ヒューストンで回転寿司〜KULA(くら寿司)に新メニュー

DAISOも近所にオープンして、足を運ぶ回数が増えそうなくら寿司。こちらは2017年8月にオープンですから、もう1年以上か・・お世話になっております。

(たいがいの、なんちゃって和食店や寿司屋より、確実にこの店の回っているお寿司の方が美味しい)

少し久しぶりの訪店。18時にはほぼ満席でしたが日本人の家族連れは3グループぐらい。アジア系のお客様中心ではありますが、それだけ回転寿司が日常的に受け入れられて、外食場所としての地位が確立してきていることの表れですね。

基本、サーモンとツナがあればご機嫌な次女。

LAではとうとうウニも開眼し(→ウニクラブ再訪)なんのネタでも来いの長女ですが、本日はウニのオーダーは許可せず。美しい思い出は美しいままで・・

さすが大手回転寿司チェーンの中では米国への進出も成功していると言われるくら寿司だけあって、米国で受け入れられる新メニュー開発にもかなり意欲的に取り組んでいるのがメニュー内容の変化からも感じます。

寿司ドーナツ・・・定番のレインボーロールが丸くつながっただけではありますが。

海苔の手巻きと同じ感じで、ソイペーパーを全品に導入。ソイペーパー=大豆シートって、今後、人気出てくるのでしょうか。

色々な野菜を使ったカラフルな大豆シートをお弁当などで活躍させそうというマーケティングが行われているのを日本のネットから感じますが、果たして。

個人的にこの大豆ペーパー、味の邪魔はしませんが、少々ゴマが邪魔ですし、そもそも海苔の味が恋しい・・(でも、東アジアの人以外にとって、黒はそもそも食べ物の色じゃないだろ・・という抵抗感があるのも確か)

他にもハラペーニョを載せたり(これはカルバッチョでよくありますが)、ドレッシングでマリネしたりと、柚子を合わせたりと、定番の漬け以外にサーモン、マグロ、ハマチなどの食材に色々工夫を施した新メニューが沢山ありました。是非応援したいですね。

個人的には米国でも納豆細巻きを解禁して欲しいわけですが、そもそも厨房の反対などがあるんでしょうかね・・残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です