■ 21冊(2017年)