お気に入り娘との再会

ボストンのクインシー・マーケットでお腹を満たした後はいよいよ妻が大学時代にお世話になったホストマザーのナンシー宅を目指します。

(ようやくグリーンラインの終点駅に到着)

(少し遠かったけど頑張りました!帰りはUberね)

駅まで車で迎えに来てくれたナンシーと妻の感動の再会。ボストンで再会するのは15年ぶりだそうですが、留学の数年後に日本でも一度会っていたそうな。(他のホストチャイルドの結婚式に招待されて日本まで来たそうで)

米国まで来て4年目、ようやく会いに来れました。FBではおなじみですが、こちらが娘達で、これが旦那。

(妻が通ったESL語学クラスの校舎、大学ではホテルマネジメントを専攻)

聞けば2001年ぐらいから現在の自宅で留学生のホームステイ受け入れをしているそうです。現在もロシアとタイからの男子学生を1人ずつ預かられておりました。

(妻が懐かしい光景に興奮)

積もる話に花を咲かせる二人をみやりながら、自分が大学5年生の頃に6週間ホームステイした、あのニュージーランドの家はどんな感じだったかなぁ・・などと自分も回想。ベッドと机しかないあのドラえもんの物置のような部屋。東横インよりも確実に狭かったわ・・・と。

ナンシーが僕へ、いろんな子達が沢山来たんだけど、この子(妻)は私の一番のお気に入りなのよ!と嬉しそうに語る様子に僕も目尻が下がりました。

彼女は現在もシーズン50日滑走されている現役のスキー大好きおばさまで話し振りも元教師らしくしっかりしておりますが、それでも68歳という年齢を伺うと、今回訪ねることが出来て本当に良かった。

今度はお気に入りの娘が産んだ娘達がさらに成長する様子をFBなどで見守って頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です