カラダと財布、どっちにも優しくして欲しいけど・・NY食景

先週のNY出張では久しぶりに大戸屋で一人晩御飯。

喉を生ビールでしめらせ・・本日もお疲れ様でしたの儀式。

カラダを生野菜でいたわったあとに・・

どどーんとすき焼き定食。ここでもカラダを鑑みて玄米ご飯をチョイス・・・

上質な展開に、まったくもってカラダに優しい晩御飯だわいと一人満足したところで、、

はい、53ドル。(ただしチップなし)

財布にはあまり優しくない・・というオチがつくNYの夜。まぁ、地価を考えるとしょうがないといえばしょうがないけど。

でも、前日のランチをケチってこんな中華店に入ったら・・

Shanghai Street Food….

小綺麗な店内・・

13ドルだけど悲しいぐらい美味しくない中華。

・・というようなこともあるので、相応の品質には相応のコストが不可欠、ということを受け入れなくてはいけないと思い知らされます。これが普通で、日本のB級グルメがきっと異常なんだ。

(牛丼特盛り、ごはん少なめ、生卵付きでも6ドルぐらい?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です