hiropon181 のすべての投稿

いつかはインド

ニューデリーに駐在して1年の仲良しの会社同期Nちゃんが一時帰国。同期3人で夕食を一緒に。

「何が食べたい?」
「勿論、和食!」

ということで、ちょっと上品な小料理屋風のお店へ。夜行便で本日朝に帰り着き、ずっと仕事の打ち合わせだったとか。会社の近くで待ち合わせした際も、ドラッグストアで目を輝かせていた彼。

「凄いよ、何でも売ってるよ!」
・・・わかります、その気持ち。

自分がベトナムから帰国したときも、日本のコンビニが光り輝いて見えました。。さて、再び小料理屋。旬の魚介、そして野菜を本当に美味しいそうに食べる彼。やっぱりインドでは、美味しい(日本的な)野菜が手に入らないんだとか。

img7ca72fe6zik2zj

旬の魚介の刺身、新じゃがと春野菜の炊き合わせ

img50860ae4zikbzj

春キャベツとアサリの煮物

もう1人の同期のK君もバングラに4年弱駐在済みのツワモノ。2人の昔話や、最近のインド話に花が咲く。

未知の地、インド。自分が浮かぶインドの情報ってのも・・

2025年頃には、人口も中国を抜いて一番になるというインド。

99×99までの、2桁の九九があるというインド。

料理が全部カレーかもしれないインド。

いまだに厳然たる身分制度、カースト制度があるというインド。

高い教育を受けた英語が話せるIT技術者が山ほどいるインド。

清濁全てを飲み込む母なる大河ガンジスが流れるインド。

椎名誠も考えたインド。

一体、どんな国なんだろう、インド。

やっぱり自分の目で見てみないと駄目かな。百聞は一見に如かず、ですから。という訳で、2007年度はインド初上陸の機会を積極的に狙おうと思います。その前にベトナムにも久しぶりに行きたいけど。。

滅茶苦茶ハードシップの高い環境で頑張る同期の姿を間近に感じ、なんだか気合が入りました。

満ち足りた日本にいてゴチャゴチャ文句を言ってられない。

それにしてもインド。食事も不自由、住まいも不自由、娯楽はほぼ皆無。しかしながら・・・

● お金が貯まるそうです

しまえびの受難

正直、この内容を赤裸々に記すことにはタメライがありました。先鋭的な甲殻類擁護団体に徹底的にマークされる恐れがあるたからです。しかしあえて書かせて頂きましょう。美味探求の餓鬼道を進むものとして・・・

imgaecadb1ezik0zj

朝獲れたらしい「しまえび」さんご一行到着~。

imgcd6ea2efzik3zj

能登から東京までの長旅でちょっとお疲れのご様子。

ひ「ヤマトクール宅急便の乗り心地はどうでしたか?どうぞ風呂にでもつかって、旅の疲れを取ってくださいな
(注: お酒入りの特注風呂)

imga10be94fzik1zj

しまえび 「熱いってば!!」

ひ「いやいや、これが江戸っ子には普通の温度ってなもんで・・・」

img4178124bzik8zj

しまえび 「ふぅ~、いい湯だったぜ。悪いが浴衣脱がしてくんな、のぼせちまった。」

ひ「お客さん、粋な縦縞の浴衣ですねぇ。色も鮮やかだ!」

imgc772a61dzikczj

しまえび 「おぅ、今晩の肴はなんだい?」

ひ「へい、しまえびさんをちょいと湯にくぐらせたもので・・」

しまえび 「そいつは旨そうだ・・って、俺かい!」

・・・・

しまえびさんには悪いことしましたが、さっと熱が通った身はとにかく甘くて、旨みたっぷり。今回の能登お取り寄せの中でも最高のご馳走でした!

