我が家がカラオケボックス

日本に帰国するとなると米国生活の色々な当たり前が名残惜しくなる訳ですが、その一つがファミリーカラオケ習慣。

任天堂スイッチでカラオケのJOY SOUNDに繋ぐようになって早2ヶ月なんですが・・

(風呂上がりに絶唱する娘達、ここは温泉か)

最初は皆でアカペラで歌っていたのですが直ぐに物足りなくなりマイクを2つ購入。次いで音のズレが気になりカラオケ用に小さなスピーカーも購入し直接任天堂スイッチと接続。(TV経由で繋ぐとタイミングがずれるので)

一軒家・・それも隣と一定の距離がある米国生活ならではの特徴を活かし我が家がカラオケボックス化。それも歌い放題の時間がなんと3ヶ月。(まとめて払うほど安かったので・・)

日本人ゲストのみならず、米人ゲストも歌いまくり。カラオケボックスというより、ここはスナックか。。

娘達がどんどん歌い慣れてきている様子を目の当たりにすると、なんでも練習は大事だな・・と実感。

さてさて、長女からは、・・パパももっと練習しないと人前で歌えないよ〜と煽られていますので、もう少し歌ってみようかな。もともと歌は得意な方ではないのですが(歌うよりも踊る商社マン)娘達を見ていると練習すれば少しはましになるかも、と。

ということで日本に帰ってから歌いたい曲を選考中。この5年間、ほぼカラオケの機会がありませんでしたが(GENJIの個室で歌ったのも1、2回ですし)、日本に帰ったら今後は子連れでの利用機会が出てきそうです、カラオケボックス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です