休暇の計画はお財布と相談して

2018年の年末休暇の計画を重い腰をあげてのプランニング。ドル収支では水面ギリギリの超低空飛行を継続している我が家は、やはり手元のお財布と相談して・・となります。

11月の4連休のサンクスギビング休暇、そして12月のクリスマスから年末年始の休暇、ここをどこで過ごすか。妻と幾つかの案を検討してきましたが、今週の或る夜にエイヤーと決断〜予約手配を一気呵成に実施。こういうのって勢いが大事ですよね・・(お酒の勢いは借りてません)

(老後破産は家計簿ならぬ、貯金簿で防げ・・)

幾らお金を貯めたところでその過程の日々が楽しくなかったら味気ないものですし(貯金が趣味で楽しいという場合もあるでしょうが)、とはいえ、あまり日常的に金銭的な不安を抱えたくもないですし、うまいバランスを模索中です。

肝心の休暇計画ですが・・、サンクスギビングはテキサス主要3都市周遊として、ダラス、オースティン、サンアントニオを巡る3泊4日の車の旅。子供達が喜びそうなテーマホテルや、ワイナリー訪問をちりばめたものにしていく予定。

クリスマス休暇では定番のクルーズ・・ではありますが、4回目のディズニークルーズでのバハマ行きではなく(私が後ろ髪引かれつつ)、別のクルーズ会社で西カリブ行きをBOOK。娘達を一度メキシコに連れて行きたかったという夢も実現出来ますし、これまで未訪問の国に新たに行きたいという僕の夢も満たせる予定。

(クルーズ会社のみならず航路も違うので楽しみ!)

財務担当大臣としてまたしても慎重なキャッシュフロー管理が求められる選択肢を選びましたが、ここが腕の見せ所。楽しみな予定に向かって、家族にはそれと気が付かせずに節約、節約。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です