hiropon181 のすべての投稿

さらば・・・きよた

本日、11月28日をもってきよたが閉店するとの連絡がありました。きよたの向かいに住んでいる親友のM本君がOB連絡網を使って皆に教えてくれました。(経営者が変わって、店名も「まるた」に変わるらしいです・・)

・・・って、「きよた」っていったい何じゃい?って話ですが、、北大体育会憩いの札幌市北18条の学生相手の居酒屋です。現役時代は部活のあった月水金のうち、確実に週1~2回は行ってました。(先日の北海道帰省の折も2晩もきよたへ・・)

移転後の新しくて綺麗なきよたはイマイチ落ち着きません、昔のボロイきよたが懐かしい。あの店でどれだけビールを飲んで、どれだけ吐いて、どれだけ涙を流したことか。

あ、涙を流したのは自分で吐くのが辛くて・・・ですが。

大学1年生・・18歳の僕が、あのきよたの大広間のボロイ畳の上で宣言したんですよね。

スマイル 「僕、競技舞踏部に入部します!」 って。

1人の未来のリーマンダンサーが誕生した瞬間でした。

新歓の時期は1人1500円で100人の予約を毎晩のように入れていたきよた。串焼きはバラバラにして、焼きほっけをチビチビと食べながらとにかく飲んだきよた。

さらば・・・きよた!!

今まで本当にお世話になりました・・

ミルクティーがお好きでしょ♪

昨晩の集合写真、向かって右から2番目の素敵な女性に注目。Tさんの従姉妹さんの植村花菜さん。なんとプロのシンガーソングライターさんでした!

8歳の頃に「サウンドオブミュージック」を見て歌手になることを決意したそうで。駅前で路上ライブしているところをスカウトされて、オーディションでグランプリを獲得。メジャーデビューされて現在に至る・・・という経歴を食事しながら伺いました。

おぉぉぉ、同じ話が彼女のWikipediaに書いてある(笑)

そしてYoutubeでたっぷり歌声も聴かせて頂きました。ミルクティ、良い歌ですね~。(どうぞ動画でご覧ください→コチラ)これからは彼女のブログも要チェックですね~!

おっと、ちゃんとアルバムもアマゾンのカートにポイッとな。(彼女お勧めの「愛と太陽」です)従兄弟のTさんからは皆に一言・・・「シングル8枚とアルバム3枚とDVD・・全部こうても2万円ぐらいやろ、頼むわ。」

さすが本物のナニワの商人・・・・大人買い強要。

 

今宵はピアノとフルートで

芸術を堪能しないまま、食欲にだけ身を任せて過ぎ去った秋を偲びつつ・・今夜は、友人のエリカさんのコンサートに行って参りました。

3月にneelのTさんが主宰したセミナー参加仲間のエリカさん。実は凄いピアニスト・・だそうで。

ピアニスト兼作曲家。自分のマネジメント会社をもつ経営者でもあったり。そして芸大の現役学生・・って一体何個の顔を持つのでしょう。「のだめカンタービレ」ののだめの中に入ってピアノを弾いている子です。

セミナーでご一緒した際のプレゼンで聞いた彼女の熱いピアノへの思いと、真の芸術家の薫り。たっぷりと直接に堪能してきました。

僕がショパンを語るのもかなり無理があるので・・以下感覚論ですが。。時に繊細に、時に力強く、豊かな感情表現が音から全身から伝わってきました。斜め上の虚空を見上げる表情にドキリとしたり。あれって、作曲家に語りかけたりしているそうなんですが・・・まるで・・・イタコ?? (ショパンとかが降臨してくるのでしょうか)

途中からは彼女の友人の超絶技巧のフルーティスト、多久潤一郎さんが加わって凄い事に。正直、彼女のピアノの技巧の凄さ以上に度肝を抜かれたかも。そして何とお二人で取り組まれたのが・・・タンゴ。

ピアソラの世界にドップリとはまってきましたよ。やっぱりタンゴって好きだなぁ。

今週末は友人のゲンちゃんのパーティーを手伝いに行きますが、タンゴの世界を堪能できそう。

エリカさんコンサート

Tさんと門下生達・・・みんなブログ等で顔出しているから、たまには目線なしにて。こんな芸術の薫り溢れる同窓会、次回が楽しみです。・・半年で20キロでの減量に成功したOさん、本当に知らない人でした(笑)

以前の着ぐるみの中から、新しいOさんが出て来た感じ。

ホッケの煮付けと報道と

ホッケの煮付けは確かに僕も食べた事がありません。首相を庶民感覚がないとやっきになって叩こうとする報道にも興味ありません。

「ホッケに煮付けはありません、焼くしかないんです」という大島議員・・アホか。

刺身だって煮付けだってありえるでしょ、食べられる魚である限り。ホッケに煮付けは存在しないという前提で、庶民を気取る毎日記者、これもアホか。

ちゃんとよく調べてから記事書きなさい、プロなんだから。先日、自分が関わる仕事が購読している某経済新聞の記事になりました。小さな記事だったけど、やっぱり嬉しい。

でも、一つの事実をどうやって料理して記事にするかは結構記者次第。おいおい、そんなところは強調してないだろ~に的なつっこみどころ満載。あらためて、報道というものの不確かさ、危険さを実感しました。どんな事実も何とでも書けますよ、この感じなら。

「ニュースとの接し方」は特に参考になります。

世にはびこる(つまり報道されている)考え方よりも、この著者の主張の方が正しい気がする・・エコって言葉にはこれからは構えてしまいそう。

先日の勝間本も合わせまして・・

170/200冊

ハッピーバースデー

しみじみと34歳の誕生日を迎えました。一人寂しく迎えると思いましたが・・・人生で最大級に祝われました(間接的に)

友人達から、携帯にもPCにも沢山の「おめでとう」メッセージ。まさに、捨てる神あれば拾う神あり。。。同居人のめさんからはこんなプレゼント。

めさんのプレゼント

めさんからは高級シャツ、彼女のつさんからはカフス。ありがたや~。

東京タワー

11月25日は、東京タワーの下でディナー・・・

ディナー

季節の野菜とウニのソース、

ディナー

ポルチーニ茸のパスタ、

ディナー

真鯛のアクアパッツア、

ディナー

子羊のグリル、そんなコースの〆は・・・・

ディナー

人を祝うのは楽しいですけど、たまに祝われる側にまわるのは照れますね~。34歳になりました。

引き続き、よろしくお願いします。