南カリフォルニアでワイナリーステイ

米国生活5年目にして初めて巡ってきた、ワイナリーステイ。単身の出張中にNY州でワイナリー巡りに同行したことは一度ありますが(→ワイナリー訪問〜NY州ロングアイランド)、家族皆で行ける日が来るとは。

宿泊予定のワイナリーホテルを調べると周囲にも山ほどワイナリーが。これは凄い・・・と思いつつ、オールドタウンで遊んでいるうちに到着時間が16時前。

(今回お世話になるPonte Winery、モダンな外観!)

■ Ponte Winery(→公式HP

(チェックインのウェルカムドリンクがスパークリングワイン)

宿泊ゲストにはテイスティングがコンプリメンタリーで付いており17時までなので急いで行った方が良いわ!とお姉さんのアドバイス。我ら二家族は荷物を部屋に置いて別棟にダッシュ。

(部屋がとっても素敵)

(窓を開けるとワイン畑が・・・)

テイスティング出来る建物は、ホテル棟からは離れて立っています。(テイスティングの為に訪問するゲストが沢山いるので喧騒を避ける為に分けているのかも)

(ワインのみならず雑貨も沢山売っていて素敵)

こちらで作っているワインのほぼ全種類、20種類がテイスティングの対象。6種類のテイスティングで、平日20ドル、休日25ドルが通常のお値段とか。さぁ、1時間一本勝負・・・

(満面の笑みを見せるお酒好きな同行者達)

結局、4人で4種類頼んではお互いに味見しあう仲の良い私達。泡、ロゼ、白、赤にデザートワインまで、存分にいったりきたりして全20種類をテイスティング。どれがいいね、とか、自分はこれが好き、とか。何、この楽しい感じ!

(ワイン女子2人のおかげで、おじさまも上機嫌)

ワインの種類は、単一種のものではCabernet Sauvignon、Pino Grigio、Chardonnayのようなメジャーどころから、白のVermentino(地中海原産)のようにあまり聞かないものまで。ブレンドは面白い名付けが愉快(Angry WifeとかSuper Tとか)。各ブドウのブレンド比率を丁寧に教えて頂いたのも面白かったです。(利き酒師のトレーニング的に)

(大人達が遊んでいる横でDSに熱中する良い子達)

テイスティングとはいえ、結構普通についでくれたので1時間で十分にほろ酔いな私達。(これを何軒も巡るのは無理では・・)

(外のブドウ畑で記念撮影)

皆で部屋に戻り荷物を解いて今度はホテルのプールへ。

(ほぼ貸切でした)

晩御飯は近場の他のワイナリーホテルに食べに出るという選択肢もあったのですが、結局はこちらのホテルにて。夕方に存分に既にワインを飲んでしまった私達は殆ど飲めず。。。

(料理は米国とは思えないほど美味しくてビックリ)

そもそも巡らない前提でワイナリーのホテルにステイしてワインを楽しむのは今でもありだなぁ・・と思いました。

今まで子連れでワイナリー訪問はないだろう・・と妻と共に旅行先から却下しておりましたが、こうして数家族でいければ子供達も楽しめますし、お酒好きな友人家族とワイナリーのホテルに出かけるのは楽しいものですね。

我が家だけでは思いつけなかったので企画してくれたT家に感謝!(いつか大人だけでナパにも行こうと約束)

「南カリフォルニアでワイナリーステイ」への2件のフィードバック

  1. テメキュラに行ってらしたんですね。個人的にはLAより北にあるSanta Barbara・Lompocあたりのワイナリーが大好きです。場所によって雰囲気も違うので是非!

    1. KCAさん、LAの北のあたりのワイナリーですか、行ってみたい! 我が家も家族では今回がワイナリーデビューなので今更ではありますが、少しずつ足を伸ばしてみたいねと妻と話をしています。楽しい情報、感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です