ポルトガルのもつ煮込み〜トリパス

NYロングアイランドにて先月デビューしたばかりのポルトガル料理店を再訪(→初ポルトガル料理〜Lisbon Cafe

先日訪問時は、ポルトガルの郷土料理として有名なトリパスというもつ煮込みを食べることが出来なかったので、今回はこれを目的に。米人同僚の行きつけのお店で予約無しでも悠々と。

(如何にも地元の店という佇まい)

グリルしたタコ、ポルトガル風ソーセージにエスカルゴ、タラのフィッシュケーキなどの前菜をタパス的に頂いてからメインに移ろうとしたのですが、この前菜がめちゃめちゃ量が多くて既に腹は7分目。

目的としてきたポルトガル風のもつ煮込みトリパスは、牛の胃とインゲン豆などを使った煮込み料理。イタリア料理でもトリッパといって牛の二番目の胃(ハチノス)がトマトソースで煮込まれた料理があり好物なので楽しみにしておりました。

ドドーン!・・・って、なんで小鍋?一人分のはずが・・

これだけの量を一人で食べることが出来る人がいたら驚くわ・・・でも美味い! じっくりと煮込まれたトリパスの滋味が体に沁み渡ります、胃だけに。

そしてこれはこれで絶品ながら(特にワインに合います)、あらためて日本的なもつ煮込みの味も懐かしくなりました。牛は勿論、豚や鶏がありますし、使われる内臓も様々な部位に及びますよね。醤油や味噌ベースだとちょっとワインには合わなくなりますが、それはそれでその土地の酒に合わせれば良いわけで。

なぜかNY郊外のポルトガル料理屋で日本を思ったもつ煮込みの夜でした。(全く食べきれないのでBOXにして同僚に託しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です