2017年6月の読書ログ

単身期間中ですので、読書強化月間のはずの2ヶ月間の初月(ちょっと期間は短めな6/5〜6/30での計測)。

ところが出張もなく仕事中心だったせいか、週末ぐらいしか読めず。以外と出張している時の方が読書出来るものなのかも。

 

 

まずは箱から出るのが緊急の課題と心得ました。(→自分の箱から脱出する、と決めた

 


 

→100歳時代への人生設計、そろそろ取り掛かる必要がありそうだなと考えました。目の前のことは常に大事なんですが、時々首を伸ばして遠くも見なくては。

 

 

成毛さんの本がここ二連続で面白かったので、著作コンプリートに入ろうかと、まずは初めての出会いの一冊を再読。

 

 

田舎への完全移住・・という選択肢は人生には出てこないですが、都市部と田舎にそれぞれ拠点があるという暮らし方には興味があります。

 

 

久しぶりの斎藤先生節を注入。教育を語るうえで身体が大事という視点、教養とは語彙力という視点、どちらもうなずける気がします。

 

 

いいかげん英語力は伸ばしたいよね・・ということで、宣言することで退路を少しずつ絶ってみる実験。(→米国駐在中に英語力アップ

よし、7月こそ・・・読むぞ。

■ 82冊(2017年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です