能登の味覚

先日の富山への旅では、空港から富山市内までをグルリと金沢~七尾~新湊と能登をドライブ。途中立ち寄った七尾の魚市場で注文した魚介が届きました。

料理以外の家事は苦手、若干ゲーマーではありますが、料理をこよなく愛する同居人のめさんの腕が素晴らしい食材を前にうなります。

img7b30aef9zik8zj

キスの椀物

img3a999da9zik3zj

ぼたんえびとキスのこぶ締め

img89733ab2zikdzj

のどぐろの焼き物

imgaab78b4czikbzj

のどぐろの中華風清蒸

もう1品、目玉の品があったのですが、これは別アップで次回。
締めは・・・

imgd527d3cbzikfzj

炊き立てのご飯に、このわた

「このわた」とは漢字で書くと海鼠腸。その名のとおり海鼠(ナマコ)の腸の塩辛。鮮烈な磯の味が熱々のごはんに絡まりもう最高。

しかし、この海鼠。英語名は、sea-cucumber ・・海のキュウリ。海中に転がっている姿は完全に怪生物なこの物体を最初に食べてみた人類に心から敬意を表します。。

リーマンダンサー決起集会

大学の競技ダンス部OB飲みを企画。

今まで、年に1度とか2度、大きな大会の後(土日)、既に長い観戦で疲れ気味の面々と、試合に出て疲れ気味の面々で飲んできたのですが、今回は初めての平日開催。

お互いのスーツ姿を見るのも初めて。
社会人1年目~9年目(自分)、部内用語的には、「自分がOB1年目の時の1年目が4年の時の1年」までが参加する会となりました。

こんなに懐かしく思いっきり(マイナーな)ダンスの話ができるのはやはりこのメンバーだけ!・・普段とは一味違う楽しい時間を過ごしました。

ついつい仕事中PCの画面を見て丸くなる背筋を慌てて伸ばす奴の話、深夜残業してて思わず東京の夜景が映る窓にホールド作っちゃう奴の話、歩きながら電話してる時に「ステップ踏むな」と上司に注意される話(自分の話)・・・

大学時代に狂ったようにダンスに没頭する反動か、卒部して就職するとさっぱりとダンス界から足を洗うOBが多いのですが、本日の会では少しずつでもダンスにまた関わりたいね~という話で盛り上がりました。

具体的な企画として、練習場集合の休日飲み会 (汗をかくとビールがうまい)、他大との交流飲み会、N級コンペ強制参加(練習するかどうかも各自の自由、試合後飲み会)などの企画を実施することを決議。

ちょっとワクワクします。

富山への旅(後編)

富山市内のホテルに宿泊。前夜のお酒をスッキリと抜く為に朝から温泉へ。温泉から上り、人気のない脱衣場で全裸の僕に能登半島地震(震度5)が襲い掛かりました。

ゆらっ、ユラユラ・・「おっ、地震だ・・・」ユラユラユラ(段々激しくなる) ドドドド・・・「か、かなりデカイ??」

倒れてくるものの下敷きにならぬよう、脱衣場の中心に移動。全裸で周囲に身構える姿が鏡に映り・・相当間抜け。

結局、たいした盛り上がりもなく? 地震終了。(すいません、それだけです)

気を取り直し、富山城を観光の後、富山の魚介を、今度はお寿司で堪能しに。

img9ddffe71zik9zj

白貝と、ばい貝。

img003f4718zik2zj

ホタルイカの沖漬け、ずわいがにとかにみそ、そして白エビ。

その他、いか、甘エビ、ブリ、アナゴ、サヨリ、しまがつお、マス、のれそれ・・・などなど約20カンほどを堪能。お腹が満たされたところで市内を散歩。

あとは生きたホタルイカ君との対面だけ!ということで、滑川のホタルイカミュージアムへ。生きたホタルイカや、ズワイガニ、ケガニなどに触れることができるゾーンがありました。

「わーい」とつかみあげると、いきなり手のひらを噛まれる。さらに横には注意書きとして・・・

img470961dezik0zj

● 食べないで下さい

いきなり彼(正確には彼女)を食べるのは勇気がいりますよ・・。

そんなホタルイカ君達が、暗闇で幻想的に青白く光る姿には感動。100匹ぐらいでこの美しさなら、数千匹、数万匹?の定置網漁での美しさは凄いだろうなぁと想像。

いつかまた富山を再訪しなくてはとの思いを胸に、さらにホタルイカや白エビを食い漁り、空港でます寿司などをゲットし、限界まで食べ続けた今回の富山旅行なのでした。

地震の被害からの復興が一日も早く進むことを願っております。富山、おすすめです。