長女が現地校の1st Gradeを無事修了

先週金曜、無事に長女が現地校の1st Gradeを修了。学期末のAwardが表彰される日、微熱があったので大事をとって休ませましたが、翌日、2つ賞をもらって意気揚々と帰って参りました。

(こんなことなら多少の熱をおしても行かせるべきだったか)

一つは、All E’s in Conduct。これはどうやらお行儀がよかったで賞、てきなもの。EはExcellentのE。

もう一つは成績関連で、A/B Honor Rollというもの。全部がAじゃないけど成績優等、ぐらいの感じでしょうか。

確かに最終日にもらってきた成績表をみると、点数がつく教科は全て90以上。体育で一つだけExcellenとではなく、その次のSatisfactoryがついた学期があったぐらい。ESLクラスとはいえ、やるなぁ。

おとーさんは小学生の頃に勉強した記憶は微塵もありませんし、成績がよかったという話も誰にも聞いたこともありません。(北海道の田舎の公立学校では宿題すら出た記憶がありません)

それもこれも妻がちゃんと宿題が出来ているか気にかけたり、算数で苦手なところが出てきたら特訓したりとキチンと見てくれているからなんだよなぁと。(僕は朝の登校時に足し算や引き算の練習をたまにしてるぐらい・・)

あとは毎週1回はボランティアでクラスの担任の先生の手伝いをしているので、長女が学校でどうしているかを妻が見てくれているのも大きいのかもしれません。

長女と妻の二人で勝ち得た成果だと思います。二人の健闘を讃えなくては!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です