職業人は社会に出てから二度死ぬのか

いつも更新を楽しみにしているICHIROYAさんのブログ。

和田一郎さんの初著作を読ませて頂きました。(おめでとうございます)

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと/バジリコ
¥1,404
Amazon.co.jp

和田さんの会社員としての18年間を追体験するような不思議な時間を経て

辿り着いたこのキメ台詞。

>>
僕は、思っている。
職業人は、社会に出てから二度死ぬのだと。
一度目は、何ものでもない自分というものを受け入れる過程で。
そして、二度目は40才の声を聞く中年となった頃、やはり自分は何ものにも
なれずに人生を終わるのだということを受け入れる過程で。
今回僕が書いた体験は、一度目の死と再生の物語、そして二度目の死の物語だ。
>>

(引用元のブログはコチラ)

うはー、これにはしびれましたしハラオチしている40歳、社会人18年目。

まさに同じように岐路に立っている気がする自分。

決して会社というゲームからおりた訳でもなく敗れるべくして敗れるつもりもなく

遅まきながら(それこそが問題だが)成熟した組織人目指し精一杯もがき中。


(帰宅するとこんな娘がいるので癒される)

確かに何ものにもなれずに歳を重ね、一兵卒として組織の末端で朽ちていくことは

怖いことだが、もっと恐ろしいのは結局何もしないうちに人生の幕が下りること。

人生をどう生きるのかはやはり自分次第なのだな、としみじみ考える。

父が53歳で亡くなって14年、その歳まであと13年。

以前より父があの頃何を考えていたのかが想像出来る気がします。

■ 85冊 (2015年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です