ガラスの四十代〜ローラースケート初体験

久しぶりの初体験は先週末の長女とのデートにて。

なんと昔懐かしい?ローラスケート場へ。先日、長女がクラスメイトと一緒に初めてやってみて楽しかったから練習したかったのだとか。感心、感心・・・。

アイススケートやインラインスケート(ローラーブレードとも。車輪が一列に並んでいるやつ)は滑ったことがあったのですか(→1年前に長女と)、車輪が横に並んだローラースケートは滑った記憶が全くない・・・。頭に響きわたるのは・・STAR LIGHT、いやパラダイス銀河、やっぱりガラスの十代かな・・。

彼らがデビューから大注目され物凄い人気だった頃、ちょうど中学のブラスバンド部でもデビューからの3曲の譜面買って演奏したので良く覚えています。

・・・光GENJIの皆さん、今頃どうされているのでしょうか。(ちょっと調べてみると・・かなり悲惨な感じな方が多いので記憶に止めず検索をやめました。。)

(娘もペンギン状態から大分と進化しました)

ちゃんと体重を乗せて片足ずつ車輪を走らせる感覚(滑る感覚)、なかなか初心者に教えるのは難しいなぁと。V字にしたスケーティングの感覚も同様。

自分はその部分を幼少時のミニスキー(プラスチックの小さなスキーで足よりちょっと大きい30センチぐらいのもの)で経験・通過しているので簡単に滑ることが出来るのだと思います。

ただ、ローラースケートはインラインスケートより確実に前後に転びやすくバランスを取るのは難しいです。長女も何度も転んではあれやこれや文句を言っておりました。(それでも1時間半ほど最後までめげずに練習して偉かった)

僕自身は結構なスピードで滑れるものの、ブレーキングを会得できず(いわゆるT字ブレーキ)、止まる瞬間が一番危険でした。

一度思いっきり転んでしまい、へたな感じで手をついたので、あやうくオフの日曜日に理由を説明し辛い負傷をするところでした、危ない、危ない。

長女がまだ興味あるようなら、また誘ってみようっと。。(次回に向けてyoutube動画で止まり方を予習)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です